愛嬌たっぷりのモアイ達が出迎えてくれる絶海の孤島・イースター島と南の楽園タヒチへ行く、チャーター便特別ツアーをご紹介します。イースター島・タヒチへは添乗員と日本語ガイド同行のクラブツーリズムで!

更新情報:2020年3月出発ツアーの情報を一部公開いたしました。詳しくは、下記のイースター島特集よりご確認ください。(更新日:7月10日)

チャーター便利用!最短6日間で行ける南米・イースター

絶海の孤島・イースター島。
南米・チリの一部でありながら、本土からは遠く約4,000kmの距離、南太平洋にポツンと浮かんでいます。

この島にあるのは、いわずと知れたモアイ像。
その不思議な表情や謎に包まれた歴史が世界中の観光客を魅了し続けています。

とはいえ、ここは南米の孤島。
普通に行こうと思うとさあ大変!
日本から北米へ向かい、北米で乗り継いだ後、南米・チリの首都サンチャゴへ行きます。
サンチャゴで乗り継いで、やっとイースター島です。
到着する頃には、日本を出発してから30時間以上が経過しており、往復すると、所要時間だけでなんと約70時間、、、!!
気が遠くなってしまいますね…。

そこでクラブツーリズムは、特別ツアーをご用意。
9月・3月出発限定で北米を経由しないチャーター便を利用するツアーです。

日本からタヒチまでは定期便を利用。
タヒチ~イースター島間をチャーター便を利用します。

所要時間は約19時間!
定期便利用と比べて圧倒的に短い時間でイースター島へ行くことが可能です!

画像: チャーター便利用!最短6日間で行ける南米・イースター

日本語ガイドとともに個性的なモアイ像に出会う

島内に約900体が現存するといわれるモアイ。
皆様はモアイ像というと無表情な石像といったイメージを持たれるかもしれません。

実はモアイ像は様々な表情や特徴を持っています。
見ていて飽きることがありません。

プカオと呼ばれる帽子のような石を載せたモアイ
正座をしているようなモアイ
目が描かれたモアイ
半分山に埋もれて顔を出しているモアイ...

それぞれのモアイにそれぞれのストーリーがあるのです。

画像: モアイ製造工場とされる「ラノララク」。山の斜面から無数のモアイが生えているような景観が面白い

モアイ製造工場とされる「ラノララク」。山の斜面から無数のモアイが生えているような景観が面白い

画像: 正座をしている珍しいモアイ

正座をしている珍しいモアイ

画像: プカオを載せたモアイ。白砂のアナケナビーチに鎮座する珍しい立地だ

プカオを載せたモアイ。白砂のアナケナビーチに鎮座する珍しい立地だ

ツアーでは日本人ガイドがご案内。
日本語ガイドの第一人者・最上氏をはじめ、各見所にてお待ちしております。
熱意溢れる丁寧な解説をしてもらえます。
(コース番号15990は英語ガイドになる可能性もございます)

モアイの表情に隠されたイースター島の謎に迫りましょう!

日本語ガイドの最上氏。日本人として初めてイースター島に移住し、永住権と公認ガイド資格を取得した第一人者。モアイを愛する情熱は誰にも負けない。

クラブツーリズムのこだわり

クラブツーリズムでは、イースター島を存分にお楽しみいただくべく、日中の観光に加え、朝日・夕日・星空観賞もオプショナルツアー(別料金)無しで、皆様にご案内いたします。
(コース番号15990・15992は夕日観賞のみ別料金無しでご覧いただけます。星空・朝日観賞は別料金となります)

モアイの背に沈む夕日が神秘的な夕景
南十字星や天の川も見ることが出来る夜景
東の海とモアイが光り輝く朝焼け....

