9月9日出発「燃油サーチャージ込み ANAビジネスクラス利用 大自然アラスカクルーズ10日間」(コース番号K3362~3)の添乗に行ってまいりましたので、現地の様子をご報告します。

まずはANAビジネスクラスでシアトルへひとっ飛び!
港に向かい、今回7泊8日間お世話になるルビー・プリンセス号に乗船します。


最初の寄港地はアラスカ州の州都、「ジュノー」
ここに来たらメンデンホール氷河を見ずには帰れません!

画像: メンデンホール氷河

メンデンホール氷河


身がぎっしりのキングクラブレッグ(タラバガニ)が美味!街に戻ったら、港にあるレストラン「Tracy's」がオススメです

画像: レストラン「Tracy's」

レストラン「Tracy's」


「スキャグウェイ」は、かつてゴールドラッシュに沸いた街
ノスタルジックな街並みが今も残り、当時を偲ばせます
当時活躍していたホワイトパス鉄道に乗車すれば、息を飲む絶景の連続が待っています!うっすら虹もみられました

画像: ホワイトパス鉄道の車窓より

ホワイトパス鉄道の車窓より


アラスカクルーズのハイライト「世界遺産グレイシャーベイ国立公園」では快晴!

画像: 世界遺産グレイシャーベイ国立公園

世界遺産グレイシャーベイ国立公園


国立公園内最大のマージェリー氷河では、落雷にも似た轟音とともに崩落も見られました

画像: マージェリー氷河

マージェリー氷河

世界のサーモンの首都とも言われる「ケチカン」にはアラスカらしいお土産屋さんがたくさんありにぎやか・・・
カントリー調で趣のあるクリーク通りを歩けば、お土産選びがいっそう楽しくなります

画像: ケチカン

ケチカン

画像: クリーク通り

クリーク通り


最後の寄港地はカナダ・ブリティッシュコロンビア州の「ビクトリア」
英国に影響を受けた石畳の街並みはまるでヨーロッパに来たかのようです。
晩めの寄港だったので、ロマンチックなインナーハーバーの夜景観賞が楽しめました

画像: インナーハーバーの夜景観賞

インナーハーバーの夜景観賞


ルビープリンセスでのクルージングはここまで
シアトルに帰港してからは、ここまで体験してきたアラスカの大自然と大都会とのギャップを感じながら、シアトルの台所「パイクプレイスマーケット」や、街のシンボル「スペースニードル」などを観光しました。

画像: 【クルーズの旅】アラスカクルーズに行ってきました
画像: パイクプレイスマーケット

パイクプレイスマーケット


今年のアラスカクルーズはもうオフシーズンに入ってしまいますが、同コースの来年度出発日を販売開始しました!
そして、ご紹介したメンデンホール氷河やグレイシャーベイ国立公園の氷河は、地球温暖化などの影響もあり年々後退しています。
氷河の観光がまだの方は、是非お早めにアラスカへ!

【コースの詳細はこちら】

クルーズの旅をもっと知りたいかたへ


もっと詳しく話を聞いてみたい・資料が欲しい、という方には、銀座サロンでの説明会もございます。無料で開催しておりますので、ご家族・お友達とお誘い合わせのうえ是非ご参加ください!

画像: 説明会の様子(イメージ)

説明会の様子(イメージ)

【説明会のご予約はこちら】

画像: 【クラブツーリズム】壮麗なる『アラスカクルーズ』 紹介動画 www.youtube.com

【クラブツーリズム】壮麗なる『アラスカクルーズ』 紹介動画

www.youtube.com

皆さまからのお問合せを心よりお待ちしております。


=====================
クラブツーリズム クルーズワールド旅行センター
アメリカ・オセアニアチーム 立屋
℡03-4335-6262
営業時間9:15~17:30
(月~土曜日) 日曜・祝日は除く
=====================

This article is a sponsored article by
''.