はじめに

皆様こんにちは!クラブツーリズム海外担当です。
シリーズ「イタリア芸術 三大巨匠が交わる奇跡の世界線 」
今回は第4回目です。

▼過去の記事はこちらから。

犬猿の仲か、はたまた同志か。

前回までにダヴィンチの生い立ちや性格、作品をいくつかご紹介してまいりました。
ただ、ダヴィンチを語るうえで外すことができないのは、同時代を生きた天才「ミケランジェロ」の存在です。

寛厚で人望厚く、その一方で完璧主義の性格から筆が遅かったダヴィンチ。
気難しい性格で生涯孤独、それでもスピード感をもって作品を仕上げるミケランジェロ。
二人の性格は真逆であったといわれています。

そのため、二人は相いれなかったとの話もあり、彫刻が得意なミケランジェロに対して

画像1: イタリア芸術 三大巨匠が交わる奇跡の世界線 <第4回>
『失われた絵画!?ダ・ヴィンチ VS ミケランジェロ?』 
【好奇心で旅する海外】<芸術百華>

彫刻なんてくだらん。ただの肉体労働だろう。

と、言ったとか言わないとか・・・。
ただ、ダヴィンチはミケランジェロより25歳年上ということを考えると、対等なライバルと認めていた証拠なのかもしれませんが。。。

お互いがお互いの評判を噂で聞いていたにもかかわらず、直接出会うことはほぼありませんでした。
ところがある日、遂に二人が一堂に会す瞬間が訪れます。

フィレンツェで訪れた奇跡の出会い

時は1504年、フィレンツェのヴェッキオ宮殿内「500人大広間」に、当時のフィレンツェ共和国が素晴らしい勝利を収めた戦いの壁画が描かれることになりました。
そこで、一方の壁にダヴィンチが「アンギアーリの戦い」を、もう一方にミケランジェロが「カッシーナの戦い」を描くことになったのです。

しかしながら、結果として、どちらの作品も二人の手による完成は叶いませんでした。
一説には、ダ・ヴィンチはミラノへ、ミケランジェロはローマへそれぞれ拠点を移すことになったからではないかと言われています。

画像: ヴェッキオ宮殿 500人大広間

ヴェッキオ宮殿 500人大広間

画像: 作者不詳(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく) 「タヴォラ・ドーリア」(《アンギアーリの戦い》の軍旗争奪場面)/ウフィッツィ美術館

作者不詳(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく)
「タヴォラ・ドーリア」(《アンギアーリの戦い》の軍旗争奪場面)/ウフィッツィ美術館

その後しばらく、二人が描いた下絵だけが残されていましたが、50年ほど経って宮殿の改修が行われ、ミケランジェロの弟子ヴァザーリによってフレスコ画が描かれました。

そのため、ダヴィンチが描いた「アンギアーリの戦い」は、完全に失われたと長らく考えられていました。

しかし近年になって、実はヴァザーリは「アンギアーリの戦い」に上書きはしなかったのではないかという説が浮上しました。その根拠として、ヴァザーリが描いたフレスコ画の軍旗に書かれている「CERCA TROVA(探せ、さすれば見つかる)」という文字です。
その言葉をもとに調査をしたところ、ヴァザーリの作品の裏に空洞らしきものがあることが判明したのです。まだ調査段階ではあるものの、ダヴィンチを尊敬していたヴァザーリは「アンギアーリの戦い」の手前にもう一枚の壁を作り、そこに自分の作品を描いた可能性があります。

画像2: イタリア芸術 三大巨匠が交わる奇跡の世界線 <第4回>
『失われた絵画!?ダ・ヴィンチ VS ミケランジェロ?』 
【好奇心で旅する海外】<芸術百華>

今後、最新テクノロジーのさらなる発達により、新たな真実がもっと解明されるかもしれないと思うと、わくわくしますね。

さて、ではもうひとつ、近年見つかった絵画をご紹介します。

天才の作品が時代を動かす

画像: 天才の作品が時代を動かす

この絵画は2016年、パリのオークションに持ち込まれた一枚です。
聖セバスティアヌスを描いたとされるこの作品は専門家によって慎重に鑑定が行われました。

その鑑定の過程で、ミケランジェロか、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたものであるとされたのです。
そうなるとここからが問題で、同じ時期を生きた2人の天才、一体どちらの作品なのでしょうか!?

