みなさま、こんにちは!カナダ担当の荒井です。
今回は『恐竜ファンのあなたに贈る!カナダ・アルバータ州 恐竜ロマン旅』についてご紹介させていただきます。このツアーは、カナダ・アルバータ州にあります、世界三大恐竜博物館の1つであります「ロイヤルティレル古生物学博物館」や世界遺産・ダイナソー州立公園などを訪れる恐竜をテーマにしたツアーです。(世界三大恐竜博物館とは、福井県立恐竜博物館【日本・福井県】、自貢恐竜博物館【中国・四川省】、ロイヤル・ティレル古生物学博物館【カナダ・アルバータ州】)
2019年8月23日から6日間、実際にわたくしが添乗員としてお客様をご案内してまいりましたので、その時の様子や、現地の生の声をお伝えいたします!

1日目:成田空港を出発✈ カルガリー市内観光へ

日本からエア・カナダ利用にてカナダ・カルガリー国際空港へ。直行便利用で約10時間の空の旅です。カルガリー到着後、早速カルガリー市内観光へご案内!まずはヘリテージ公園歴史村へ。ヘリテージ公園歴史村は、カナダの昔の生活を再現した歴史博物館で、西部開拓時代の1860年代~1950年代の歴史について体験的に学ぶことができました!スタッフのみなさんは開拓当時の服装を身にまとっているため、まるでタイムスリップしたような気分になりました。

画像: ヘリテージ公園歴史村・エントランスの様子/弊社スタッフ 荒井撮影

ヘリテージ公園歴史村・エントランスの様子/弊社スタッフ 荒井撮影

画像: ヘリテージ公園歴史村・園内を周遊する蒸気機関車/弊社スタッフ 荒井撮影

ヘリテージ公園歴史村・園内を周遊する蒸気機関車/弊社スタッフ 荒井撮影

園内の建物の多くは実際に使用されていたものということで非常に驚きました。
世界的にみると歴史の浅いカナダですが、歴史を大切にする国民性が表れていると感じることができました。

画像: ヘリテージ公園歴史村・その時代のマンション/弊社スタッフ 荒井撮影

ヘリテージ公園歴史村・その時代のマンション/弊社スタッフ 荒井撮影

私が一番心惹かれたのはここ!ヴィンテージカーの展示エリア。エントランスをはいってすぐの建物に展示されています。

画像: ヘリテージ公園歴史村・ヴィンテージカーの展示エリア/弊社スタッフ 荒井撮影

ヘリテージ公園歴史村・ヴィンテージカーの展示エリア/弊社スタッフ 荒井撮影

次に訪れたのは、カナダ・オリンピックパーク。1988年冬季カルガリーオリンピックのスキージャンプ・フリースタイルスキー・ボブスレーなどの競技が開催された場所です。スキーのジャンプ台は現在、ジップラインとして使用されているようでスリル溢れる空中散歩を体験する
ことができるようです。今回は写真撮影のみとなりましたが、カルガリーオリンピックの歴史に触れることができました!

画像: オリンピックパーク/弊社スタッフ 荒井撮影

オリンピックパーク/弊社スタッフ 荒井撮影

画像: オリンピックパーク・1988年カルガリーオリンピックで実際に使用されたジャンプ台/弊社スタッフ 荒井撮影

オリンピックパーク・1988年カルガリーオリンピックで実際に使用されたジャンプ台/弊社スタッフ 荒井撮影

観光後はホテルへ!
ホテルはカルガリーの中心地にあるスーペリアクラス(※弊社基準)のホテルにらくらく4連泊♪
滞在中、お荷物をまとめる必要なくゆっくりとおくつろぎいただけました。
早めのホテル到着で、明日からの観光に備えてゆっくり疲れを癒していただきました!

2日目:ドラムヘラー観光

いよいよ本日から本格的な観光のスタートです。
カルガリーからバスで約1時間40分。カナダ・アルバータ州のドラムヘラーに向かいます。

画像: くまぶーと車窓の景色(カルガリー~ドラムヘラー間)/弊社スタッフ 荒井撮影

くまぶーと車窓の景色(カルガリー~ドラムヘラー間)/弊社スタッフ 荒井撮影

最初に訪れたのは、ドラムヘラーの玄関口にある「ホースシュー渓谷」。川の浸食によって形成された”バットランド”の地形を見渡すことができる絶景ポイントです。
まさに圧巻!!!!の景色です。言葉にできません。

画像: ホースシュー渓谷/弊社スタッフ 荒井撮影

ホースシュー渓谷/弊社スタッフ 荒井撮影

そして本日のメインポイント「ロイヤルティレル古生物学博物館」の見学。なんと滞在時間は4時間30分!現地オプショナルツアーだと平均約2時間ですが、今回は恐竜がテーマの旅!ゆっくり館内をご見学いただきました。館内の写真は公開して良いものなのか確認が取れていないため、心の中の思い出にしておこうと思いますが、クラブツーリズムのツアーだからこそゆっくり滞在できるのは魅力的です!
館内は各自見学!ご自身のペースでゆっくりご見学いただけます。
昼食は館内カフェテリアにて各自お召し上がりいただくため、お客様によっては館内の見学に夢中でお昼は食べなかったとおっしゃっていたお客様もいらっしゃいました。

画像: ロイヤルティレル古生物博物館/弊社スタッフ

ロイヤルティレル古生物博物館/弊社スタッフ

ロイヤルティレル古生物学博物館で満喫した後は、レッドディア川の上にかかるスリル万点の吊り橋「ローズデールの吊り橋」へ!

