『いつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。                         
こちらの記事では、ミャンマー・ラオス・モンゴル・ネパール・スリランカ・ウズベキスタンなど、秘境アジア方面の現地から仕入れた最新情報をお届け致します。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選定にお役立ていただけると幸いです。 

ミャンマー

【7月6日更新】

●ホテル・レストラン営業状況...
一部のホテルは営業を開始、外国人を多く扱うホテルをはじめとして、新型コロナ感染防止対策を実施。健康スポーツ省の指示に従い、レストランはほぼ営業再開されました。

●観光地情報…
ヤンゴンの観光地であるパゴダは未だ制限中、バガンのパゴダは(09:00~16:00)までの入場開始している。

●入国制限及び入国時の防疫措置…
ミャンマー政府より国際旅客便の着陸禁止措置と入国制限措置については、7 月31 日まで延長。
3 月31 日から7 月31 日まで、商用旅客航空便の着陸を禁止する。3 月19 日から陸路での外国人の出入国を禁止。

●その他…
ミャンマー国内感染者数304 人(うち回復者数 223 人、死者数 6 人)【7月2日時点】

ラオス

【7月6日更新】

●ホテル・レストラン営業状況…
各都市のほとんどのホテルが再開しているが、ルアンパバーンは国際線の運航再開に伴いオープン予定としている。レストランも同様。

●観光地情報…
再開に向けて、準備中。まだ制限されてる箇所が多い。(友好橋、国立博物館など)

●入国制限及び入国時の防疫措置…
国際・地域・慣習国境事務所における一般人の出入国を禁止。
入国者には①渡航前に、COVID19 対策特別委員会事務局長から入国許可を得た上で在外のラオス大使館等で査証を取得し、②到着時に出発前72 時間以内に医師から発行された新型コロナウイルス陰性証明書を提出することを義務付ける。
入国許可を受けた者は、入国時にCOVID-19 検査証明書の提出及び、14 日間ホテルでの隔離措置が必要とされてる。

●その他…
ラオス国内感染者数19 人(うち回復者数 16 人、死者数 0人)【7月1日時点】

モンゴル

【7月6日更新】

●ホテル・レストラン営業状況…
レストランは通常営業中。一部密を回避できないバーなどは営業停止中。

●観光地情報…
博物館やお寺は通常営業。その他は一部制限あり。

●入国制限及び入国時の防疫措置…
空路陸路ともに閉鎖。外国人の入境は全面的に禁止。

●その他…
6 月30 日に国家非常事態特別委員会が開催され、高度警戒準備態勢が7 月15 日まで延長されることとなった。今後2週間おきにその都度の現状を踏まえ対応。
モンゴル国内感染者数220人(うち回復者数 188人、死者数 0人)【7月6日時点】

ネパール

【7月6日更新】

●入国制限及び入国時の防疫措置…
3 月14 日から全ての外国人に対する到着査証の発給を一時停止する。
同国の査証申請時及び空港での入国審査時に7 日以内に発行されたPCR 検査結果を含む健康証明書の提出を求める。

●その他…
ネパール政府のロックダウン緩和措置第一段階等の延長。
6 月29 日に行われたネパール政府の閣議において、6 月15 日に決定され現在適用されているロックダウン緩和措置の第一段階を7 月22 日まで延長することを決定。
ネパール国内感染者数13,564人(うち死者数 29人)【7月1日時点】

スリランカ

【7月16日更新】

●ホテル・レストラン営業状況…
一部営業中。観光客向けにコロナ対策を準備中。

●観光地情報…
世界遺産含むすべての観光地は新しい安全衛生対策で運営開始。

●入国制限及び入国時の防疫措置…
8 月1 日から外国人観光客受け入れ再開が決定。
スリランカ観光局は8 月1 日より全ての国からの観光客を受け入れると発表、観光客用のビザの発給も再開するとのこと。
・ビザ取得、政府認定の宿泊施設への滞在が必要
・到着後にPCR 検査受診が必要
・8 月1 日以降、すべての観光地は営業観光客の移動制限なし
→スリランカ政府が空港再開の延期を発表。再開時期は2週間ほど遅れる見込み。(7月16日時点)

●その他…
スリランカ国内感染者数2,066人(うち回復者数 1,863人、死者数 11人)【7月4日時点】

ウズベキスタン

【7月6日更新】

●ホテル・レストラン営業状況…
一部営業中。(入口にて検温・消毒等の対策。店員のマスク・手袋着用必須)

●観光地情報…
制限されてる箇所が多い。ウズベキスタン全土のショッピングモール、バザールは毎週土日を休業とし、消毒作業を実施するほか、公共の場におけるマスク及び手袋の着用が義務。

●入国制限及び入国時の防疫措置…
3 月16 日から、他国との全航空便の停止、国境自動車道の閉鎖を含む全ての国境の閉鎖措置及び出入国の停止措置をとっている。ウズベキスタン防疫特別委員会は6 月15 日より部分的に国際線を再開し、親族訪問、仕事、学習(留学)、医療関係に対し入境を認める。日本からの入国者に対して隔離措置はなしとしている。

●その他…
ウズベキスタン国内感染者数9,326人(うち回復者数 6,161人、死者数 28人)【7月3日時点】

終わりに

7月10日現在、日本国外から帰国または入国した方は、厚生労働省からの通達により、最大14日間の自主隔離を求められています。
また、外務省の定める海外安全情報の危険度は、全ての国を対象としてレベル2以上に引き上げられております。クラブツーリズムでは、同危険度がレベル1に引き下げられた国(地域)において、ツアーを催行いたします。

海外テーマ旅行センター
【TEL】03-5323-5700
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~金曜9:15~17:30 土曜:9:15~13:00(休業日:日曜・祝日)
【来店窓口営業時間】7月31日(金)まで休業 ※近鉄あべのハルカス店を除く
※現在、一部営業時間の短縮・休業をしております。詳しくは下記をクリックしてください。

絶景・秘境の旅 Grande(グランデ) は28周年!

クラブツーリズムの「絶景・秘境の旅」ブランド「Grande(グランデ)」
中南米・アフリカ・東南アジア・中近東など幅広くご案内しています!

Twitter にて最新の情報を随時更新しています!お気軽にフォローください♪
特集ページ [Grande(グランデ)]
Twitter [Grande(グランデ)]

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.