Virgin Galactic Holdings、Inc.(NYSE:SPCE)は、12月31日に終了した2021年第4四半期および通年の業績と事業の最新状況を発表しました。以下はプレスリリース一部の翻訳版となります。

ヴァージンギャラクティックの最高経営責任者であるマイケル・コルグレイザーは、次のようにコメントしました。 「私たちは2021年に多くの重要なマイルストーンを達成しました。これは、大規模な運航になるための重要な基盤を築きました。 先週より、一般向けに座席販売を開始し、新しいグローバル消費者ブランドを立ち上げました。当社が提供する独自体験への需要は引き続き強く、現在、拡大する顧客ベースに対応するために準備を進めています。

2021年第4四半期および通年のビジネスハイライト
•2022年第3四半期に、民間宇宙飛行士向けに450,000米ドルの新しい価格で販売を開始しました。
•新しいエンジニアリング、設計、および企業の本部を開設しました。この本部は、デルタクラスの宇宙船と次世代の母船の両方の研究開発と開発の主要なハブとして機能します。
•2021年7月、最初の完全有人宇宙飛行であるUnity 22を無事に完了しました。これは、キャビンと顧客体験の評価を含むテスト目標を達成しました。
•2021年6月、連邦航空局から完全な商用打ち上げライセンスの承認を受けました。これは、連邦航空局が顧客を宇宙に飛ばすために会社にライセンスを供与したのは初めてのことです。
•2021年5月、ニューメキシコ州スペースポートアメリカからの最初の宇宙飛行を無事に完了しました。これは、さまざまなテスト目的を達成し、収益を生み出す科学研究実験を実施しました。
•現在の艦隊の2機目の宇宙船、スペースシップIII(VSS Imagine)を公開しました。

2021年第4四半期の財務ハイライト
•2021年12月31日現在、現金、現金同等物、および市場性のある有価証券は約931百万ドルであり、現金ポジションは引き続き堅調です。これは、最近の資金調達を反映していません。
•GAAPの販売費および一般管理費は、2020年第4四半期の3,300万ドルに対し、4,000万ドルでした。非GAAPの販売費、一般管理費は、2020年第4四半期は2,100万ドルに対し、2,900万ドルでした。
•GAAPの研究開発費は2020年の第4四半期は4,100万ドルに対し、4,200万ドルでした。非GAAPの研究開発費は2020年の第4四半期の3800万ドルに対し、3,600万ドルでした。
•調整後EBITDAは、2020年の第4四半期の▲6000万ドルに対し、合計▲6500万ドルでした。
•純損失は、2020年第4四半期の1億400万ドルの純損失と比較して、8,100万ドルでした。

事業の最新状況
•2022年第4四半期(10~12月)には、民間宇宙飛行士の商用サービスの開始が予定されています。
•母船イブと宇宙船ユニティの艦隊強化プログラムは、2022年第3四半期に完了する予定です。この強化プログラムは、商用サービスにつながる車両の耐久性、信頼性、飛行速度の頻度を改善するように設計されています。
•2022年2月15日、一般向けチケット販売の開始を発表し、新しい消費者ブランドを立ち上げました。
•2022年2月8日、ブレア・リッチを社長および営業と顧客担当の最高業務責任者に任命したことを発表しました。
•デルタクラスの宇宙船のための新しい最終組立製造施設の設計と場所に関する計画が進行中です。
•次世代のマザーシップを製造するための優先サプライヤーとの交渉は最終段階を迎えています。
•2022年1月に、当社は転換社債の募集を完了し、その結果、総額4億2500万ドルの資金が得られました。これは、運転資金、一般管理上の問題、およびデルタクラスの宇宙船艦隊と次世代の母艦の開発を加速するための資本的支出に資金を提供するために使用されることが期待されています。

以上は、同社プレスリリースの一部を(株)クラブツーリズム・スペースツアーズが翻訳したものです。英語の全文は以下をご覧ください。

https://investors.virgingalactic.com/events-and-presentations/

This article is a sponsored article by
''.