鑑定の結果、2つのことがわかったのです

1.影の描き方やインク溜まりから、作者が左利きである可能性が高い
2.絵画の裏に、光と影に関する研究のスケッチとメモが書いてあった

以上のことからこの作品は
”レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたものとして、疑いの余地はない”
という結論に至りました。

そして鑑定額は驚愕の約18憶円!!!

ただし、絵画はオークションにかけられることなく、ルーブル美術館へ引き渡しがされたようです。
どこにどんなお宝が隠されているか、、、分からないものですね。

世界最高価値の絵画とは?

さて、ではこの18憶円の絵画が世界一高額なダヴィンチの絵画なのでしょうか?
上には上がいる、さらに高い金額で落札された絵画があるんです。

では世界最高額で落札された絵画とは、いったい何なのでしょうか。

画像3: イタリア芸術 三大巨匠が交わる奇跡の世界線 <第4回>
『失われた絵画!?ダ・ヴィンチ VS ミケランジェロ?』 
【好奇心で旅する海外】<芸術百華>

「モナ・リザ」かな?と考えたそこのあなた!
惜しいです!

残念ながらモナ・リザは確かな市場価値が定められておりません。
というのも、現在は額縁ごと防弾のガラスケースに入れ、厳重に守られており、今後ルーブル美術館を出ることはないといわれています。

ですので、”世界一高い保険金が掛けられている絵画”はモナ・リザですが、実際に価格がつけられた作品としての最高額は他にあります。

比較的最近のニュースなので、記憶にある方もいらっしゃるかもしれません。
2017年、オークションに出され、約500憶円で落札された絵画があります。

ダ・ヴィンチが描く救世主の姿

レオナルド・ダ・ヴィンチ作 「サルバトール・ムンディ」
この作品はダ・ヴィンチが救世主イエス・キリストを描いたものとされ、アラブ首長国連邦のアブダビ文化観光局がサウジアラビアの王子の仲介によって落札されました。
そして、この作品はフランス以外に唯一ルーブルの名を冠する美術館、”ルーブルアブダビ”にて展示される予定になっていました。

サルバトール・ムンディ/アブダビ文化観光局

しかしながら美術館側が無期限公開延期を発表しており、今は作品の所在も不明とのこと・・・一説には、サウジアラビアのムハンマド王子所有のヨットに保管されているとか・・・いずれにしても、この作品が日の目を見るのはいったいいつになるのか、現時点では全くの不明です。

終わりに

さて、3回にわたってレオナルド・ダ・ヴィンチについて紹介してまいりました。
いかがでしたでしょうか。「万能の天才」として、死後500年経った今でも、その功績が色褪せないダヴィンチについて、少しでも興味を深めていただけたら幸いです。

次回からはミケランジェロにフォーカスをあてて、ご紹介してまいります♪

【好奇心で旅する海外】の他のテーマシリーズも公開中

【世界遺産浪漫】 あなたのロマンはどの遺産?

【歴史の時間】 え~?これも三国志?!

【癒しの空間】 世界の風呂で「ととのう」

クラブツーリズムからの最新情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

クラブツーリズム 海外旅行ヨーロッパ方面 お問い合わせ先

【TEL】03-5323-6860
【メール】euro.yoyaku@club-tourism.co.jp
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6-3-1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜祝日:休業
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:30~17:00 日曜祝日:休業
※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細はこちらよりご確認ください。

This article is a sponsored article by
''.