『いつから旅行は解禁されるの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。  
この記事では、オーストリア、ポーランドなど、人気のヨーロッパ諸国のコロナ後の現状を現地からお届け!まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選定にお役立ていただけると幸いです。

オーストリア

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…12月6日まで観光目的での宿泊は禁止。レストランはマスク着用義務あり。
■観光地情報…感染予防措置を取りながら、概ね観光地は再開。
■その他…日本からの入国は可能

チェコ

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ホテル・レストラン共に営業。
■観光地情報…屋外施設は全て再開。屋内施設はそれぞれの施設で入場制限を設定し、営業。公共の場でのマスク着用義務あり。
■その他…日本からの入国可能(チェコ政府が指定する安全国以外に12時間滞在した後入国した場合は、PCR検査と自主隔離義務あり)。

ハンガリー

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ホテル・レストラン共に営業。
■観光地情報…マスク着用とソーシャルディスタンスを守る条件下、全ての公共施設が再開。
■その他…特別な理由がない限り日本からの入国は不可

スロバキア

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ホテル・レストラン共に感染予防措置を取りながら営業。場所により屋内飲食禁止の箇所がある。
■観光地情報…城や美術館などの屋外施設は、人数制限付きで営業再開。
■その他…日本からの入国は可能

ポーランド

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ホテル・レストラン共に感染予防措置を取りながら営業。
■観光地情報…一定の条件下のもと、博物館・美術館などの文化施設は営業中。
■その他…日本からの入国は可能

ブルガリア

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ホテル営業再開。レストランも一定の条件下のもと営業。
■観光地情報…営業再開。マスクの着用が強く推奨されている。 
■その他…日本からの入国は可能だが観光目的では不可

クロアチア

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ホテル・レストラン共に概ね営業。公共の場におけるマスクの着用義務が強化。
■観光地情報…人数制限等の規制のもとで観光施設は再開。プリトヴィツェ湖群国立公園も営業。
■その他…EU及びシェンゲン域内で合法的な滞在資格を持つ外国人(日本人を含む)は、観光・商用・就学、その他緊急の私事事情がある等の入国要件を満たしている方は入国可能(但し、クロアチア入国後14日間は自主隔離が必要)。
ただし到着時48時間以内に実施されたPCR検査における陰性結果を提出すれば、自主隔離は免除される。

スロベニア

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ホテルは感染予防措置を取りながら営業。レストランは営業時間を限定。地域により飲食時以外はマスクの着用義務あり。
■観光地情報…観光施設は感染予防に徹しながら営業。
■その他…日本からの入国は可能

終わりに

クラブツーリズムでは、ヨーロッパ方面の現地情報を毎週国別に投稿いたします。
最新情報を随時更新していきますので、是非引き続きご覧ください。

11月19日現在、日本国外から帰国または入国した方は、厚生労働省からの通達により、最大14日間の自主隔離を求められています。(一部対象外あり)
また、外務省の定める海外安全情報の危険度は、全ての国を対象としてレベル2以上に引き上げられております。

ヨーロッパ旅行センター
【TEL】03-5323-6860
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6-3-1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30 日曜祝日:休業
【来店窓口営業時間】月曜~土曜 9:30~17:00 日曜祝日:休業
※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細はこちらよりご確認ください。

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.