『いつから旅行は解禁されるの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。                           
こちらの記事では、イギリスやアイスランド、ロシアなどの現地から仕入れたコロナ後の最新情報をお届け致します。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選定にお役立ていただけると幸いです。

イギリス

【11月19日更新】
■12月2日までイングランドでは外出規制措置が講じられている。
■レストラン営業状況…衛生・安全対策を講じ営業中。(イングランドではデリバリーを除き、再び閉鎖される箇所がある)
■観光地情報…事業者が政府、業界のCOVID-19ガイドラインを順守していることを示す”We’re Good To Go”が浸透し、多くの観光施設が基準に達している。
■その他…日本から入国した際の14日間の自主隔離義務は解除。イギリス到着時48時間以内に滞在情報の登録を義務付けられている。

アイルランド

【11月19日更新】
■レストラン営業状況…持ち帰りまたはデリバリーのみ。
■観光地情報…政府、業界のCOVID19ガイドラインを実施していることを示す"COVID-19 Safety Charter"が導入され、現在すでに多くの観光施設が基準に達している。
■その他…日本から入国した際、14日間の自主隔離義務がある。アイルランド到着前にCOVID-19 Passenger LocatorFormへの記入が義務付けられている。

ノルウェー

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…衛生・安全対策を講じ営業再開。ホテルは事前自動チェックインを推奨。レストランでは感染経路の追跡を目的とし、連絡先等の登録が必要。
■観光地情報…美術館・博物館など観光地は入場可能だが場所により1度に入場できる人数の制限あり。
■その他…滞在許可を持たない日本人の入国は不可

デンマーク

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…衛生・安全対策を講じ営業再開。22時以降アルコール販売は禁止。
■観光地情報…観光地は再開、これまでテロ対策のためマスクの着用は禁止されていたが、屋内の公共の場ではマスク着用が義務化されている。
■その他…日本からの入国は可能

スウェーデン

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…衛生・安全対策を講じ営業再開。感染者数の多い地域では小規模ホテルは閉鎖している。
■観光地情報…入場制限を設けて再開。
■その他…日本からの入国は可能

フィンランド

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…衛生・安全対策を講じ営業再開。ラップランドの小規模ホテルは閉鎖している箇所がある。
■観光地情報…概ね再開している。
■その他…日本からの入は可能

ロシア

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況
<ホテル>通常営業(利用者はマスク&手袋着用必須。部屋のアメニティの種類も制限。)
<レストラン>限定営業(屋内での営業を含めたレストラン再開・フードコト除く)
(利用者はマスク着用必須。テーブルの間隔は1.5mあける、アルコール消毒液の設置、オンラインメニューの用意といった感染対策あり。) 
■観光地情報
<美術館・博物館>
・入場グループは5~20人の人数限定がかかっている。
・スタッフはマスク&手袋着用。入場者はマスクの着用が求められる。アルコール消毒液の使用、
 1.5~2mのソーシャルディスタンスが求められる。
・自由見学は禁止。入場は30分毎、最大見学時間は2時間。

●クレムリン(武器庫)
・入場できるグループは10名まで。入場者はマスク&手袋着用必須。
営業時間:【テリトリー】10時~17時(金~水)
     【武器庫】 10時、12時、14時30分、16時30分の4回制(金~水)。見学は最大2時間まで。

●エルミタージュ美術館
・本館も新館も入場できるグループは5名まで。
・入場時間は各30分のタイムスロット制。見学は最大2時間まで。
・ルートは美術館側で決められており、2種類のみ。
営業時間:12時~21時(火~日)

●聖イサク寺院・血の上の教会
・入場できるグループは20人まで

●エカテリーナ宮殿
・見学ルートは通常2種類だが、現在は1種類のみ。

■その他…11月1日より観光目的での入国可能(入国72時間以内に取得したPCR検査陰性証明書が必要)。外出時はマスク・手袋の着用が義務付けられている。

アイスランド

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ソーシャルディスタンスの予防策を講じて再開。
■観光地情報…主要施設は通常営業中
■その他…5つの条件を満たせば入国・滞在可能(①個人データの登録 ②到着時のPCR検査 ③4~5日間の自主隔離 ④その後再度PCR検査 ⑤追跡アプリのダウンロード)

リトアニア

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ソーシャルディスタンスの予防策を講じて再開。
■観光地情報…主要施設は再開(一部、団体入場人数の制限あり)
■その他…入国前48時間以内に取得したPCR検査陰性署名書と国立保健センターへの登録をもって入国可能。入国後10日間は、人混みを避けるよう推奨されている。

ラトビア

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ソーシャルディスタンスの予防策を講じて再開。
■観光地情報…人数制限をかけ限定的に再開
■その他…日本からの入国制限は解除(2週間ごとに見直しあり)。人口10万人あたりの感染者数が50名を超える国からの入国者は、14日間の自己隔離が必要。

エストニア

【11月19日更新】
■ホテル・レストラン営業状況…ソーシャルディスタンスの予防策を講じて再開。
■観光地情報…主要施設は再開(一部、人数制限あり)タリンクシリヤラインは航路により状況が異なる。
■その他…日本からの入国制限は解除(ただし、直近14日間における人口10万人あたりの感染者数が15名未満である場合に限る)。

終わりに

クラブツーリズムでは、ヨーロッパ方面の現地情報を毎週国別に投稿いたします。
最新情報を随時更新していきますので、是非引き続きご覧ください。

11月19日現在、日本国外から帰国または入国した方は、厚生労働省からの通達により、最大14日間の自主隔離を求められています。(一部対象外あり)
また、外務省の定める海外安全情報の危険度は、全ての国を対象としてレベル2以上に引き上げられております。

ヨーロッパ旅行センター
【TEL】03-5323-6860
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6-3-1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30 日曜祝日:休業
【来店窓口営業時間】月曜~土曜 9:30~17:00 日曜祝日:休業
※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細はこちらよりご確認ください。

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.