クラブツーリズム名古屋の脇海道です。
登山をある程度経験していくと、より高度な技術を駆使した楽しみ方も魅力の一つとなってきます。ところが、正しい知識を学ぶ場はなかなかありません。
今回ご紹介する『山旅カレッジ』は、個人では学びにくい本格的な登山技術の習得を目指す新シリーズです。

山旅カレッジのスケジュール

●実技その①
芥見権現山アイゼントレーニング
(コース番号F3591 2019年11月30日実施)

応用ステップ①:雪山 北八ヶ岳・北横岳 2020年1月18~19日予定
応用ステップ②:雪山 天狗岳 2020年2月8~9日予定
応用ステップ③:雪山 飯縄山 2020年2月29日~3月1日予定
応用ステップ④:雪山 南八ヶ岳硫黄岳 2020年3月28~29日予定
実践ステップ:雪山 北アルプス槍ヶ岳 4月29日~5月2日予定
※予定は変更となる場合がございます。

より高度な登山を楽しみたい方へ

無雪期の一般ルートで十分に体力と技術を養えば、さらなる高みを目指したい方もいると思います。
そうすると今度は雪山登山や岩登りなどのバリエーションルートに興味が出てくるでしょう。
雪山登山ができるようになれば、夏山では見ることの出来ない風景を楽しむことができますし、岩登りや沢登りができるようになれば、山での活動範囲が広がり楽しみの範囲が広がります。

画像: 左:小川山での岩登り 中:赤岳雪山登山 右:赤坂谷での沢登り

左:小川山での岩登り
中:赤岳雪山登山
右:赤坂谷での沢登り

これらの登山を楽しむためにはそれぞれ専門装備が必要となり、併せて必要な専門知識も増えてきます。また、危険度も上がるため興味はあるけどこれから始めるのはちょっと尻込みしてしまう・・という方も多いです。
実は、場所を選べばそこまで難しくはないんです。東海地方周辺にも楽しめる場所は沢山あり、岩場が好きな方でしたらワザワザ剱岳まで行かなくても日帰りでスリリングな岩場を楽しむことができます。
ただその一方、知識を正しく学ぶことの出来る場というのはまだまだ少ないというのが現状です。
インターネット上にも様々な情報が散在しておりますが、これらは出典や根拠が曖昧なものもあり、鵜呑みにすると危険な情報も多くあります。

『山旅カレッジ』の概要

今回ご紹介する『山旅カレッジ』は
・『本格的な登山リーダーとなりたい方』
・『バリエーションルートを体験してみたい方』
・『より一層の登山技術向上を目指している方』
を対象として、本格登山の知識を正しく学ぶことの出来る場として考案されたシリーズです。
名古屋では2019年11月から雪山編がスタート!2020年4月からは岩登り編や沢登り編などをそれぞれご案内する予定で季節に応じた登山知識を学んでいきます。
※予定は変更となる場合がございます

●山岳ガイドが同行します
シリーズの大きなポイントとしては、全ツアー日本山岳ガイド協会所属の『山岳ガイド』がメインガイドとして同行する点です。
ちょっと紛らわしいのですが、日本山岳ガイド協会の認定ガイドには『登山ガイド』『山岳ガイド』とそれぞれ大きく分けられています。登山ガイドはあくまでも登山道を案内するための資格ですが、山岳ガイドは登山道以外のバリエーションルートを案内することのできる資格です。
そのため高いスキルが必要となり、『山岳ガイド』は日本山岳ガイド協会の認定ガイド(約2000人)の中でも、15%ほどしかいないガイド資格となります。
『山旅カレッジ』では少人数制(最大ガイド1名につき5~7名)で山岳ガイドがしっかりとサポートします。

画像: ガイド例:木村武史ガイド 山岳ガイドステージⅠ スキーガイドステージⅡ ヒマラヤ登山やクライミングなどの数多くの登山経験を持つ山岳ガイドです。 ※木村ガイド以外の山岳ガイドが同行する場合があります。

ガイド例:木村武史ガイド
山岳ガイドステージⅠ スキーガイドステージⅡ
ヒマラヤ登山やクライミングなどの数多くの登山経験を持つ山岳ガイドです。
※木村ガイド以外の山岳ガイドが同行する場合があります。

『山旅カレッジ』雪山編では槍ヶ岳を目指します!

今回山旅カレッジでは2019年11月より『雪山編』として、本格的な雪山登山技術と知識習得をめざします。目標は雪山の槍ヶ岳です!

