みなさま、こんにちは。
本日は今メキシコで最も話題のお祭り「死者の日」のツアーのご紹介です
2019年度も現地では大きく盛り上がった死者の日のツアー2020年度を販売開始いたしました。
早速、お客様からのお申込みが続々といただいておりますので、ご検討はお早めに!

コース番号:17470

クラブツーリズムで死者の日に行くツアーは上記からお申込みください。

「死者の日」(Dia de Muertos)とは

最近映画でも話題になっている「死者の日」ですが、
「死者の日」と聞いて、皆さまは何か怖いものをイメージされませんでしたか?

家族や友人が集い故人に思いをはせる・・・それが「死者の日」
メキシコ先住民の風習とキリスト教文化が混ざった独特な祭礼で、
ユネスコの世界無形文化遺産にも登録されています。
名前はこわいですが、とても伝統あるイベントなんです。

なんとなく、日本のお盆に似ていますね。

「死者の日」の期間は、街にはオレンジの花マリーゴールドが溢れ、
お墓にはや街角には派手な装飾がされ、明るく活気溢れる雰囲気つつまれます。

画像: 「死者の日」には各所に祭壇が設けられます

「死者の日」には各所に祭壇が設けられます

一度メキシコに行ったことがある方も、初めての方でも、きっとお楽しみいただけると思います。

現地の様子について

実は、クラブツーリズムは17年度18年度19年度と「死者の日」のツアーを実施しました。
実際に19年度に弊社社員が添乗員として現地へ行きましたので、その様子をお話します。
下記は、メキシコで一番死者の日が盛り上がる「オアハカ」での様子になります。

画像: 弊社添乗員のフェイスペイティング(弊社社員撮影)

弊社添乗員のフェイスペイティング(弊社社員撮影)

弊社社員もフェイスペイティングをして同行させていただきました♪♪
勿論お客様にもフェイスペイティングをしてご参加いただきました!

画像1: オアハカの死者の日の様子(弊社社員撮影)

オアハカの死者の日の様子(弊社社員撮影)

画像2: オアハカの死者の日の様子(弊社社員撮影)

オアハカの死者の日の様子(弊社社員撮影)

オアハカの死者の日の様子(弊社社員撮影)

「死者の日」はメキシコ全土で祝われますが、最も盛んなのがオアハカと言われています。
日中は周辺の街や遺跡の観光へご案内します。
公共施設・ホテル・街角・広場など、あらゆる場所に大小様々な祭壇が飾られ、華やぐ街並みが
お楽しみいただけます。
街中では各所でパレードが開催されます。
日中から夜までフェイスペイティングや仮装をした観光客や地元の人で賑わいます。

画像4: オアハカの死者の日の様子(弊社社員撮影)

オアハカの死者の日の様子(弊社社員撮影)

「死者の日」当日の夜は、ガイコツのフェイスペイントをして墓地めぐりへ!
墓地には、故人が好きだったお菓子やテキーラが供えられ、マリーゴールドの花やかわいいガイコツの置物で飾られ、マリアッチやバンド演奏など、とてもにぎやかな雰囲気です。

画像5: オアハカの死者の日の様子(弊社社員撮影)

オアハカの死者の日の様子(弊社社員撮影)

この写真はホテルの様子です。死者の日はホテルのフロントもマリーゴールドの祭壇で飾られます。
ホテルによっては従業員がフェイスペイティングをして皆様の到着をお迎え致します。

ツアーのご紹介

では、最後に「死者の日」にご案内するコースを再度ご紹介いたします。

オアハカの死者の日ツアーのポイント
・10月30日出発限定出発/16名様限定
・添乗員と現地日本語ガイドがダブルサポートなので安心
・連泊中心の行程で、お体の負担も軽減
・日中の観光やお食事も付いている充実の内容
・オアハカはもちろん、もう一つの見どころメテペックへもご案内
2020年はTVなどでも取り上げられた絶景「イエルベ・エル・アグア」にご案内

ぜひ今年はクラブツーリズムでメキシコへおでかけください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クラブツーリズム株式会社
アメリカ・オセアニア旅行センター
〒160-8303 東京都新宿区西新宿6-3-1 新宿アイランドウイング
TEL:03-5323-6855
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
      日曜・祝日 9:15~13:00
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

This article is a sponsored article by
''.