『いつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。                         
こちらの記事では、ペルーやキューバなど、中南米方面の現地から仕入れた最新情報をお届け致します。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選定にお役立ていただけると幸いです。 

ペルー

●ホテル・レストラン営業状況… 一部営業開始
●観光地情報…
 <マチュピチュ>11月1日の再開を予定していますが、再度延期となる可能性もございます。
 <クスコ>近郊の一部の遺跡が10月15日より再開致しました。
 <ナスカの地上絵遊覧>11月10日の再開を予定していますが、再度延期となる可能性もございます。
★ペルー国内感染者数:865,549人(うち死者33,702人)【10月19日現在】

キューバ

●ホテル・レストラン営業状況... 一部営業開始

●観光地情報…
 <ハバナ>一部営業開始
・空港がまだ再開していないため、主要なホテルはまだ営業再開しておりおません。
・レストランや博物館の営業は再開されました。

●入国制限及び入国時防疫措置...
・空港閉鎖中につき、現在空路での入国は出来ません
・現地到着時にPCR検査を受ける必要があり、検査結果が出るまで宿泊先から外出することが出来ません。

★キューバ国内感染者数:6,170人(うち死者125人)【10月19日現在】

コスタリカ

●ホテル・レストラン営業状況... 
一部営業開始

●観光地情報…
一部営業開始
・ホテルやレストランは一部人数制限を行い、営業をしています。
・観光地は、一部人数制限を行い再開しています。
・国立公園においては、発熱症状がある場合入園出来ません。

●入国制限及び入国時防疫措置...
・現在、日本を含む数カ国からの入国が許可されており、11月以降は入国できる国が更に拡大する見込みです。
・事前のPCR検査、渡航者登録、条件を満たす保険加入が必要となります。

★コスタリカ国内感染者数:96,443人(うち死者1,194人)【10月20日現在】

終わりに

クラブツーリズムでは、中南米方面の現地情報を随時投稿いたします。
最新情報を随時更新していきますので、是非引き続きご覧ください。

10月20日現在、日本国外から帰国または入国した方は、厚生労働省からの通達により、最大14日間の自主隔離を求められています。
また、外務省の定める海外安全情報の感染危険度は、全ての国を対象としてレベル2以上に引き上げられております。

【営業日時の変更について】│クラブツーリズム
海外テーマ旅行センター
【TEL】03-5323-5700
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30(休業日:日曜・祝日)
【来店窓口営業時間】9:30~17:00(休業日:日曜・祝日)詳しくは下記をクリックしてください。
※現在、一部営業時間の短縮・休業をしております。詳しくは下記をクリックしてください。

海外の絶景・秘境の旅 Grande(グランデ) は28周年!

クラブツーリズムの「絶景・秘境の旅」ブランド「Grande(グランデ)」
中南米・アフリカ・東南アジア・中近東など幅広くご案内しています!

Twitter にて最新の情報を随時更新しています!お気軽にフォローください♪

特集ページ [Grande(グランデ)]
Twitter [Grande(グランデ)]

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。1
万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。SNS
でも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
・インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.