画像: ローズデール サスペンションブリッジ/弊社スタッフ

ローズデール サスペンションブリッジ/弊社スタッフ

吊り橋の上はこちら!下も横も川が丸見えです!もちろん揺れます。(笑)

画像: ローズデール サスペンションブリッジ/弊社スタッフ 荒井撮影

ローズデール サスペンションブリッジ/弊社スタッフ 荒井撮影

スマートフォンを落とさないように橋の上からパシャリ!
レッドディア川沿いのバットランドの地層がはっきりと見ることができます。
自然の偉大さを感じる場所です。

画像: ローズデール サスペンションブリッジからの景色/弊社スタッフ 荒井撮影

ローズデール サスペンションブリッジからの景色/弊社スタッフ 荒井撮影

最後に大地からつきでた巨大なキノコ状の砂岩の柱「フードゥー」
奇妙なキノコ状の柱が立ち並びます。

画像1: フードゥー/弊社スタッフ 荒井撮影

フードゥー/弊社スタッフ 荒井撮影

画像2: フードゥー/弊社スタッフ 荒井撮影

フードゥー/弊社スタッフ 荒井撮影

観光後、ホテルへ!
明日に備えてゆっくりお過ごしいただきました。

3日目:ダイナソー州立公園観光

本日はカルガリーからバスで約2時間30分。カナダ・アルバータ州の世界遺産・ダイナソー州立公園に向かいます。
こちらのダイナソー州立公園。なかなか個人的には訪れにくい場所です。普段は個人旅行を楽しまれているお客様からは「一度、来たかったけど個人ではなかなか、、、、」とのお声があるくらいです。都市部から距離があり公共交通機関はありません。また、現地オプショナルツアーもほとんどないため、個人的にくるのは非常に難しい場所です。
「ドラムヘラー観光+ダイナソー州立公園」という恐竜好きにはたまらない、まさにゴールデンコンビの観光が含まれているのは、とても嬉しいポイントという声をたくさんいただきました!
さて、最初に私たちを出迎えてくれたのは、大きなモニュメントとバットランドの絶景です!!
スケールの大きさと自然の造形美に感動しました!!

画像1: 世界遺産・ダイナソー州立公園/弊社スタッフ 荒井撮影

世界遺産・ダイナソー州立公園/弊社スタッフ 荒井撮影

画像2: 世界遺産・ダイナソー州立公園/弊社スタッフ 荒井撮影

世界遺産・ダイナソー州立公園/弊社スタッフ 荒井撮影

ビジターセンターにて園内専用バスに乗り換え、一般では入ることのできない「保護エリア」へ!

画像: 世界遺産・ダイナソー州立公園・公園内バス/弊社スタッフ 荒井撮影

世界遺産・ダイナソー州立公園・公園内バス/弊社スタッフ 荒井撮影

保護区内では、ダイナソー州立公園のスタッフ「Interpreter(自然解説員)」が恐竜や化石について解説をしてくれます。もちろん英語での解説ですが、現地の日本人ガイドが同行しておりますので安心です。みなさま興味深くお話を聞いている様子でした。
自然を保護しているエリアになりますのでまだまだ手付かずの大自然が広がっています!

画像: 世界遺産・ダイナソー州立公園・Interpreterと現地ガイド/弊社スタッフ 荒井撮影

世界遺産・ダイナソー州立公園・Interpreterと現地ガイド/弊社スタッフ 荒井撮影

画像3: 世界遺産・ダイナソー州立公園/弊社スタッフ 荒井撮影

世界遺産・ダイナソー州立公園/弊社スタッフ 荒井撮影

なんといってもこちら!!化石がありとあらゆるところにあるんです!!
まずはInterpreter(自然解説員)から化石と石の見分け方について説明を受けてから、実際に化石探しをしました!化石と石の見分け方は・・・・・・秘密です。(笑) ぜひ現地に足を運んで学んでみてください!