画像: 4月の槍ヶ岳です。この時期は雪山登山となります

4月の槍ヶ岳です。この時期は雪山登山となります

雪山の槍ヶ岳というと本記事をご覧頂いているほとんどの方々は尻込みするかもしれません・・。
しかし、しっかりとした装備を準備し、技術を習得すれば今シーズンが雪山初めての方でもチャレンジする事ができます。もちろん本シリーズの主目的は『登山技術の習得』にございますので、槍ヶ岳まで行かずとも雪山登山に必要な技術を習得することができます。

『山旅カレッジ』雪山編のスケジュールとツアーのイメージ

●段階を踏んでステップアップ
山旅カレッジでは下記のステップで大きく括り分けており、段階を踏んでステップアップできるスケジュールを組んでおります。それぞれで学ぶことの出来る内容を簡単にご紹介いたします

本番への流れ
①机上講座→②基本ステップ(実技)→
③応用ステップ(実技)→④実践ステップ(槍ヶ岳)

①机上講習 セントライズ栄名古屋会場
(コース番号F3590 2019年11月16日実施)

現地でいきなり実技と知識を学ぶのでは、装備の面からも習得の面からも効率的ではありません。
山旅カレッジでは、事前講習として実際に山岳ガイドが講師となり、皆さまに雪山登山に必要な装備類や予備知識を伝授します。
また、講座終了後は登山用品店にて装備購入のサポートを行います。雪山登山装備は非常に高価なので、これから装備の購入を検討されている方は是非ご参加ください。
お申込みは下記リンクから。

②基本ステップ(実技)

●実技その①
芥見権現山アイゼントレーニング
(コース番号F3591 2019年11月30日実施)
初回はなんと岩場でロープを結んでトレーニングです。

画像: 岩場トレーニングのイメージ

岩場トレーニングのイメージ

雪山を歩くのに何故岩場でトレーニングするの?と思うかもしれませんが、アイゼンの使い方に理由があります。
山旅カレッジで用いるアイゼンは前爪のついた8~12本爪アイゼンとなります。下記画像でいうところの左側のアイゼンです。右側は6本爪の軽アイゼンとなり、前爪はついていません。
高山では凍った斜面を歩くために前爪を効かせなければなりませんが、体重の乗せかたが悪かったり足の置き方が悪いとアイゼンの効きが悪くなり、実際に滑落や転倒の主要因となっています。
岩場でのアイゼントレーニングではアイゼンワークについて徹底的にトレーニングします。
お申込みは下記リンクをご参照ください。

画像: 左:12本爪アイゼン 中:アイスクライミング用のアイゼン 右:軽アイゼン

左:12本爪アイゼン 中:アイスクライミング用のアイゼン 右:軽アイゼン

●実技その② 富士山五合目 雪上訓練
コース番号
F3592(名古屋集合)F3593(富士山駅集合) 
2019年12月28日実施
年末は富士山五合目周辺で雪上訓練を行います。富士山は冬季になると非常に気温が低く、風の強い環境となります。山小屋も近いので無理なく高山での雪山登山を想定した訓練ができる場所です。
また、冬の富士山は夏と異なり人が全く居ない静かなエリアとなり、雪山登山としてもオススメの場所です。
お申込みは下記リンク先より。
※本コースは現地集合と名古屋集合に分かれております

画像: 冬の富士山

冬の富士山

③応用ステップ~④実践ステップ

応用ステップ以降につきましては、大変申し訳ございませんが2019年11月以降のご案内となります、今しばらくの間お待ちください。現在下記の予定となります。

応用ステップ①:雪山 北八ヶ岳・北横岳 2020年1月18~19日予定
応用ステップ②:雪山 天狗岳 2020年2月8~9日予定
応用ステップ③:雪山 飯縄山 2020年2月29日~3月1日予定
応用ステップ④:雪山 南八ヶ岳硫黄岳 2020年3月28~29日予定
実践ステップ:雪山 北アルプス槍ヶ岳 4月29日~5月2日予定
※予定は変更となる場合がございます。

●参加条件について
最後に、本シリーズでは安全のために下記参加条件を設けております。あらかじめご承知おきくださいませ。
1]応用ステップへの参加は、F3592/F3593 富士山必修となります。
2]実践ステップへの参加は、硫黄岳+応用2ステップが必要となります。
槍ヶ岳目標の方は体力養成のため全てのツアーに参加されることをお薦めします。

以上、新シリーズ『山旅カレッジ』のご紹介でした。
これからより一層ステップアップしたい皆様のご参加、心よりお待ちしております。

その他参考情報

雪山登山の装備などにつきましては、下記をご参照ください

クラブツーリズムの「あるく ウォーキング・ハイキング・登山の旅」ページでは
おすすめツアーや出発決定ツアー情報などを発信しております!

クラブツーリズムから最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

This article is a sponsored article by
''.