「こころの旅」は四国八十八ヶ所、秩父・坂東・西国の日本百観音霊場、全国の札所めぐりをはじめとしたお参りの旅を専門に扱っています。今回は、今年6月下旬より始まりました坂東三十三観音の「丑年疫病退散祈願巡礼」をご紹介いたします。

霊場巡礼・坂東三十三観音とは

複数のお寺を訪ねお参りすることを「霊場巡礼」と言い、「四国八十八ヶ所・お遍路」等が有名です。中でも「観音霊場巡礼」は、観音様が祀られているお寺を巡礼し、信仰を深めたり、お願い事をしたり、御朱印をいただいたりします。
「坂東三十三観音」は、鎌倉時代の雄・源頼朝により発願され、源実朝が西国の霊場に倣って札所を定めたと言われています。頼朝、実朝ともに熱心な観音信者であり、武士を中心に信心を深めていったため、鎌倉近郊に住む方にははじめやすい巡拝経路となりました。その後、室町時代には庶民の参加が多くなって一般化し、江戸時代に盛況となっていきました。

2021年限定 丑年疫病退散祈願巡礼

坂東三十三観音では、通常丑年に一斉開帳が催されますが、本年は人々の心に安寧が戻る様、観世音菩薩様に祈りを捧げる「丑年疫病退散祈願巡礼」と形を変え、観音様の御開帳や期間限定の特別印(御朱印帳にいただきます)など様々な催しがあります。各お寺の拝観内容・時期は下記サイトをご覧ください。

2021年限定 疫病退散特別宝印 

丑年疫病退散祈願巡礼の期間中、各寺院で御朱印を頂くと、ページの左上に疫病退散の特別宝印を押していただけます。こちらもこの期間限定物です。御朱印巡りされている方必見!

画像: 23番 正福寺の御朱印

23番 正福寺の御朱印

寺院の紹介

神奈川県鎌倉市の杉本寺をスタートし、関東一円を時計回りに、千葉県館山市の那古寺までの全長約1300kmの大きな霊場です。ここでいくつか見どころをご紹介いたします。

画像: 1番札所 杉本寺

1番札所 杉本寺

画像: 1番札所 杉本寺 苔の階段

1番札所 杉本寺 苔の階段

天平六年に創建された鎌倉最古の寺。季節ごとに様々な花が咲き誇り、どの季節に訪れても違った顔を見せてくれるお寺です。本堂に向かって続く苔むした石段が有名です。(※苔むした石段は登ることが出来ません)

画像: 4番札所 鎌倉長谷寺

4番札所 鎌倉長谷寺

画像: 鎌倉長谷寺 和み地蔵

鎌倉長谷寺 和み地蔵

続きましてのご紹介は同じ鎌倉市内、鎌倉大仏(高徳院)から徒歩10分弱の4番札所:鎌倉長谷寺です。こちらも四季折々の花を愛でることができ、週末に訪れる方が多くいらっしゃいます。
また、今年2021年はご本尊の十一面観音菩薩が造立されて1300年記念にあたり、「ご本尊 全身総開帳」特別参拝の御足参りが出来ます(拝観料金とは別に1,000円の志納金が必要)。西国三十三観音をお参りされた方の中には奈良県の長谷寺にて御足参りをされたご記憶もありますでしょうか。観音さまの大きな足先に直接手を触れて、ご縁を深めることのできる特別な体験になることでしょう。

画像: 19番札所 大谷寺

19番札所 大谷寺

こちらは日本最古の石仏 「大谷観音」を要する栃木県の19番札所:大谷寺です。写真のお堂の中に入っていきますと石壁に掘られた大谷観音様がおられます。他の札所とは一線を画す、一度参拝したら忘れない、記憶に残る札所です。

画像: 24番 楽法寺

24番 楽法寺

茨城県桜川市にあるのは24番札所:楽法寺、地元の方からは「雨引観音」の名で親しまれ、あじさい祭りで有名です。
「丑年疫病退散祈願巡礼」ではご本尊「延命観世音菩薩」がご開帳されます。

画像: 楽法寺 花手水(2021年7月5日撮影)

楽法寺 花手水(2021年7月5日撮影)

コロナ禍で感染防止の観点から手水場を使用禁止にされてる寺院が多い中、楽法寺では流行りの綺麗な花手水が見られました!

画像: 33番札所 那古寺

33番札所 那古寺

画像: 那古寺 「丑年疫病退散祈願巡礼」

那古寺 「丑年疫病退散祈願巡礼」

33番、結願(けちがん)のお寺、千葉県館山市の那古寺です。
こちらでは毎月18日の観音様の日と10月18日~12月18日の期間でご本尊の千手観世音菩薩がご開帳になります。

巡礼に必要なものは?

