『いつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。このブログでは、新型コロナウイルス (COVID-19)や抗議デモの現状を現地情報に基づきお届けいたします。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選定にお役立ていただけると幸いです。
画像1: きーぶー(クラブツーリズム公式キャラクター)

きーぶー(クラブツーリズム公式キャラクター)

ニュースやインターネット等で頻繁に報道されているニューヨーク。
現地の新型コロナの影響やデモなど、実際はどのような様子なのでしょうか?

【新型コロナウィルス感染状況・入国制限(更新日:11月16日)

【新型コロナウィルス感染状況】
<ニューヨーク州>現在までの感染者数
536,933名
<ニューヨーク市>現在までの感染者数
277,105名

【入国制限】
日本から米国へ渡航する方は入国から14日間の自己隔離措置を取っています。

【日本からの航空便】
日本〜ニューヨーク間を結ぶ直行便は、
一部の運休、減便、時間変更などの対応をしつつ運航中となります。

現地手配会社スタッフ

国内外関わらず、ニューヨーク州に到着する旅行者は14日間の自主隔離が求められていますが、①到着3日前以内にPCR検査を受け陰性であり、尚且つ到着後4日目に再度PCR検査を受け陰性であった者②エッセンシャルワーカー③24時間以内の空港内乗り継ぎ者④指定された州(ニューヨーク州、ニュージャージー州など)間の異動者

現在、感染が拡大する州から、ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州の3州への移動者に対して、14日間の隔離や罰金を科す勧告がなされております。
ニューヨーク州の感染・死者数は過去最低を記録し、低い数字に収まっているようですが、アメリカ西部・南部での第2波の流れなどもあり、まだまだ予断を許さない状況です。

現地の経済活動

ホテルや美術館・博物館・各観光場所の開始予定についてですが、
経済再開をするにあたり ニューヨーク州は、4つの産業別段階を設定しています。
(州内10箇所の各地域別)

産業別に、次の4段階に分けて再開していきます。
第1段階:建設業,製造業,卸売業,一部の小売業,農業,林業,水産業
第2段階:専門サービス,金融・保険業,小売業,事務職,不動産
第3段階:レストラン,飲食サービス,ホテル
第4段階:芸術,エンターテーメント,リクリエーション,教育

ニューヨーク市の経済活動ですが、7月6日からついに 第3段階が再開されました。
しかし、第3段階とは言え、レストランの屋内ダイニングはいまだ再開しておりません。
また、ブロードウェイミュージカルは、2021年1月3日まで公演中止が決定致しました。
現在、ニューヨーク州は全米で最もコロナ感染を抑えられているとされ、徐々に良い方向へ向かっている状況ではございますが、観光にご案内できる第4段階 が再開するには、 もう少し時間がかかりそうです。

抗議デモについて

全米各都市にて抗議デモ・行進が行われているのが現状で、世界的にも拡大しつつあります。
現地のニュース番組でも、新型コロナウィルスよりも、人種差別問題の報道が多くされているため抗議デモに拍車をかけているようです。ニューヨークではデモは行われていますが、以前のような大規模なものではなく、徐々に縮小されてきております。

街中の様子

まだニューヨークの特にマンハッタンでは、積極的な外出ができない状態は継続されてますので街の様子も随時、更新させていただきます。

ニューヨーク・ブライアントパークの様子/現地在住者撮影(6/19投稿)

写真はマンハッタン・タイムズスクエア近くにあるブライアントパークの様子です。
ソーシャルディスタンスを保ちながらピクニックなどを外出する人が出てきています。
現地でも決して密にならないようにグループ間の距離は保つように気を付けているようです。

画像: スターバックス/現地在住者撮影(6/24投稿) 店員さんだけでなく、フェイスシールドを付ける子供の姿も見受けられます。

スターバックス/現地在住者撮影(6/24投稿)

店員さんだけでなく、フェイスシールドを付ける子供の姿も見受けられます。
画像: タイムズスクエア付近のレストラン/現地在住者撮影(6/24投稿) 屋内での飲食はまだ出来ませんが、テラスでの飲食が許可されるようになりました。

タイムズスクエア付近のレストラン/現地在住者撮影(6/24投稿)

屋内での飲食はまだ出来ませんが、テラスでの飲食が許可されるようになりました。
画像: タイムズスクエア付近のバー/現地在住者撮影(6/24投稿) 「WE WILL BE BACK!(必ず戻ってくる!)」という前向きなメッセージが残されています。

タイムズスクエア付近のバー/現地在住者撮影(6/24投稿)

「WE WILL BE BACK!(必ず戻ってくる!)」という前向きなメッセージが残されています。

最近では交通量も増え、街中での人々の行き来も多くなってきました。
レストランでは、テイクアウトまたは屋外飲食のみのサービスですが、多くの人が路上に設置された限られた屋外スペースで飲食をしており、ストレス発散をしている光景が見受けられます。
ただ、人々が密になることで、再び感染者が急増してしまう可能性も懸念されております。

現在のニューヨークの様子を動画でご覧いただけます。(The Official Guide to New York提供)

そんな中でも・・・

このような状況の中でも、ニューヨークのエンターテイメント性は衰えません!
第4段階に該当するブロードウェイの劇場や美術館は、現在封鎖されておりますが、今だからこそ、インターネット上で映像の配信など、バーチャル体験が楽しめます。

今回は、ニューヨークのアッパーイーストサイドにある有名な美術館
「フリックコレクション」のバーチャル館内ツアーへ♪
フリックコレクション
(↑クリックしていただくとバーチャル館内ツアーを体験することができます。)

大きな美術館ではないのですが、世界に30数点しかないフェルメールの作品がなんと3点所蔵されていたり、また中庭の様子も非常に美しく建物自体も見ごたえがあります。

気になる方は、営業が再開したら、ぜひ現地に足を運んでみてください!

きーぶー(クラブツーリズム公式キャラクター)

以上、現地の情報などをお届けしました。
最新情報を随時更新していきますので、ぜひまた見に来てください★

7月7日現在、日本国外から帰国または入国した方は、厚生労働省からの通達により、最大14日間の自主隔離を求められています。
また、外務省の定める海外安全情報の危険度は、全ての国を対象としてレベル2以上に引き上げられております。クラブツーリズムでは、同危険度がレベル1に引き下げられた国(地域)において、ツアーを催行いたします。

アメリカ東海岸旅行・ツアー・観光

アメリカ・オセアニア旅行センター
【TEL】03-5323-6855
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜・祝日:9:15~13:00
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 (休業日:日曜・祝日)

※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細は下記よりご確認ください。

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

This article is a sponsored article by
''.