紅葉だけじゃない!カナダの魅力

カナダと言えば、カナディアンロッキーの美しい山々や湖、メープルの紅葉、オーロラなどがあげられますが、実はカナダの魅力はそれだけでは留まりません!
カナダ西部の玄関口、バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州は、4年に1度、サッカイサーモン(紅鮭)の遡上が見られる事で有名です!
今年2018年がまさにその年!今を逃すと次はまた4年後です!
今年はカナダ再発見の旅へ出かけてみませんか?!

なぜ4年に1度??

サッカイサーモンは、他の種類のサーモンよりも低い水温を好むため、孵化すると、その年には海に向かわず、産まれた川の上流や湖などの淡水で約1年を過ごします。
その後、成長と共に海に向かい、産卵をするほど成熟するのに、だいたい4年ほどかかるそうです。(※個体差があります)
サーモンにも様々な種類がありますので、毎年遡上するサーモンはいますが、4年に1度“ビッグラン”と呼ばれるほどの、多くのサッカイサーモンが遡上する背景はこういったサーモンの生態があるんですね。
ちなみに、日本でも北海道へ行けばサーモンの遡上は見られますが、日本には、孵化した川から海まで向かう途中にゆっくり成長できる湖が少なかったり、逆にダムなどがあったりと、なかなかサッカイサーモンが成長する上での条件に合わないため、《天然》のサッカイサーモンの遡上は見られないとも言われています。

画像: なぜ4年に1度??

どこで見られるの?

ブリティッシュコロンビア州には、サーモンが遡上する川が約2000あると言われています。
その中でも1番有名なのが、バンクーバーから車で5時間ほどのところにあるオカナガン地域のアダムスリバー(アダムス川)です。
そこには、サーモンの遡上を見学する場所や、川沿いを歩く遊歩道があるロデリックハイブラウン州立公園があります。
車で5時間も走る場所、河口から約500kmの場所に、サーモン達は約3週間ほどかけ、エサも食べずに上ってきます。
サッカイサーモンは、オス・メスともに、成熟すると体が婚姻食である紅色になり、遡上が多い時には川面が深紅に染まります。
命を繋ぐために繰り広げられるサーモン達の“生きる姿”は言葉では言い表せないほどの感動です。
だからこそ、多くの人を魅了し続けているのでしょう。
これはもう、カナダを代表する光景と言っても過言ではありません。

画像: どこで見られるの?

サーモンランへはクラブツーリズムで!

ビッグランを迎える2018年、クラブツーリズムではサーモンラを見学するツアーを発表しました!
【10/10出発 最大12名様限定!】
≪クラブツーリズムこだわりのサーモンポイント≫
①ウィーバークリーク
 紅鮭が産卵しやすいよう、鮭ふ化場を作っているポイントにて1時間ほど見学!
②ロデリックハイブラウン州立公園
 この時期だけのサーモンフェスティバルへ!周辺のトレイルを散策し川を上るサーモンを間近に!
③シートンレイク
 ここでも遡上するサーモンを車窓見学!
④キャピラノサーモンハッチェリー
 バンクーバーにあるサーモンの鮭ふ化場へも!サーモンのライフスタイルをご覧頂けます!
 運が良ければ川を遡上する銀鮭の姿を見られるかも♪

◆せっかく行くのだから、サーモン以外にも西部の街・自然も満喫!
・山岳リゾート【ウィスラー】
・山岳景色が美しい【スコーミッシュ】
・自然と近代ビルが調和したカナダの西の玄関口【バンクーバー】
ぜひぜひ今年は、いつもの旅行とは違った体験をしにカナダへ!

他にも多彩なラインナップをご用意!カナダ特集をチェック!

クラブツーリズムでは多彩なラインナップでカナダツアーをご用意しています。
ぜひ、今年は紅葉のカナダへお出かけください♪

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE
アメリカ・オセアニア旅行センター
【TEL】03-5323-6850
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜・祝日:9:15~13:00
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 (休業日:日曜・祝日)

This article is a sponsored article by
''.