インド洋に浮かぶサンゴ礁の島モルディブ。白い砂浜と紺碧の海、豊かな緑に囲まれた各島には高級リゾートが建ち、大自然の中の贅沢なひとときを求める観光客が、世界中から足を運びます。
クラブツーリズムでは「行ってみたいけど機会が無かった」「ハネムーン以来、久々に行きたい」などのお声にお応えし、11~3月の雨が少ない時期限定で、ご夫婦(カップル)で寛ぐモルディブツアーをご用意。添乗員が同行するので出発前も到着後も、不安や不便なくリゾートステイを満喫できます♪

この記事の所要時間:約6分

画像: この記事の所要時間:約6分

当記事で紹介するリゾートに泊まるツアーのご確認およびご予約はこちらからどうぞ!

憧れのラグジュアリーリゾート『シャングリラ・ビリンギリ』

モルディブ最南端のアッドゥ環礁

南北約820km、南西約130kmもの広さに点在する26の環礁地帯によって構成されるモルディブ。

その中でも最南端に位置する環礁が「アッドゥ環礁」で、首都マーレからは約500km(東京~大阪の距離とほぼ一緒)離れており、国内線で約1時間20分かかります。飛行途中で赤道を越える、モルディブでは数少ない「南半球に位置する」地域です。

豪華リゾートが立ち並ぶ一方、面積が大きい島では原生林のジャングルとサンゴ礁の海という、水陸両方の大自然を楽しむことができ、さらには現地のモルディブ人が住む町では文化体験もできるという、モルディブ屈指の飽きさせない環境が魅力です。

『シャングリラ・ビリンギリ リゾート&スパ』

画像: シャングリラ・ビリンギリ リゾート&スパ(空撮)

シャングリラ・ビリンギリ リゾート&スパ(空撮)

今回ご紹介する高級リゾート『シャングリラ・ビリンギリ リゾート&スパ』は、そんなアッドゥ環礁にあります。

シャングリラホテルはアジア・中近東を中心に展開している世界的な高級ホテルチェーンで、日本では東京・丸の内に進出していますが、特にリゾートホテルとして世界中の観光客から支持されています。

そしてここモルディブにおいては、アッドゥ環礁のリゾートアイランドの中でも一際大きな「ビリンギリ島」に位置し、シャングリラらしいラグジュアリーなおもてなしと、広い面積を活かした豊富なアクティビティが大きな魅力です。

それでは早速、大人のリゾートにぴったりのラグジュアリーなホテルを見ていきましょう!

ドアを開ければ紺碧の海・水上ヴィラ

画像: モルディブと言えばこれ。プライベートな水上ヴィラ

モルディブと言えばこれ。プライベートな水上ヴィラ

リゾート内のラグーンに建てられた高床式の水上ヴィラ。

広々テラスには、魚たちを見ながら紺碧の海にアクセスできるウォークウェイ(階段)が敷かれています。

画像: 広々テラスでくつろぎのひとときを

広々テラスでくつろぎのひとときを

そのまま海に入って泳ぐもよし、また、海の上に掛けられたハンモックでリラックスすれば、遠くの水平線を見ながら心地よい潮風を感じることができます。

画像: モルディブらしいトロピカルな午後を楽しむにはうってつけ

モルディブらしいトロピカルな午後を楽しむにはうってつけ

客室面積は166平方メートルとお二人で使うには十分な広さがあり、室内とオープンエアのシャワー、さらにバスタブと2台の洗面台が備え付けられています。

もちろん無料のインターネット接続も完備されているので、あらゆる面で快適に過ごすことができます。

画像: 室内から臨むテラス

室内から臨むテラス

美しいオーシャンビューと島の隠れ家・プールヴィラ

画像: プール越しに大洋を一望できる隠れ家的なコテージ

プール越しに大洋を一望できる隠れ家的なコテージ

テラスに完全プライベートなインフィニティプールを備えたプールヴィラ。

紺碧の海と緑豊かな熱帯植物の森を一望できるため、インド洋の中心にいながら、まるで森林の隠れ家のようなリラックス空間を楽しむことができます。

日中はパティオやテラスでくつろぎ、夜にはテラスから星を見て、波の音を聞く。モルディブならではのかけがえのないひとときに癒されます♪♪

室内はモダンなアジア風のデザインに、中東とインドの要素が加わったインテリアが特徴的です。

画像: プールヴィラの室内

プールヴィラの室内

画像: 部屋からの眺望もすばらしい

部屋からの眺望もすばらしい

客室面積は133平方メートルと、こちらも十分な広さがあり、水上ヴィラ同様、室内とオープンエアのシャワー、さらにバスタブと2台の洗面台が備え付けられ、もちろんインターネット設備も万全です。

滞在中にできること(アクティビティ)

リゾートアイランドに滞在するモルディブ旅行では、ゆったりした時間に癒された一方、ちょっと時間を持て余してしまった、、、というお声もよくいただきます。

そう、リゾートでのんびり、とイメージしていたものの、実際に現地へ行くと、往々にして、何かを見たり体験したりしたいものですよね!

