皆さん、こんにちは!山ガールになりたい女子・齋藤です!
先日、登山ガイドの鷲尾さんから「長距離歩きの練習も兼ねて、箱根にトレーニングに出かけませんか?」と連絡がありました。
二つ返事で快諾したものの、箱根で私を待ち受けていたのは、箱根湯本から芦ノ湖までの片道約12kmに渡るハードな道程でした。
しかし、見どころ満載の箱根での冬のトレーニングは大満足の1日になりました★

山ガールに憧れる女子・齋藤さんが、
登山ガイド・鷲尾さんに登山のイロハを学びます。
果たして齋藤さんは、本物の山ガールになれるのか!?

★☆登山やハイキングを始めてみたい全ての方へ…☆★

冬の箱根で長距離歩きのトレーニング!箱根湯本から芦ノ湖へ約12kmを歩く

齋藤:改めまして、皆さんこんにちは!
先日、登山ガイドの鷲尾さんから突然「箱根に出かけませんか?」と連絡が入りました。
箱根を訪れるのは、実は私15年ぶり。
随分昔の記憶ですが、素敵な場所だったことは覚えていたので、二つ返事で快諾しました。
「でも、箱根に何しに行くの?」と聞いたところ、「長距離歩きのトレーニングです」とのお返事。
そしてメールで送られてくる、休憩予定場所のお茶屋さんやカフェの素敵な写真。
一気にテンションの上がった齋藤ですが、実際に待ち受けていた箱根の道は・・・

鷲尾:皆さまこんにちは。登山ガイドの鷲尾です。
今回はなかなかハードでしたね^^;
箱根湯本をスタートして、芦ノ湖を目指す約12kmの道程。
平坦な道ならまだしも、なんと言っても場所は箱根。
お正月恒例の駅伝大会で『心臓破りの坂』などが出てくるほどの難所。
極端な急勾配ではないですが、なだらかな勾配がひたすら続く。
歩くと分かりますが、ある程度の体力と根気が必要となります。

齋藤:今回は舗装路だけではなく、趣のある箱根旧街道をメインで歩きました。
江戸時代から残る石畳を見た時は、とても感動しました。
ただ、後にこの石畳に苦労することに。笑
帰りはさすがにヘロヘロでしたね。笑

鷲尾:今回はお互い、よく頑張りました!ですね。

齋藤:今回も写真が盛りだくさんです^^
見どころ満載の箱根の風景とともにお楽しみ下さい♪

ロマンスカーの終点「箱根湯本駅」からスタート

画像: 小田急線 新宿駅にて。ロマンスカーで箱根へ向かいます♪

小田急線 新宿駅にて。ロマンスカーで箱根へ向かいます♪

画像: 箱根湯本駅に到着!

箱根湯本駅に到着!

画像: 箱根湯本駅からテクテク歩いて・・・

箱根湯本駅からテクテク歩いて・・・

画像1: ロマンスカーの終点「箱根湯本駅」からスタート
画像: 「三枚橋」が今回のスタート地点!

「三枚橋」が今回のスタート地点!

画像: 行くぜ、芦ノ湖!(暖かかったので薄着になりました)

行くぜ、芦ノ湖!(暖かかったので薄着になりました)

齋藤:しばらく住宅街の中の舗装路歩きが続くのですが、あちこちに見どころがあります。

画像: 早雲寺に寄り道。ピンクの梅の花。可愛い♪

早雲寺に寄り道。ピンクの梅の花。可愛い♪

画像: 椿の花が咲いています

椿の花が咲いています

画像: 参拝

参拝

画像: 梅の花が咲き始めていました。もうすぐ春ですね。

梅の花が咲き始めていました。もうすぐ春ですね。

画像: お寺の奥には立派な杉の巨木

お寺の奥には立派な杉の巨木

画像2: ロマンスカーの終点「箱根湯本駅」からスタート
画像: しばらく歩くと箱根の山々が見えてきます。

しばらく歩くと箱根の山々が見えてきます。

いよいよ箱根旧街道へ

画像: 本格的な自然歩道はここから

本格的な自然歩道はここから

画像: 歩きはじめは穏やかな林道

歩きはじめは穏やかな林道

画像: 落ちていた椿の花

落ちていた椿の花

画像: 映画の世界みたいです

映画の世界みたいです

画像1: いよいよ箱根旧街道へ
画像2: いよいよ箱根旧街道へ
画像: 畑宿まで1km!齋藤VS旧東海道の激戦はここから!

