新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在全世界において感染症危険情報「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」、「レベル3:渡航は止めてください」が外務省より発出されております。つきましては、弊社の海外ツアーの対応を以下の通りご案内申し上げます。

■2020年5月10日出発までの全ての海外ツアーを中止
※5月11日出発分以降の催行につきましては、決定次第ご案内申し上げます。

<取消料について>
2020年5月10日出発分までの全ての海外ツアーは、催行中止のため取消料は収受致しません。
お申込み済のお客様へは弊社から順次ご連絡させていただきます。
※尚、催行中止決定前のお取消につきましては、規定通りの取消料を収受致します。

現在、外務省からの上記発出により、全海外ツアーとしてツアー実施可否を判断する状況となりましたため、旅行先各国の入国制限実施状況については4/2を持ちまして情報更新を終了させていただきます。以下はあくまでも~4/1までの参考情報抜粋としてご認識ください。
各国入国制限が様々な形で実施されており、日々変更になったり、制限の終了時期が示されていないものも多くある状況です。

※以下は当社アジア中国旅行センターでの取り扱い方面国のみ掲載しております。
 入国制限情報は当社ツアーに関わる情報として抜粋しております。
 他方面については各旅行センターへお問い合わせください。

※尚、入国制限の条件につきましては、日々更新されており、急遽変更になる可能性がございますので、予めご了承の程お願い申し上げます。

日本からの入国を禁止または入国後外出禁止を発令している国

インド(3/12 12:00時点)
インド政府は,イタリア,イラン,韓国,日本の国籍者に対して3月3日より以前に発給されていたあらゆるビザが無効になると発表しました。また、観光ビザの申請・発給が停止されています。
【3/12 更新】
インド政府は3月13日~4月15日まで全ての国の観光・商用ビザによるインド入国停止を発表しました。

シンガポール(3/16 9:00時点)
①ご入国日から遡って14日以内に中国本土及び韓国・イタリア北部・イランへの渡航歴のあるすべての新規入国者は,入国ならびに乗り継ぎ不可
②中国旅券のお客様も全てのビザの発行を一時停止となり、入国ならびに乗り継ぎ不可

※イタリア北部は、ヴァッレ・ダオスタ州、ピエモンテ州、リグーリア州、ロンバルディア州、エミリアロマーニャ州、ベネト州、フリウリ=ヴェネチア・ジュリア州、トレンティーノ=アルト・アディジェ州を指します。

【3/15更新】
 3/15 23:59から,過去14日以内に,上記に加えて、イタリア,フランス,スペイン,ドイツ(いずれも全土)への渡航歴がある新規入国者は,シンガポール入国及び乗り継ぎ不可となりました。3/15更新】

【3/16更新】
3/16 23:59から,過去14日以内に,日本・ASEAN諸国・スイス・英国への過去14日以内の渡航歴を持つ全ての旅行者は、シンガポール入国日から14日間の自宅待機/外出禁止措置とする。また,SHN期間の居所(自宅/ホテル等)を提示する必要がある。無症状であっても新型コロナウイルス検査(スワブ検査)を受けさせられる場合もある。

【3/24更新】
3/23 23:59から,全ての短期滞在者( 出発地を問わない )はシンガポールへの入国及び乗り継ぎを 許可され ません。(この措置の終了時期は未定です)

マレーシア(3/17 9:00時点)
・武漢市および湖北省発行の旅券をもつお客様は入国ビザが一時発給停止
・過去14日以内に日本の北海道、中国の湖北省、江蘇省、浙江省・大韓民国の大邱広域市(Daegu)ならびに慶尚北道清道郡(Cheongdo-gun)、イタリア、イランに渡航歴のあるすべてのお客様は入国不可
※ボルネオ島サバ州・サラワク州は上記に加えて以下制限があります※
サバ州 :過去14日以内に大韓民国全土に滞在歴のある全ての新規入国者は入国不可
サラワク州:過去14日以内に大韓民国、、香港、マカオ、イタリア、イランに滞在歴のある全ての方は入国不可

【3/17更新】
マレーシア政府は現在の状況を鑑みて,抜本的な対策が早急に必要と判断し,感染症予防管理法及び警察法に基づき,3月18日から3月31日までマレーシア全土に活動制限令を発令し、
・観光客及び外国人渡航者の入国は全て禁止 となりました。

【3/25更新】
マレーシア政府は活動制限令の延長を決定し、観光客及び外国人渡航者の入国は4月14日まで全て禁止 となりました。

フィリピン(3/6 12:00時点)
ご入国日から14日以内に中国本土・香港・マカオ・韓国大邱広域市及び慶尚北道清道郡の渡航歴のあるすべての新規入国者は,フィリピン入国および乗り継ぎ不可

【3/17更新】フィリピン政府が「より強化されたコミュニティ隔離」の措置をとることを発表し、日本人含め全観光客は、マニラがあるルソン島、セブ島への入国が3/17~4/14まで入国禁止となりました。上記により、日本人がフィリピンに渡航することが現状できませんので、4月14日出発までのフィリピンを目的地とするツアーを中止致します。

