こんにちは!皆さまいかがお過ごしでしょうか?
「海外旅行はいつから再開するの?」など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。この記事ではアメリカ・アンテロープキャニオンの現状をお届けします。
まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行の選定にお役立ていただけると幸いです。
今回はスタッフが厳選するアメリカ西海岸の大自然絶景スポットの中から、
「アンテロープキャニオン」を現地の最新情報も含めご紹介させていただきます。

アンテロープキャニオンとは

           アッパーアンテロープキャニオン内部 (スタッフ撮影)

アメリカ国内で一生に一度は見るべき景色として人気の観光地であり、世界でも最も写真映えのする絶景に数えられる名所「アンテロープキャニオン」。

アリゾナ州北東部、先住民ナバホ族の居住区にあり、パウエル湖へ流れ込む支流のひとつが創り上げた小さな峡谷です。
まるで水流の渦がそのまま岸壁に刻まれたような不思議な形は、砂丘が固まってできた砂岩が鉄砲水に侵食されて出来上がりました。
波のような岩肌や岩間から光が差し込む幻想的な光景は写真に納めたくなりますね。

アンテロープキャニオンの内部へ差し込む光 (スタッフ撮影)

先住民ナバホ族はここを神聖な土地と見なし、渓谷への立ち入りを制限して、壊れやすい砂岩の造形美を保護しています。
観光の際は必ずナバホ族のガイドが先導し、その案内のもと岩の割れ目を縫うように進みます。
ガイドさんは見学時の注意事項だけではなく、見どころや上手な写真の撮り方など神秘的な絶景をより楽しめるよう案内してくれます。
お客様も「あれは熊!」「あれはハートの形だ!」と、皆様それぞれの想像力で観光を楽しまれています。
写真で見るよりも実物は何倍も感動しましたと参加されたお客様から多くの声をいただいています。
いつの日か、皆さまにもご自身の目でこの美しさを体感していただきたいです。

観光の際は砂ぼこりが舞うため、スカーフやマスク・サングラスなど顔を覆うものがあると良いです。
また内部が狭いため、荷物の制限がありカメラ・水以外の持ち込みができませんので、貴重品管理のために首から下げるパスポートホルダー等があると便利です。

アンテロープキャニオンの最新情報

8月17日現在、アンテロープキャニオンは閉鎖をしています。アリゾナ州やその他の州での感染者数の増加が続いているため再開の日程は未だ発表されておりません。

1日も早くアンテロープの絶景を皆さまと見に行ける日が来ることを祈っております。
どうか皆さまもお身体にはお気をつけてお過ごし下さい。

アメリカの感染者情報

【入国制限(更新日:8月17日)】
米国疾病予防管理センター(CDC)は日本の感染症危険情報度合いをレベル3(渡航中止勧告)としています。そのため、日本から米国へ渡航する方は、入国から14日間にわたり、ホテル等の宿泊施設や自宅等にて待機を命じられます。

【日本からの航空便(更新日:8月17日)】
東京(羽田または成田)ーロサンゼルス間、日本航空、全日空、デルタ航空、アメリカン航空
※各都市・州によって状況が異なる場合があります。予めご了承ください。

【クラブツーリズムの海外ツアーについて(更新日:8月17日)】
クラブツーリズムの9月30日出発までの海外ツアーはすべて催行中止となっております。
8月17日現在、日本国外から帰国または入国した方は、厚生労働省からの通達により、最大14日間の自主隔離を求められています。また、外務省の定める海外安全情報の危険度は、全ての国を対象としてレベル2以上に引き上げられております。クラブツーリズムでは、同危険度がレベル1に引き下げられた国(地域)において、ツアーを催行いたします。

アメリカ西海岸旅行・ツアー・観光|クラブツーリズム

アメリカ・オセアニア旅行センター
【TEL】03-5323-6855
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
※新型コロナウイルスの影響により営業時間の変更があります。詳細は下記よりご確認ください。

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

This article is a sponsored article by
''.