実際にお参りしてみたい!そう思われた方、でも何を用意したらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。遍路や巡礼で調べると出来てくる写真は白い服を着て、杖を持って、傘のような帽子を被った方々。。。
ここでは坂東三十三観音霊場のお参りに持参したい巡拝用品をご紹介致します。
当社ツアーでは下記巡拝用品の販売もしております。ツアーお申込みと合わせてご購入いただくと、当日、添乗員からのお渡しでラクラクです♪ 詳しくは、弊社「こころの旅」ページまたは、お電話にてお問い合わせください。

必ずご用意いただきたいもの

・ろうそく

灯明(とうみょう)とも呼ばれており、1回のお参りで1本備えます。亡くなった方の供養と参拝者の居場所を灯す光の意味があります。
ご自宅にあるものをお使い頂いて構いませんが実はろうそくにはサイズがあるんです。
箱のどこかに「一号短寸」と書かれたものであればどこのお寺でも使っていただけます。ご自宅のものを使われる際は一度サイズを確認してみてください。

・線香

線香は1回のお参りで3本を使います。この3本にも意味があり、現在・過去・未来の仏様にお供えをします。
ろうそく同様にご自宅にある線香をお使いいただいて構いませんが用品店やお寺で販売している巡拝用の線香は約30分間燃焼するのもが多くなっています。

・数珠

お経を唱える際に左手にかけることがマナーとなっています。
ご自宅にある一重のものをそのままお使いいただくのが一番スムーズです。ただし冠婚葬祭用の物とは分けてご準備ください。

・お経本

お寺で唱えるお経が書かれています。お経は暗記の必要は全くありません。あくまで読み上げるものなので必ず持ち歩き広げて読みましょう。
フリガナが付いているので初めて読む時も安心です。

・納札(おさめふだ)

納札は日常生活で例えるのであれば名刺や名札のようなものであり、参拝者の願いを書く票田紙となります。せっかくお寺にお参りに行っても仏様に伝わらなければ意味がありません!そこでご準備していただくのがこの「納札」です。弊社ツアーでは初回参加時に進呈しております。

あるとよいもの

・白衣(はくい)

真っ白な気持ちでお参りする気持ちの表れであり、身を清める意味があり着用をします。袖無と袖付の2種類があります。オススメは袖無です。袖が無い分脱ぎ着がしやすい点が理由です。冬場のコートなど厚着の際に大変重宝します。
背中に背文字と呼ばれるものが印字されているものが多く、坂東三十三観音などの観音霊場の場合は「南無観世音菩薩(読み方:なむかんぜおんぼさつ)」と書かれたものをお使いください。
白衣は洋服の一番上に着ます。その下に着る服は何色でもOKです。
弊社ツアー参加者の着用率は3割ほどとなっております。

・輪袈裟(わげさ)

「わげさ」と読みますが、仏様の前に出る(立つ)、正装です。
僧侶の方は、黒い衣の上にけさを着ますが、われわれ一般人はわげさをして、お参りを致します。
重要度で言えば白衣よりも輪袈裟を着用するのが、重要です。

クラブツーリズムのツアーで行く魅力とは?

実際に巡礼に出るにあたり、個人で行くのとツアーに参加するので悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回はクラブツーリズムのツアーで行く魅力を紹介致します。

案内人同行でよりよいお参りに

弊社・東京出発の坂東観音めぐりでは、僧侶の案内人が同行いたします。個人では得られない知識を得たり、新しい考え方を発見したりと、よりよいお参りになるようサポート致します。

御朱印等は添乗員にお任せ!

同行添乗員が御朱印等の納経の手配を行います。お寺ではお参りに集中することが可能です。

個人のアクセスが難しいお寺もバスで楽々♪

坂東三十三観音には公共交通機関から離れているお寺が多くあったり、山の中のお寺があったりと個人ではアクセスが難しいお寺も多くあります。ツアーでは効率よくバスで巡るので、安心です。

ツアーのご紹介

クラブツーリズムでは2021年12月までの坂東三十三観音「丑年疫病退散祈願巡礼」を特別ツアーとしてご用意致しました!日帰りの全10回の行程で効率よく巡ります!
ツアー詳細は下記画像をクリック!

クラブツーリズムお参り・巡礼の旅(こころの旅)ページのご紹介

クラブツーリズムこころの旅ではクラブツーリズムでは「お参り・巡礼の旅」を始めて30年以上になります。
お参り専門添乗員や乗務員、現地霊場の公認先達や僧侶が同行し、安全・快適に配慮した効率的な行程でご案内します。はじめての方でも、おひとりでも、もちろん、宗派問わずご参加可能です。様々なお参り・巡礼旅をご用意しておりますので、是非ご覧ください。

お電話でのお問い合わせ

クラブツーリズム株式会社
カルチャー旅行センター
〒160-8303 東京都新宿区西新宿6-3-1 新宿アイランドウイング
TEL:03-5323-5588
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
      日曜・祝日 お休みとなります

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.