ベトナム(3/18 9:00時点)

3月18日午前0時から30日間,ベトナムに入国する者に対する査証発給を停止する。
3月18日午前0時から,査証免除の者,ベトナム系の人や親族訪問者に対する査証免除書の保有者,その他特別な場合(たとえば,専門家,企業管理者,高技能労働者)については、在住国の権限ある機関が発行する新型コロナウイルス感染症が陽性でないことを証明する証明書を持ち,かつ,この証明書についてベトナムによる承認を得なければ,ベトナムに入国できない。

台湾(3/6 12:00時点)
ご入国日から14日以内に中国・香港・マカオへの渡航歴(乗り継ぎを含む)を持つすべての新規入国者は,入国不可。
中国国籍のお客様も全てのビザの発行を一時停止となり、入国不可

【3/17午前更新】
3/17午前から,過去14日以内に,上記に加えて、アイスランド・アイルランド・アゼルバイジャン・アフガニスタン・アラブ首長国連邦・アルジェリア・アルバニア・アルメニア・イエメン・イギリス・イスラエル・イタリア・イラク・イラン・ウクライナ・ウズベキスタン・エジプト・エストニア・オーストリア・オマーン・オランダ・カザフスタン・カタール・韓国・北マケドニア・キプロス・ギリシャ・キルギス・クウェート・クロアチア・コソボ・サウジアラビア・ジョージア・シリア・スイス・スウェーデン・スペイン・スロバキア・スロベニア・セルビア・タジキスタン・チェコ・チュニジア・デンマーク・ドイツ・ドバイ・トルクメニスタン・トルコ・ノルウェー・バーレーン・パキスタン・パレスチナ・ハンガリー・フィンランド・フランス・ブルガリア・ベラルーシ・ベルギー・ポーランド・ボスニアヘルツェゴビナ・ポルトガル・マルタ・モロッコ・モンゴル・モンテネグロ・ヨルダン・ラトビア・リトアニア・リビア・リヒテンシュタイン・ルーマニア・ルクセンブルグ・レバノン・ロシア<50音順>いずれも全土への渡航歴がある新規入国者は,台湾入国不可となりました。

【3/19 16:30更新】
日本を含むすべての外国籍の入境が原則禁止になりました。(公務やビジネス上の特殊なケースなどは除外)
また、4月30日まで、旅行会社に台湾へ入国する外国籍の方と、台湾人の出国するツアーの催行を禁止するよう発表しました。

・タイ (3/19 15:00時点)<下記措置は3/21現地時刻0時より実施>
入国から14日以内に次の国から入国、または経由してきた者については、航空券の発行がされず、搭乗が拒否される。
該当国:韓国・中華人民共和国(含:マカオ,香港)・イタリア・イランと、日本を含む感染が拡大している地域(現時点では,日本,フランス,スペイン,アメリカ,スイス,ノルウェー,デンマーク,オランダ,スウェーデン,イギリス及びドイツ)

インドネシア(3/6 12:00時点)
ご入国日から14日以内に中国、韓国、イタリア、イランへの渡航歴のあるすべての新規入国者は,入国不可

【3/18更新】
・ご入国日から14日以内に中国、韓国、イタリア、イラン、バチカン、スペイン、フランス、ドイツ、スイス、英国への渡航歴(乗り継ぎを含む)のあるすべての新規入国者は,入国不可
・インドネシア政府は、新型コロナウイルスに係る追加的な入国規制措置として3/20より、インドネシア到着日前7日以内に発行した「健康証明書」を持って目的に応じた査証を事前に取得しなければ入国できない旨の通達があり、事実上入国禁止となりました。

ブルネイ(3/6 12:00時点)
ご入国日から14日以内に中国本土への渡航歴を持つすべての新規入国者は,入国不可
湖北省発行の中国旅券保有者は入国不国【3/24更新】
ブルネイ外務省は3/24から全ての外国人の入国禁止(トランジットを含む)を発表しました。
(この措置の終了時期は未定です)

・カンボジア(3/25 9:00時点)
【一時入国禁止措置の対象国】イタリア・ドイツ・スペイン・フランス・アメリカ・イラン
【一時入国禁止措置の対象者】
上記6カ国からカンボジアに入国する外国人(日本人を含む)
【一時入国禁止措置の期間】
・イタリア,ドイツ,スペイン,フランス,アメリカ
  3月17日(火)0時から30日間
・イラン
  3月18日(水)0時から30日間

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※最新情報、情報の詳細は必ずご自身でもご確認ください。
※各国の対応は流動的なため予告なく変更になる場合があります。
※最終的に入国を認めるかどうかの判断は、入国時の入国審査官によって決定されます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!
クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
クラブツーリズム株式会社
アジア・中国旅行センター(東京)
TEL:03-5323-6830
(電話受付時間 月~土 9:15~17:30 日祝 9:15~13:00)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*

This article is a sponsored article by
''.