昼間の時間帯の風景とは一味も二味も異なり、見逃すことの出来ない絶景です。

※朝日・夕日・星空は気象状況によりご覧いただけない場合もございます

画像: モアイの背に沈む夕日。島西部のタハイ儀式村では幻想的な時間が流れる(気象状況によりご覧いただけない場合があります)

モアイの背に沈む夕日。島西部のタハイ儀式村では幻想的な時間が流れる(気象状況によりご覧いただけない場合があります)

画像: 島東部トンガリキの朝日。15体のモアイが光り輝く瞬間は感動的 ©Hino Itaru (気象状況によりご覧いただけない場合があります)

島東部トンガリキの朝日。15体のモアイが光り輝く瞬間は感動的 ©Hino Itaru (気象状況によりご覧いただけない場合があります)

さらに現地でクラブツーリズムオリジナルイベント「イースター島の夕べ」を開催。
イースター島の文化をさらにお楽しみいただくため、ラパヌイダンスショーをご覧いただきます。

タヒチやミクロネシアなどのポリネシアと呼ばれる地域と文化的共通点の多いイースター島。
ラパ・ヌイ(現地語でイースター島の意味)文化を目で、耳で、体感することができます。

楽園の島・タヒチにも訪問

6日間・8日間・10日間のツアーをご用意。
いずれのツアーも首都パペーテのあるタヒチ島に滞在し、
8日間ツアーでは離島モーレア島へ、10日間のツアーではモーレア島に加え、さらにボラボラ島にも訪れます。

現在はフランス領となっているタヒチ。
かつて画家のゴーギャンが愛したといわれます。

悠久の時が流れる日々の喧騒から離れたリゾートで、ゆったりとしたひとときをお過ごしいただけます。

ボラボラ島では水上コテージに宿泊します。(コース番号:15996~15999のみ)
フランス領ならではのおしゃれなマルシェ(市場)やカテドラル(教会)などの見学も楽しみです。
イースター島と同じくポリネシア文化が色濃く残るタヒチ滞在も是非お楽しみください。

画像: ボラボラ島の水上コテージ ※コース番号:15996~15999のみ (空撮イメージ)

ボラボラ島の水上コテージ ※コース番号:15996~15999のみ (空撮イメージ)

画像: 首都パペーテのマルシェ(市場)

首都パペーテのマルシェ(市場)

画像: かわいらしい町並みと教会

かわいらしい町並みと教会

イースター島・タヒチのご旅行一覧

各コース、2020年3月出発を追加発表いたしました!日程や出発日、料金等の詳細は、下記の各コースのリンクよりご確認ください!

クラブツーリズムのイースター島・タヒチツアーでは添乗員と日本語ガイドがダブルサポートします(コース番号15990・15992を除く)。

観光のご案内は日本語ガイドが詳細にお伝えします(コース番号15990は英語ガイド)。
航空会社の手続きやホテルのチェックイン、レストランでのお飲み物注文など、必要な手続きは添乗員がサポート(コース番号15992を除く)。

旅行中は安心してお過ごしいただけます。
観光を存分にお楽しみください。

さらに添乗員同行ツアーの場合、ご旅行前に添乗員の挨拶を兼ねた「安心電話」をさせていただきます。準備段階から不安無く旅行への期待を膨らませてください。

チャーター便を利用するツアーは9月限定。
この機会に世界の不思議に出会いに行きませんか?

現在ご案内中のツアーは下記の通り。お見逃し無く!

お一人様から出発決定♪ボラボラ島ではデラックスクラス2連泊

お求め安いご旅行代金&参加しやすい短期間日程でイースター&タヒチへ♪

6日間で行くおひとり参加限定ツアー

8日間で行くツアー

10日間で行くゆったりプレミアムステージツアー

不安な方は、ご旅行説明会へ!

イースター島に添乗経験のある担当スタッフが、詳しい行程内容や最新の現地情報、ご旅行の準備などについてご説明いたします。また説明会後は、個別相談のお時間もございます。

【日時】
■6月16日(日)15:40~16:40
【会場】有楽町マリオン
【交通】
■JR「有楽町駅」中央口または銀座口
■東京メトロ(丸ノ内線・銀座線・日比谷線)
「銀座駅」C4出口 東京メトロ
「有楽町駅」D-7出口
いずれも徒歩1~2分

お申込みはこちらから!

【日時】
■8月3日(土)14:30~16:00
【会場】新宿アイランドウィング
【交通】
■東京メトロ丸の内線「西新宿駅」直結
■JR「新宿駅」西口より徒歩で約10分

お申込みはこちらから!

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから

◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

アメリカ・オセアニア旅行センター
【TEL】03-5323-6880
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜・祝日:9:15~13:00
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 (休業日:日曜・祝日)

This article is a sponsored article by
''.