画像4: 世界遺産・ダイナソー州立公園/弊社スタッフ 荒井撮影

世界遺産・ダイナソー州立公園/弊社スタッフ 荒井撮影

わたくしも化石探しに参加させていただき見つけた化石はこちら!!
お客様の中には10種類以上の化石を見つけることができたかたもいらっしゃいました。
本物の化石です!!「まさに夢の時間」・「1日中いても楽しい」など、みなさま夢のようなお時間をお過ごしいただきました。

画像5: 世界遺産・ダイナソー州立公園/弊社スタッフ 荒井撮影

世界遺産・ダイナソー州立公園/弊社スタッフ 荒井撮影

4日目:カナディアンロッキー観光

本日はカルガリーからバスで約2時間。世界遺産・カナディアンロッキーにあるバンフ国立公園とヨーホー国立公園に向かいます。通常のツアーではカナディアンロッキーといえばカナダ西部の観光の王道コースですが、当ツアーではカナディアンロッキーの観光がおまけのようなもの?(笑) しかし、本日の観光も通常コースより各観光地の時間を長めにおとりしてゆったりと各地をご観光いただきました。
カナディアンロッキーといえば氷河湖、通称、宝石湖巡りです!!
それぞれの湖の色がことなりカナディアンロッキーの山々とのコントラストが最高です!
今回はゆったり行程なので、ご希望のお客様と一緒に湖畔をミニハイキング。
角度が変われば見える景色も変わり、それぞれで見る景色は思い出深いものになりました。

画像: ルイーズ湖/弊社スタッフ 荒井撮影

ルイーズ湖/弊社スタッフ 荒井撮影

画像: モレーン湖/弊社スタッフ 荒井撮影

モレーン湖/弊社スタッフ 荒井撮影

画像: モレーン湖・ハイキングコースにて/弊社スタッフ 荒井撮影

モレーン湖・ハイキングコースにて/弊社スタッフ 荒井撮影

今回、一番注目されたのがここ!ヨーホー国立公園「エメラルド湖」です。
通常ですとモレーン湖やルイーズ湖と比べると興味が薄い氷河湖ですが、今回は「化石」!
ここには「バージェス頁岩」の総本山バージェス山を眺めることができるスポット!

画像: ヨーホー国立公園・エメラルド湖/弊社スタッフ 荒井撮影

ヨーホー国立公園・エメラルド湖/弊社スタッフ 荒井撮影

ツアーの締めくくりは、世界遺産の街・バンフの街の散策!
カスケード山をバックに風情ある美しい街並みが広がっています。
みなさまツアーの思い出とともにお持ち帰りいただくお土産を購入されていました。
「時間が足りない~」という声をいただきましたが、今回のメインは『恐竜』ということでお許しいただきました。

画像: バンフの街/弊社スタッフ 荒井撮影

バンフの街/弊社スタッフ 荒井撮影

5日目:恐竜王国カナダでの興奮を思い出に帰国の途へ

ホテルからカルガリー国際空港までは約15分。カルガリー市内の中心地に位置するホテルだからこそ空港への利便性・市内観光への利便性の両方を兼ね備えております!朝はゆっくりホテルでお過ごしいただけました。お客様の中にはスーパーマーケットに最後のお買い物に行かれた方もいらっしゃいました。
恐竜王国カナダでの興奮冷めやまぬ思い出とともにカルガリー国際空港よりエア・カナダ利用にて日本へご帰国です。

6日目:成田空港到着

それぞれの思いを胸に、成田到着。
お天気にも恵まれて、恐竜だけでなく、大自然の魅力も満喫できた旅でした。
今回は16名様のご参加でしたが、夏休み期間ということもあり3名の小学生のお子様や、生粋の恐竜好きのおひとり参加の方まで幅広い方のご参加がありました。恐竜って、ロマンを感じますよね!その気持ちに年齢や性別はなく、実際、老若男女問わず、おひとり様も数名いらっしゃいました。

皆さま、ご参加ありがとうございました!
また来年もお待ちしています!

2020年も行きましょう!恐竜の世界へ!

今回のツアーを添乗させて頂くことですっかり恐竜に夢中になってしまったわたくし荒井は、帰国後すぐに来年度のツアー造成に取り掛かりました!お客様の生のお声や、自分自身が添乗することで見えてきた改善点等を反映しました!
●2020年はここが違う!
①季節ごとに出発日を設定しました!
お客様や現地ガイドさんと一緒にお話をしている中で、季節ごとのカナダの大自然を味わっていただくことも旅の醍醐味の1つと感じました!
7月 菜の花が一斉に色づく季節となり、車窓から一面に菜の花畑が広がります!
8月 お子様と一緒にひと夏の思い出作りに! 
9月 カナディアンロッキーの黄葉が見ごろ。恐竜+黄葉!一度に2つのカナダのポイントを訪れることができる、なんとも贅沢な旅をお楽しみください!
②ドラムヘラーの観光を充実!
ドラムヘラーでの自由散策のお時間と夕食を組み込みました!さらに、レッドディア川とバットランドの景色を一望できる「オークネイ展望台」にもご案内します!
③「バンフの街」の散策時間を延ばしました! 
世界遺産・バンフの街にて、約2時間半お楽しみください。(自由散策、自由夕食となります)

ビジネスクラスをご希望のお客様はこちら!

※エコノミークラス利用のツアーと共同催行となります

2020年出発のカナダツアーは他にもたくさん発表されています!

初めて行くカナダ、もう一度見るカナダ、冬、春、夏、赤毛のアンなどなど、数多くのツアーを取り揃えております!ぜひ覗いてみてくださいね!

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE
アメリカ・オセアニア旅行センター
【TEL】03-5323-6850
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜・祝日:9:15~13:00
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:30~17:00 (休業日:日曜・祝日)

This article is a sponsored article by
''.