畑宿まで1km!齋藤VS旧東海道の激戦はここから!

画像: 石畳

石畳

画像: 標柱

標柱

画像3: いよいよ箱根旧街道へ
画像4: いよいよ箱根旧街道へ
画像: 石畳の登り。苔と前日の雨で滑ります

石畳の登り。苔と前日の雨で滑ります

画像: 続く石畳

続く石畳

齋藤:写真におさめたのは登山道ばかりですが、この旧街道と舗装路のMIX歩きで、歩く場所の足元が一定では無いので、結構疲れます。

鷲尾:そして舗装路は勾配10%弱。
数字だと分かりづらいですが、緩やかにひたすら登りが続くので、脚には負担がかかります。

齋藤:しかも凄い強風だったんですよね!
向かい風で尚更体にも負担がかかりました。
ヘロヘロになってやっと休憩予定場所の「甘酒茶屋」に到着しました。

昔ながらの家屋と囲炉裏がある「甘酒茶屋」で休憩

画像: 甘酒茶屋 外観

甘酒茶屋 外観

画像: 甘酒茶屋 入り口

甘酒茶屋 入り口

画像: 囲炉裏 炭の香りと、昔ながらの家屋の香りに癒されます

囲炉裏 炭の香りと、昔ながらの家屋の香りに癒されます

画像: 冷たい抹茶(左)と甘酒(右)

冷たい抹茶(左)と甘酒(右)

画像: 名物「力餅」も食べました♪うぐいす餅(手前)といそべ餅(奥)

名物「力餅」も食べました♪うぐいす餅(手前)といそべ餅(奥)

齋藤:店内はほんのり薄暗いのですが、昔のままの趣がありました。
店内に入った途端広がる家屋と炭の香り。
囲炉裏の周りはポカポカと暖かく、ホッと一息つけました。
お餅も飲み物も美味しかったです^^

鷲尾:旧街道を歩いている時も、「甘酒茶屋」でも海外からのお客様が多かったですよね。
普段の登山では人とすれ違う時に「こんにちは」と挨拶しますが、今回はほとんど「Hello!」でしたね。

齋藤:そんな鷲尾さん、「甘酒茶屋」で休憩している時に、「そこの海外の方、お茶のポットのお茶の出し方が分からないみたい・・」と話かけたら、すかざすスクっと立ち上がり、近付いて・・・

鷲尾:「You want drink?」と聞いたら頷かれたので、「Close、Open、Push」
とポットの使い方を説明しました。

画像: Close、Open、Push、OK(`・v・´)b

Close、Open、Push、OK(`・v・´)b

齋藤:中学生レベルの英語ですが(笑)、コミュニケーションってそれで良いんですよね。
誇らしげに戻って来たので面白かったです。笑

鷲尾:国際交流です!

齋藤:昔ながらの日本家屋や旧街道、海外の方に人気なのも納得です。^^

ゴールの芦ノ湖に向けてラストスパート★

齋藤:「甘酒茶屋」を出てからはスピードアップしました。
寄り道をしながら、約12kmを5時間で歩くのが目標だったので。
(でないと休憩時間をあまり確保出来ないのと、帰り時間の兼ね合いで)
というわけで、実際に私が甘酒茶屋から芦ノ湖まで歩いたダイジェスト動画があります。
ご参考になれば幸いです^^
(※早回し動画なので、画面酔いにご注意下さい)

画像: 【山あるきへの招待状】箱根旧街道アタック!甘酒茶屋から芦ノ湖ダイジェスト www.youtube.com

【山あるきへの招待状】箱根旧街道アタック!甘酒茶屋から芦ノ湖ダイジェスト

www.youtube.com

鷲尾:いよいよ芦ノ湖商店街に下りてきました。ゴールは目の前です!

画像: 箱根駒ヶ岳 山頂には雲がかかっていました

箱根駒ヶ岳 山頂には雲がかかっていました

画像: ゴールの芦ノ湖前の鳥居★到着時刻は15時。10時30分頃から歩き始めて、休憩も含めると、約4時間で到着しました!

