是非ご検討ください!人気クルーズのご紹介♪

皆様こんにちは!
日本船担当の大野と申します。

本日は、大人気!飛鳥Ⅱの夏のクルーズをご紹介いたします。
残席わずかのクルーズもございますので、
是非ご検討いただけますと幸いです♪

★残席わずか★8/21出発【K8014~K8020】飛鳥Ⅱ 爽やか夏の北海道と奥能登周遊5日間
飛鳥Ⅱ×ウィンザーホテル×加賀屋! 夢のコラボが実現!

ザ・ウィンザーホテル洞爺と洞爺湖(イメージ)

洞爺湖サミットの会場となった、世界のVIPを迎えてきた北海道駆使のリゾートホテルの滞在をお楽しみください♪
夕食後は洞爺湖ロングラン花火大会にご案内! 
※花火大会は天候その他の事情により中止となる場合がございます

また、4泊目は、一度は訪れたい由緒正しき寛ぎの老舗旅館、和倉温泉「加賀屋」に宿泊!
お客様の満足を第一に考えた、いつまでも変わらぬ「心のこもったおもてなし」をどうぞ。
お食事は朝・夕ともにお部屋食にてご用意!

★残席わずか★9/13出発【K8098~K8103】飛鳥Ⅱ 秋保温泉「茶寮宗園」に憩う3日間

画像: 茶寮宗園 大浴場(イメージ)

茶寮宗園 大浴場(イメージ)

約8千坪の敷地に26室しかない仙台の奥座敷に佇む老舗旅館。
伊達家ゆかりの入湯場もおかれるなど、いにしえより湧き出る秋保の名湯でお寛ぎください。
ランクアッププランにて、露天風呂付き客室(離れ)をご希望のお客様は、
弊社クルーズワールド旅行センターまでお問い合わせください。

松尾芭蕉が「奥の細道」で描いた日本三景のひとつ"松島”遊覧へ…
芭蕉が夢見たほどに美しい絶景の松島湾観光を、遊覧船にて優雅にご満喫ください。
松島のシンボル五大堂へも足をのばせます。

★残席わずか★9/30出発【K8077~K8082】飛鳥Ⅱ 湯布院かほりの郷「はな村」に宿泊 4日間

画像: 湯布院 はな村(イメージ)

湯布院 はな村(イメージ)

六郷満山開山1300年 国東半島めぐりへ…
「女性に優しい」がコンセプトの上品で心地よい名宿。
木のぬくもりにつつまれる館内や肌に優しいお湯、
素材にこだわった手作りの創作料理などをご堪能ください。

神と仏が複雑に絡み合う独特の「六郷満山文化」が発展した国東へ。
「六郷満山」とは、国東半島の六郷にある寺院の総称で、そのうち国宝に指定されている
豊貴寺、六郷満山の修行道場として栄えた両子寺をめぐります。
歴史を感じる旅へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

★担当オススメツアー 7/25出発【K8091~K8096】飛鳥Ⅱ さわやか夏の北海道 5日間

画像: 知床クルージング中に見つけたヒグマ  ※ ヒグマは野生動物のため見られない場合があります。

知床クルージング中に見つけたヒグマ  ※ ヒグマは野生動物のため見られない場合があります。

《ゆったり旅のお約束》
①長い距離は歩きません!(1日平均歩行2時間以内)
②宿泊施設での滞在時間が17時間以上!(目安)
③メイン観光地で見学時間が当社通常コースの1.5倍以上(目安)
ゆったりと夏の北海道、世界遺産・知床半島の大自然をたっぷり堪能ください♪

移動中の休憩時間は90分に1回(目安)をお取りする他、
人数限定でバス1台につき、最大36名様までのご参加を承ります。
北海道の短い夏を優雅にお過ごしください!

★担当オススメツアー 7/23出発【K8070~K8075】飛鳥Ⅱ 夏の函館ハイライト 3日間

画像: 五稜郭公園(イメージ)

五稜郭公園(イメージ)

飛鳥Ⅱに2連泊!函館で必ず訪れたい人気スポットへご案内!
・五稜郭公園(特別史跡/美しい星型の城郭 ※五稜郭タワー搭乗は別料金760円)
・元町(異国情緒あふれる街並み)
・ベイエリア(赤レンガ倉庫群でお買い物)
・大沼国定公園(絶景の駒ケ岳)

往路は飛鳥Ⅱで楽々!復路は新幹線でビュンと東京へ。
ゆったり船内生活をお楽しみいただき、復路は新幹線利用で、新函館北斗から最速約4時間2分で東京へ。
乗り換えもなく、快適にお過ごしいただけます。
2018年は北海道と命名されてから150年!記念すべき年に是非北海道へお出かけください。

以上、5コースをご紹介いたしました。
その他、多数のツアーを取り揃えて、皆様のご参加をお待ちしております。

お問合せ・お申込は弊社クルーズワールド旅行センターまで
お気軽にお電話ください

日本船担当:大野

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
クラブツーリズム株式会社
クルーズワールド旅行センター 日本船チーム
〒104-0061
東京都中央区銀座2-7-17 ティファニー銀座ビル8F
大野 真穂  
TEL:03-5323-5222
月~土:9:15~17:30  日・祝:休業
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

This article is a sponsored article by
''.