『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。こちらの記事では、アイスランドの現地から仕入れた最新情報をお届け致します。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選びにお役立ていただければ幸いです。
画像1: 【コロナ後現地状況・アイスランド】<10月13日時点>★随時更新
アイスランドのコロナ禍の現状は、どうなっているのでしょうか?気になる最新情報を、写真を交えてお届けします!

アイスランドのコロナウィルス累計感染者数

<10月13日午前10時時点>

【感染者数】3,582名
【死亡者数】10名
【回復者数】2,550名

アイスランドは他のヨーロッパ諸国と比べ、コロナウィルスの感染拡大は抑えられています。日本と同じ島国ということもあり、水際対策がしっかりと行われている印象です。しかしながら、9月下旬頃より1日あたりの感染者数が50~100名程度で推移していたり、ジムでクラスターが発生したことから、国内の対策強化が実施されています。

画像2: 【コロナ後現地状況・アイスランド】<10月13日時点>★随時更新

爆発的な感染は抑えられていますが、引き続き様子を見ていく必要がありそうです。

アイスランドの入国規制 最新情報

アイスランドでは10月13日現在、日本を含む18カ国に対し、下記の条件を満たした上で観光目的の渡航を認めています。

<入国条件>
 ①ウェブでの事前の個人情報登録
 ②空港到着時のPCR検査と、4~5日間の自己検疫(隔離期間)
 ③追跡アプリのダウンロードと活用の推奨
 ④入国して4~5日後、2度目のPCR検査

※PCR検査は有料

画像3: 【コロナ後現地状況・アイスランド】<10月13日時点>★随時更新

実際に弊社スタッフが、③の追跡アプリの操作方法を確認してみました!

画像: アイスランドのコロナウィルス追跡アプリ『Rakning C-19』(弊社スタッフ撮影/2020年10月)

アイスランドのコロナウィルス追跡アプリ『Rakning C-19』(弊社スタッフ撮影/2020年10月)

アイスランドのコロナウィルス追跡アプリ『Rakning C-19』は、日本からでもダウンロードが可能です。日本語対応はしていないため、英語での操作となります。

画像: 電話番号とコード番号を入力し、登録完了!/(弊社スタッフ撮影/2020年10月)

電話番号とコード番号を入力し、登録完了!/(弊社スタッフ撮影/2020年10月)

携帯電話番号(アプリをダウンロードした端末のもの)を入力すると、登録に必要なコード番号がSMSに届きます。届いたコード番号を入力したら、登録完了です。日本の国番号は+81になるため、番号の頭に入力する必要があります。

画像: 追跡中画面(弊社スタッフ撮影/2020年10月)

追跡中画面(弊社スタッフ撮影/2020年10月)

当アプリは、位置情報サービスを活用し追跡を行います。追跡情報は自身の携帯の中にしか残りません。アイスランドのコロナウィルス追跡チームがデータを使用したい場合は、個別に連絡が入り、許可した場合のみ情報提供(14日間分)が行われるようです。

画像4: 【コロナ後現地状況・アイスランド】<10月13日時点>★随時更新

アイスランドは人口あたりの新型ウイルスの検査率が高く、追跡アプリの利用も国民に浸透しています。

観光目的での渡航が禁止されている国も多い中、条件を満たせば入国・滞在が可能です。アイスランドへの旅行は、少しずつ明るい兆しが見えています。

航空会社の運航状況

【スカンジナビア航空(羽田~コペンハーゲン間)】

10月13日現在、運休中。再開目途は、未定。

【アイスランド航空(コペンハーゲン~ケフラヴィーク間)】

10月13日現在、週2便運航中(通常は毎日運航)。

【日本航空(羽田~ヘルシンキ間)】

10月13日現在、週3便で運航(通常は毎日運航)。

【フィンエアー(成田~ヘルシンキ間/ヘルシンキ~ケフラヴィーク間)】

成田~ヘルシンキ間:10月13日現在、週3便で運航(通常は毎日運航)。
ヘルシンキ~ケフラヴィーク間:運休中。再開目途は、未定。

【アイスランド航空(ヘルシンキ~ケフラヴィーク間)】

10月13日現在、週2便運航(通常は毎日運航)。

通常通りの渡航が出来るようになるまで、もう少し時間がかかりそうです。

アイスランドの現在の街の様子

感染対策をしっかりと行いながらも、アイスランドの街は日常を取り戻しつつあります。

6月17日、独立記念日に公園にて(現地スタッフ撮影/2020年6月)

