アラスカとは

本日はアラスカのツアーをご紹介します。
きっと誰もが名前は聞いたこのあるアラスカですが、
アラスカの魅力についてご存知の方は少ないのではないでしょうか?

日本の約4.5倍という広大な面積を持ちながら、
人口はわずか75万人(東京都の約1.5%!)で、
文字通り「手つかず」の大自然をお楽しみいただけるのがアラスカの魅力です。

画像: アラスカのシンボルとも言えるデナリ山 北米最高峰を誇り、その雄姿は圧巻の一言

アラスカのシンボルとも言えるデナリ山
北米最高峰を誇り、その雄姿は圧巻の一言

そんなアラスカですが、「オーロラを見に行ったよ!」という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、アラスカの魅力はオーロラだけではありません。

本日は「夏のアラスカ」の魅力についてご紹介します!

夏アラスカの魅力① カトマイ国立公園

北の大地アラスカの夏は非常に短く、
その短い夏を謳歌する動物と大自然を楽しめる絶好のシーズンです。

特に7月末~8月上旬は、
真っ赤に染まったサケが川を遡上(そじょう)するシーズン!
「カトマイ国立公園」に数多く棲むグリズルーベアが
ブルックス滝周辺でサケを獲る姿をみるベアウォッチングが有名です。

画像: 真っ赤に染まったサケを獲るグリズリーベア(アラスカ州政府観光局提供)

真っ赤に染まったサケを獲るグリズリーベア(アラスカ州政府観光局提供)

画像: ベアウォッチングの様子(カトマイランド提供、Melissa Ackerman撮影)

ベアウォッチングの様子(カトマイランド提供、Melissa Ackerman撮影)

夏アラスカの魅力② デナリ国立公園

アラスカのシンボルでもあり、北米最高峰を誇るデナリ山
そのデナリ山を中心に広がるのが「デナリ国立公園」です。

人の影響を最小限に抑える為に園内専用バスに乗って、公園内を見学します。
九州ほどの広大な面積のデナリ国立公園の、ほんの一部しかご覧いただけないのですが・・・
今年は、公園最深部のカンティシュナまで行くツアーを企画しました!

画像: カンティシュナまで行くから見れる絶景 湖面に映る「逆さデナリ山」 ※天候等によりご覧いただけない場合がございます

カンティシュナまで行くから見れる絶景
湖面に映る「逆さデナリ山」
※天候等によりご覧いただけない場合がございます

夏アラスカの魅力③ 氷河クルーズ

最後にご紹介するのが、
氷河と海洋生物との出会いが楽しい氷河クルーズです。

港を出発し、ラッコやアザラシなどの海洋生物を探しながら、氷河へ向かいます。
そして氷河の前で停泊し、轟音と共に海へ落ちる氷河をご覧いただきます。

画像: 氷河の前で停泊中の様子 氷河崩落の瞬間を今か今かと待ちます

氷河の前で停泊中の様子
氷河崩落の瞬間を今か今かと待ちます

画像: 轟とともに海へ落ちる氷河崩落 ※自然現象の為ご覧いただけない場合もございます

轟とともに海へ落ちる氷河崩落
※自然現象の為ご覧いただけない場合もございます

ツアーのご紹介

ここまで夏のアラスカの魅力をお話しましたが、
最後に夏アラスカのツアーのご紹介をさせていただきます。

コース番号11380
「カトマイ国立公園」「デナリ国立公園」「キーナイフィヨルド国立公園」
3つの国立公園をめぐる10日間のご旅行です。

また、もっと詳しく聞いてみたい!という方は説明会にご来場ください!
5月20日(日)、6月17日(日)に東京で開催いたします
お気軽にご参加ください♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クラブツーリズム株式会社
アメリカ・オセアニア旅行センター
〒160-8303 東京都新宿区西新宿6-3-1 新宿アイランドウイング
TEL:03-5323-6850
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
      日曜・祝日 9:15~13:00
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

This article is a sponsored article by
''.