ゴールの芦ノ湖前の鳥居★到着時刻は15時。10時30分頃から歩き始めて、休憩も含めると、約4時間で到着しました!

齋藤:鳥居の先には国指定史跡となる杉並木があります。
樹齢約400年、高さ30メートルほどの立派な杉並木です!
こちらもダイジェスト動画を撮影しました。
(※早回し動画なので、画面酔いにご注意下さい)

画像: 【山あるきへの招待状】箱根旧街道アタック!芦ノ湖畔杉並木から箱根関所ダイジェスト www.youtube.com

【山あるきへの招待状】箱根旧街道アタック!芦ノ湖畔杉並木から箱根関所ダイジェスト

www.youtube.com
画像: 芦ノ湖の目の前「Bakery &Table箱根」でお茶タイム

芦ノ湖の目の前「Bakery &Table箱根」でお茶タイム

齋藤:流石にヘロヘロになりましたね。
疲れた身体に、温かいアップルパイの程よい酸味と甘さが絶妙でした。

鷲尾:肝心の芦ノ湖ですが、あまりの強風で日本海のように荒れていました。笑

齋藤:「これは写真を撮っても全然映えないだろうね・・・」と意見が合致し、写真は撮影しませんでした。笑

魅力溢れる「箱根旧街道」の歩き旅

鷲尾:初の長距離歩きの感想をお願いします。

齋藤:かなりのトレーニングになりましたね!
多少のアップダウンは覚悟してましたけど、なだらかな勾配がひたすら続くので、ジワジワ疲れていきます。
一番辛かったのは「七曲がり」でした。
勾配10%弱の舗装路を歩いて、曲がらないと先が見えないんですよね。
で、曲がった先に今歩いて来た勾配と同じだけの道が・・・
「何だこれ、まだ続くの!?」と思いましたが、歩くしかない!
登りはかなり体力を使うので暑くなる、しかし私達が行った日はとんでもない強風だったので、休憩で止まるとすぐに身体が冷える。
レイヤリングの重要性を実感しました。

鷲尾:私自身思ったのですが、舗装路と旧街道の自然の中を歩くのと、歩く場所が一定では無かったので、靴選びが難しいですね。
私は登山靴でしたが、石畳では滑りましたしね。

齋藤:私は「舗装路も結構歩くよ」と事前に聞いていたので、敢えてKEENの登山靴は避けました。
舗装路だと登山靴は疲れるので、長時間舗装路を歩くなら避けた方が良いと思い、コンバースのオールスターにしました。
が、石畳はゴツゴツの石だらけで足裏に直に刺激が来ます。それにとにかく滑る。
「KEENを履いて来れば良かったかな」と思ったくらいです。
今回の行程だと、どの靴がベターかというのは難しいですね。

画像: 今回はコンバースのオールスターを履きましたが… スニーカーはオススメしません

今回はコンバースのオールスターを履きましたが…
スニーカーはオススメしません

画像: 普段はKEENの登山靴。

普段はKEENの登山靴。

鷲尾:登山靴でも、ハイキングシューズでも歩けます。
とにかく体力勝負です。
長距離なので、ストックがあっても良いかもしれませんね。

齋藤:そうだね。
目標のコースタイムより早くゴール出来たのは嬉かったです。
「甘酒茶屋に向かって急げ急げ~」、「芦ノ湖に向かって急げ急げ~」って。笑
結構必死でした。笑
おかげさまで、「トレーニングした!」感は凄いあります!
駅伝のランナー達は凄いな・・・と改めて敬意を評したくなりました。

*✿思い出写真:おまけ✿*

画像: 葉の緑、空の青、花のピンク。春はすぐそこ。

葉の緑、空の青、花のピンク。春はすぐそこ。

画像: 謎のタイミングでストレッチを始める

謎のタイミングでストレッチを始める

画像: お邪魔します

お邪魔します

\これまでの齋藤と鷲尾さんの連載記事がまとめて読めます/

☆★To Be Continued★☆

---------------------------------------------------------
クラブツーリズム株式会社
スポーツ旅行センター
〒160-8308 東京都新宿区西新宿6-3-1
新宿アイランドウイング
TEL:03-5323-5566
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
      日曜・祝日 お休みとなります
---------------------------------------------------------

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから

◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

This article is a sponsored article by
''.