ここシャングリラホテルのあるビリンギリ島では、その広い敷地を活かした数々のアクティビティがあります。

美しいサンゴ礁が育んだ海を楽しむシュノーケル

サンゴ礁の海をシュノーケル

モルディブと言えばサンゴ礁、サンゴ礁と言えばシュノーケルと言ってもいいほど、お勧めのアクティビティです。

必要な機材はホテルから無料で借りることができますので、水着だけあればいつでも好きなときに潜れます。

泳がずとも海を楽しめる・グラスボトムボート

画像: 泳がずともサンゴ礁の海を満喫!

泳がずともサンゴ礁の海を満喫!

泳ぐのはちょっと、、、という方も、ご安心ください!
底が透明なグラスボトムボートに乗れば、海に入らずとも美しい海を存分に楽しむことができます。

原生林のジャングルを歩くネイチャーウォーク

画像: モルディブのリゾートでは珍しいジャングルがある

モルディブのリゾートでは珍しいジャングルがある

海の次はジャングルです。ここビリンギリ島はモルディブのリゾート島としては屈指の面積を誇り、島内のラグーンや原生林の森など、大自然の中をゆっくり歩いて楽しむことができます。

高くそびえるバニヤンの木や約17,000本のココナッツ、天然のラグーンなど、大自然に囲まれたビリンギリ島ならではの美しい自然を現地ガイドの案内とともにお楽しみください♪
(※ツアーではさらに添乗員が同行します)

サンゴ礁に囲まれた9ホールのゴルフコース

画像1: サンゴ礁に囲まれた9ホールのゴルフコース

島南端に位置する7.5ヘクタールのゴルフコースは、モルディブ初となる9ホールのコース(パー3、パー4、平均112メートル)です。

熱心なゴルファーから初心者まで楽しめるよう設計されたレクリエーションコースで、ご夫婦で回るには最適です♪

画像2: サンゴ礁に囲まれた9ホールのゴルフコース

海風にそよぐパームツリー、エキゾチックな草花、ターコイズブルーのオーシャンビューという、他では味わえないモルディブらしい自然を五感で楽しみながら、思い出に残るプレイをしてみませんか?

画像3: サンゴ礁に囲まれた9ホールのゴルフコース

また、ゴルフコースのほかにもテニスコートがあり、こちらもご夫婦で汗を流すにはうってつけです♪

究極の癒し空間を目指す「CHIスパ」

画像: CHIスパ

CHIスパ

心の平穏と身体の健康を促す地上の楽園「シャングリ・ラ」にインスピレーションを得た究極の癒し空間「CHIスパ」。

各トリートメントビラには、プライベートガーデン、スチームルーム、更衣室、シャワーを完備しており、アジアのマッサージとインドのアーユルヴェーダをはじめ、モルディブの伝統的なトリートメントをもとに考案されたプログラムを受けることができます。

画像1: 究極の癒し空間を目指す「CHIスパ」
画像2: 究極の癒し空間を目指す「CHIスパ」

クラブツーリズムのツアーでは、「氣」の流れを促し自然治癒力を高めるボディマッサージを、皆様に無料でご用意しております。

その他にもエクササイズ、ストレッチ、ハイドロセラピー、心を解放するメディテーションなど、さまざまなメニューがある他、サウナやスチームサウナを無料で使うことができます。

ドルフィンウォッチングクルーズ

モルディブらしいアクティビティの一つ・ドルフィンウォッチングクルーズ。ダイビングライセンスが無くても、優雅に楽しく海の生き物と触れ合えます。

画像: ドルフィンウォッチングクルーズ

その他にも充実のアクティビティが多数

環礁内にあるモルディブ人の町を訪ねて文化体験ができたり、夜の海へナイトフィッシングへ出たりなど、他にもリゾートを楽しむアクティビティはたくさんあります♪

オールインクルーシブを楽しむバー

クラブツーリズムのツアーでは、滞在中お好きな時間・お好きなバーでお好きなお飲み物を飲むことができるオールインクルーシブを楽しむことができます(一部、有料のアルコール飲料もあります)。

