読図をしながら六甲山の魅力を再発見!

知っているようで知らない六甲山の隠れた魅力を地図を読みながらご案内します。地形の見方や現在地の確認、ルートファインディングなど普段のツアーでは行わない講座も行います。 昨年参加された方も読図初心者の方も大歓迎です!初めての読図でもスムーズに理解できるよう、6回にわたり実地ツアーにおいて必要な知識についても解説します。 読図スキルを身につけながら、六甲山を楽しく登りましょう♪

読図講座のポイント

① 日本山岳ガイド協会認定登山ガイド「山内竜太ガイド」「藤原正和ガイド」が担当!

私たちがご案内します!
左:山内竜太ガイド
右:藤原正和ガイド

※上記のガイドのいずれかがリーダーガイドとして同行いたします
※ご参加の人数が多い場合は右記ガイドの他にサブガイドが同行します
※同行ガイドが急な体調不良、その他の理由により同行できなくなった場合は代理のガイドが同行します

② 毎月の講座では、ガイドと一緒に道を探したり、地形を照らし合わせながら実践的に読図スキルを身につけます!

画像: ② 毎月の講座では、ガイドと一緒に道を探したり、地形を照らし合わせながら実践的に読図スキルを身につけます!

③気軽に参加しやすい現地集合・解散!

④ 読図が初めて、久しぶりの方も安心!無料説明会を開催しますので、ぜひご参加ください

⑤より理解を深める特製レジュメを各ツアーにてご準備!

⑥「実地講座」+「机上講座」で読図スキルがぐんぐん身につきます

画像: 机上講座(イメージ)

机上講座(イメージ)

実地講座開催場所マップ

画像: ※8月10日時点のもので、予告なく変更になる場合もあります

※8月10日時点のもので、予告なく変更になる場合もあります 

担当ガイドよりひとことメモ

10月実地講座:蓬莱峡から宝塚(日帰り)

蓬莱峡は風化した花崗岩が広がる荒涼とした風景。その独特な景観から黒澤明監督の映画の舞台にもなりました。今回は座頭谷を詰めて縦走路を目指し、後半は塩尾寺を経て宝塚へ下山します。

11月実地講座:再度山から森林植物園(日帰り)

JR元町駅から大師道を通り再度山へ!この道は歴史が古く空海ゆかりの地。そこからはトゥエンティクロスを通り、紅葉する森林植物園へ。カモシカにも会えるかも!?

12月実地講座:有馬三山(日帰り)

裏六甲の有馬三山縦走路で落葉山、灰形山、湯漕谷山(有馬三山)を踏破します。ときおり見える山のピークで読図のテクニック、山座同定をやってみましょう。ゴールは有馬温泉。温泉でホッコリ温まって帰るのも良いでしょう。

12月机上講座

12月以降の実地読図ツアーにおいて必要な知識についても解説します。読図の応用として、よりステップアップした内容に触れます。

2020年1月以降のツアー9月24より販売開始いたしました! 

1月 行者山と樫ヶ峰 (日帰り)

2月 船坂谷から六甲最高峰 (日帰り)

3月 古寺山とシュラインロード(日帰り)

まずは無料説明会へ 要事前予約

本シリーズの概要や読図の基礎について、担当ガイドがお話します。初めての読図でもスムーズに理解できるよう、実地ツアーにおいて必要な知識についても解説します。ぜひご参加ください。ご参加いただくにあたり「 山と高原地図 六甲・摩耶」(昭文社)、赤と黒のボールペン、ラインマーカー(蛍光ペンのピンク・青1本)の3点を各自ご用意ください。

説明会は終了いたしました。

------------------------------------------------------------------------------------------
クラブツーリズム株式会社
関西テーマ旅行センター
〒542-8566 大阪府大阪市中央区難波4-1-15 近鉄難波ビル
TEL:06-6733-0090
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
      日曜・祝日 お休みとなります
------------------------------------------------------------------------------------------

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.