まだまだ海外旅行に行くには難しい状況が続いておりますが、『いつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。次のご旅行先として『メキシコ』をご検討いただいている皆様に、当記事を通して、現地最新情報をお届けしていきます。
現地情報が日々変わっておりますので、随時更新にてお知らせさせていただきます。

【メキシコ】新型コロナウイルス感染状況・入国制限(更新日:7月8日)

【感染状況】
メキシコ国内で268,008名が感染しています。

【入国制限】
外務省の感染症危険情報レベルにて、メキシコは引き続き「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されております。

【日本からの航空便】
日本~メキシコシティ間を結ぶ直行便については、ANAが8/1までの減便を発表し、通常週7便の運航から、火・木・金・土・日曜日の週5便の運航となっております。
アエロメヒコ航空につきましては、通常週7便運航であったところ、7/31までの運休を発表いたしました。(航空会社事情により変更の可能性もございます)

メキシコ連邦政府では、新感染症危険情報として全国を「赤色」「橙色」「黄色」「緑色」の信号情報で更新しております。最新の更新(7月6日~12日が適用対象期間)では、メキシコシティを含む4州が最高レベルの「赤色」から「橙色」に変更となっております。メキシコ全体では15州が「赤色」17州が「橙色」に指定されております。在メキシコ日本国大使館のホームページにて、いくつかの業種に関して信号の色別に活動再開指針が発表されております。詳細は下記をご参照ください。

オアハカ州を震源地とする地震について(更新日:6月24日)

現地時間6月23日、10時30分頃、オアハカ州を震源地として、マグニチュード7.5の地震が発生しました。オアハカ州では一部建物の倒壊や死傷者が出ております。

メキシコシティでも揺れは確認されたものの現時点では建物の倒壊など大きな被害は報告されておりません。メキシコシティでは、一時的にすべてのサービスが一旦停止されましたが、各ターミナルの安全が確認された後、営業を再開しております。

メキシコシティの現地情報

画像: メキシコシティ歴史地区(イメージ)

メキシコシティ歴史地区(イメージ)

首都メキシコシティは、日本との直行便が運航されている玄関口であり、中央広場(ソカロ)やメキシコ古代文明の集大成・人類学博物館、車を走らせればラテンアメリカ最大の都市国家遺跡である世界遺産・テオティワカン遺跡など、多くの観光スポットが集中するエリアです。

【メキシコシティ周辺の観光地の状況】(更新日:7月1日)】
テオティワカン遺跡 ・・・ 閉鎖中
国立人類学博物館 ・・・ 閉鎖中
メキシコ国立自治大学 ・・・ 閉鎖中
カテドラル(メキシコシティ歴史地区) ・・・ 閉鎖状況不明

メキシコシティの信号状態が橙に変わりましたが、現状では、各観光地は未だ閉鎖となっており、再開も未定となっています。

画像: 現地手配会社スタッフより

現地手配会社スタッフより

各遺跡については、信号が「黄色」か「緑色」にならない限り営業再開はしないようです。今後も調査して参ります。

多くのホテルは7月から営業再開ですが、レストランは引き続き閉鎖している場所も多いようです。

現地では送迎時のバスドライバーのマスク・眼鏡・フェイスガードの着用や、バス車内の消毒ジェルの設置、車内清掃・消毒の徹底など、再開後を見据えたコロナ対策への取り組みを進めております。クラブツーリズムでは現地と連携を取りながら今後も情報収集を進め、皆様を安全にご案内できる体制を整えてまいります。

カンクンの現地情報

画像: カンクンのビーチ(イメージ)

カンクンのビーチ(イメージ)

ユカタン半島の突端にある、カリブ海リゾート・カンクンは、大型のリゾートホテルが立ち並び、ショッピング、マリンアクティビティなども楽しめる人気のエリアとなっております。通常、ツアーでは、ここカンクンから世界遺産・チチェンイツァ遺跡などへご案内しています。

【カンクン周辺の観光地の状況】(更新日:6月12日)】
チチェンイツァ遺跡 ・・・ 閉鎖中
ウシュマル遺跡 ・・・ 閉鎖中

現地では、入口での体温計測、ハンドジェルの設置対策、機械でのチェックイン等、様々な対策を講じながら、いくつかのホテルが営業を再開し始めております。

ホテルの対応について~グランド・フェスタアメリカーナ・コーラルビーチ~
(ホテルスタッフ)
・出勤後、就業前に必ずシャワーを浴びることを義務化
・ アクリルボードで遮断されないスペースでの対人サービスを行うスタッフは全員フェイスシールドも着用
・ ユニフォームの洗濯はホテルが管理(これまで同様で変更なし)
(宿泊客)
・到着時に検温/手指消毒/靴裏の消毒
・スーツケースはベルボーイが拭き取り消毒
・滞在中、屋内のロビーやエレベーター等の共有スペースではマスク着用を義務化
 (マスクをしていない場合は、その場でマスクを提供)
(施設)
・レストランは席数を減らし、対人間隔を確保、ブッフェは全てアラカルトに変更
・SPAはアクセスに人数制限を設け、接触の限られるマッサージ7種のみを暫定的に提供
・部屋には毎日セーフティキットを用意:マスク1枚、消毒ジェル1本、除菌シート5枚/PAX
・宿泊客がエレベーターボタンを押さずに済むよう、専用スタッフを配置
(同時に宿泊客へ手指消毒ジェルの塗布をオファー)

画像: 現地ホテルグループ(Palace Resort – Japan)担当者より

現地ホテルグループ(Palace Resort – Japan)担当者より

これまでこの新型コロナウイルス (COVID-19) の防疫のために一時臨時休業しておりました弊社ホテルが、漸く営業再開に漕ぎつけました。Le Blanc Cancun および The Grand at Moon Palaceの2つのホテルが先ずは6月8日(月曜日)から営業を再開したのを皮切りに順次オープンして参ります。

営業再開後の最初のお客様をお出迎えした際に The Grand の全従業員が道路に整列してお客様を歓迎した時の歓迎式典 の模様が Facebook 並びにYoutube で配信されましたので、是非ご覧ください。

Facebook link:https://www.facebook.com/watch/?v=2694865874080359

Youtube link:https://youtu.be/5cfAwF8uBpU

現地スタッフからの便り

現地カンクンオフィスのスタッフより実際の現地の様子が写真とともにで届きましたので紹介させていただきます。

画像1: 現地スタッフからの便り

こちらは、カンクンにあるスーパーやレストランなどが立ち並ぶ繁華街の通りです。
以前はこの通りも人が多くいましあが、不要不急の外出制限が継続されているため
ほとんど人が歩いていない状況です。

現地のお土産屋さんになりますが、残念ならが以前のような賑わいは無く、ほとんど人が入っていない状況が続いております。

画像2: 現地スタッフからの便り

こちらは営業再開報告のあった「Le Blanc Cancun」のホテルビーチになります。
営業再開したものの、危険信号が赤の状態のためホテルは稼働率は25%未満に、
ビーチはアクセル禁止、またレストランはデリバリーが中心の状態となっております。

まだまだメキシコへのご旅行が積極的に出来る状況ではないのですが、
今後も、最新情報を随時更新していきますので、今後の参考にご覧いただければ幸いです。

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

アメリカ・オセアニア旅行センター
【TEL】03-5323-6880
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜・祝日:9:15~13:00
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 (休業日:日曜・祝日)

※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細は下記よりご確認ください。

This article is a sponsored article by
''.