アイスランドの独立記念日には、公園で子供連れの家族が集まる姿も見受けられました。

公園フードワゴンにて、2m間隔を空けて並ぶ人々(現地スタッフ撮影/2020年8月)

フードワゴンの営業も行われ、人々は2mのソーシャルディスタンスをしっかり守っています。

店舗/ショッピングセンターの感染症対策

レイキャヴィークのショッピングモール・クリングランの様子(現地スタッフ撮影/2020年8月)

首都・レイキャヴィーク最大のショッピングモール・クリングランでは、多くの家族がショッピングを楽しんでいる姿が見られます。

2メートルのソーシャルディスタンスを促す看板(現地スタッフ撮影/2020年8月)

感染症対策に関するポスター(現地スタッフ撮影/2020年8月)

モール内には、2メートルのソーシャルディスタンスに関する案内が設置されていました。

お手洗い利用時の注意事項も掲示されています(現地スタッフ撮影/2020年8月)

お手洗い内の消毒液もしっかり設置(現地スタッフ撮影/2020年8月)

大きな公共スペースや、モール内の店舗だけではなく、お手洗いも感染症対策をしっかりと行っています。

画像: 街中のベーカリーショップ(現地スタッフ撮影)

街中のベーカリーショップ(現地スタッフ撮影)

画像: 入店制限の張り紙、入れるのは一度に3人まで(現地スタッフ撮影)

入店制限の張り紙、入れるのは一度に3人まで(現地スタッフ撮影)

お店ごとに対策を講じているケースもあり、街中の可愛いベーカリーショップでは、入店時の人数制限を行っていました。

ホテルの感染症対策

グランドホテル・レイキャヴィークのエントランス(現地スタッフ撮影/2020年8月)

レセプションの様子(現地スタッフ撮影/2020年8月)

日本人の方がよく利用されるホテルにおいても、感染症対策がしっかりと行われています。ホテルの入口にはアルコール消毒液と手袋が設置され、レセプション前の床にはソーシャルディスタンスを保つための目印が貼られています。

ホテル内レストラン入口(現地スタッフ撮影/2020年8月)

レストラン内のカウンター(現地スタッフ撮影/2020年8月)

ホテル内のレストランにおいても、入口にエントランスと同じようにアルコール消毒液と手袋が置かれ、レストラン内の随所にアルコール消毒液が置かれています。

観光地の感染症対策

画像6: 【コロナ後現地状況・アイスランド】<10月13日時点>★随時更新

アイスランド随一の観光地、世界最大級の露天風呂・ブルーラグーンの最新情報が入ってきました!(2020年9月時点の情報です)

入口にはアルコール消毒液が設置(現地スタッフ撮影/2020年9月)

入口の列にはソーシャルディスタンスを促す看板(現地スタッフ撮影/2020年9月)

入口ではアルコール消毒液を利用して手を消毒し、2mのソーシャルディスタンスを保って入場口に並びます。

併設されているカフェテリア(現地スタッフ撮影/2020年9月)

ブルーラグーンに併設されているカフェテリアの入口にも、アルコール消毒液が設置されていました。

カフェテリアから見えるブルーラグーン(現地スタッフ撮影/2020年9月)

いつもは満席になっているカフェテリアにも、人の姿はあまり見られません。

ブルーラグーンにいる人もまばら(現地スタッフ撮影/2020年9月)

普段は観光客に大人気で賑わっているブルーラグーンですが、現在は地元の人々を中心に利用しているからか、人の姿もまばらです。

画像7: 【コロナ後現地状況・アイスランド】<10月13日時点>★随時更新

こんなに空いているブルーラグーンを見ることは、通常はほとんどありません!現地の方々も、観光客が戻ってくることを心待ちにしています。

まとめ

以上、ここまでアイスランドの最新情報をお知らせしました。

・他のヨーロッパ諸国と比較して、感染は抑えられているものの、最近はまた感染者が少しずつ増えている。
・観光大国として、観光地やホテルは感染対策がしっかりされている。
・10月13日現在、日本からアイスランドの渡航は可能だが、現実的な観光目的の渡航は、あともう1歩というところ。
画像8: 【コロナ後現地状況・アイスランド】<10月13日時点>★随時更新
最新情報を随時更新していきますので、また見に来てくださいね!
アイスランドについてもっと知りたい方へ
クラブツーリズムで行くアイスランドツアー
クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.