画像: エンデリプールバー

エンデリプールバー

こちらはビーチサイドに位置するエンデリプールバーです。カウンターで飲んでもよし、ビーチサイドに座って会話を楽しみながらすごすひと時もまたよいですね。

画像: M-ラウンジ

M-ラウンジ

こちらはロマンティックな雰囲気を楽しめるM-ラウンジです。お気に入りのカクテルを片手に波の音を聞きながら、思い出に残る夕刻を過ごしてみませんか?

このほかにもいくつかのバーがあり、それぞれの場所ならではの雰囲気を楽しむことができます。

モルディブ担当が自信をもってお勧めするツアーがこちら!

さて、ここまでご紹介してきたシャングリラホテル/ビリンギリ島に滞在するツアーがこちらです。

最大の特徴は、なんと言っても日本から添乗員が同行すること。

通常モルディブの旅行プランで添乗員が同行するものはあまりありませんが、実際に自分たちだけでモルディブへ行くと、幾つかの面倒事があります。

一つは行き帰りの航空便です。モルディブには日本からの直行便が無いため、通常はアジアの各国で航空便を乗り継いで行きます。

さらにほとんどの場合、マーレに到着後、国内線かボート(またはその両方)に乗り継ぐ必要がありますので、往復の煩わしい乗り継ぎ手続きをこなす必要があります。

また、もう一つは、現地到着後のホテルとのやり取りです。モルディブのリゾートは、基本的にこれまでに紹介したようなアクティビティや食事レストランの予約を事前にすることができず、現地に到着後に自身で行う必要があります。

ハワイやグアムとは異なり、どこにでも日本語が通じるスタッフがいるわけではなく、向こうが丁寧に説明してくれても時に言葉の壁を感じることも・・・。

その点、添乗員が同行する当ツアーでは、交通機関の乗り継ぎ手続きは全て添乗員が管理・案内しますので、心配する必要はありません。

また、リゾート滞在中のお食事は全てクラブツーリズムが事前手配し、上記に紹介したアクティビティの多くは、クラブツーリズムが事前にアレンジしています(アクティビティの詳細は上記リンク先のツアー日程からご確認ください)。

シュノーケルやその他のアクティビティの申し込みから、食事の際のお飲み物注文に至るまで、添乗員が担当デスクとのやり取りを仲介しますので、言葉の心配も不要です。

ご夫婦ツアーならではの嬉しい特典も♪

当ツアーではお部屋到着時、記念のウェルカムスパークリングワインボトルを1本プレゼント。さらにお部屋にはロマンティックな雰囲気を演出するデコレーションをいたします♪

またご滞在中には1回、特別な旅行を盛り立てるロケーションにこだわったご夕食をご用意。

ビーチサイドでアラビアンな仕立て(一例)

画像: グリーンラグーン(一例)

グリーンラグーン(一例)

画像: 森の中の隠れ家ダイニング(一例)

森の中の隠れ家ダイニング(一例)

画像: オープンエアを楽しむ(一例)

オープンエアを楽しむ(一例)

これらのロケーションは事前にお選びいただくことはできませんが、行ってからどのような場所でのご夕食になるか、わくわくするのもこのご旅行の楽しみの一つです♪

そして、もちろんオールインクルーシブが組み込まれていますので、バーではお好きなときにお好きなお飲み物をご注文ください♪

さて、今回はご夫婦旅にふさわしいモルディブのリゾートと専用のツアーを紹介させていただきました。

当ツアーに関するお問い合わせやお申し込みは、下記問い合わせ先からお電話でも承っております。お気軽にご連絡くださいませ!

クラブツーリズムでは、この他にも、女性おひとり参加限定モルディブツアーをご用意しております♪よろしければ合わせてご検討ください(下記リンクは女性おひとり参加限定ツアーのページに飛びます)

また、モルディブと並んで人気の高いニューカレドニアやタヒチ、フィジーなどのビーチリゾート特集もご一緒にお楽しみください(下記リンクはニューカレドニア特集に飛びます)。

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから

◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

アメリカ・オセアニア旅行センター
【TEL】03-5323-6880
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜・祝日:9:15~13:00
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 (休業日:日曜・祝日)

This article is a sponsored article by
''.