『海外旅行はいつから再開するの?現地の最新状況は?』など新型コロナウィルスに関するお問い合わせを多くいただいております。こちらの記事では、フィンランド現地から仕入れた最新情報をたくさんの写真と共にお届け致します。まだまだ海外旅行は難しい時期が続きますが、日々変わっていく現地の情報を、次のご旅行選びにお役立ていただければ幸いです。 
画像: 【コロナ後現地状況・フィンランド】<11月6日更新>随時更新

クリスマス2ヶ月前の10月25日に、サンタクロースが、ロバニエミ市の事務所から「クリスマスは中止にならない」と世界中の子供達にエールを送ったことが話題となりましたね。今日の記事では、ロバニエミの現在の街中の様子もお伝えします。

フィンランドのコロナウイルス累計感染者数

<11月6日午後5時時点>

【感染者数】17,119名
【死亡者数】361名
【回復者数】12,700名

10月に入ってから1日あたりの感染者数が約100名〜200名で推移しており、感染が落ち着いていた夏場に比べ、現在は増加傾向と言えます。

フィンランドの入国規制 最新情報

11月6日現在、フィンランドでは日本からの渡航が認められています

入国制限のある国が多い中、フィンランドへは入国・滞在が可能です。しかしながら、日本政府は渡航中止を勧告しているため、ツアー再開は未だ出来ません

また、現在は日本からの入国者に対し、PCR検査は必要ありませんが、今後、陰性証明の提出が海外からの渡航者に対し検討されています。関係法律の改正などを経て、運用は11月23日以降となっており、制度の詳細(対象国など)は、情報が入り次第更新させていただきます。

航空会社の運行状況 最新情報

【フィンエアー(成田~ヘルシンキ間)】
成田~ヘルシンキ間:11月6日現在、週3便で運航

【日本航空(羽田〜ヘルシンキ間)】

羽田~ヘルシンキ間:11月6日現在、週3便で運航

フィンランドは「日本から一番近いヨーロッパ」と言われており、首都ヘルシンキまで直行便で行くことができます。海外旅行再開の際には、「何回飛行機に乗るか?」という事が、これまでとは違い旅行の選択肢の一つになる方もいると思います。

首都ヘルシンキ 最新状況(撮影11月初週)

ヘルシンキのシンボル ヘルシンキ大聖堂

©TUMLARE

ここからは10月の最終週から11月最初にかけて撮影した最新の現地写真を見ていきましょう。通常であれば、観光客と大型バスでいっぱいの元老院広場も静かです。このヘルシンキ大聖堂前でのクリスマスマーケットは12月5日から行われる予定です。

ストックマンデパート店内

©TUMLARE

さすがデザイン大国フィンランド・・!店舗設置の消毒液もスタイリッシュでデザイン性が高いですね。

アカデミア書店

©TUMLARE

続いてかもめ食堂のロケ地としても有名なアカデミア書店です。アクリル板、消毒液、ソーシャルディスタンス遵守のマークが設置されています。

トラム内の様子

©TUMLARE

市民の足トラムの中でも、手洗い・ソーシャルディスタンス・マスク着用の案内が流れています。

ヘルシンキ市内の本屋さん

©TUMLARE

店舗、スーパー、ホテル等サービス施設では、対人スペースでは写真のようにアクリル板が設置され、仕切られています。働くスタッフの方々もマスクを着用しています。

カンピショッピングセンターのエレベーター

©TUMLARE

エレベーター内にもソーシャルディスタンスのマークがあります。

エスプラナーディ通り

©TUMLARE

最後は目抜通りのエスプラナーディ通り、たくさんの観光客で賑わう場所ですが、現在は静かです。観光が再開してお買い物を楽しめる日が来ますように・・!もう少しするとクリスマスの煌びやかなライトアップが始まります。

サンタのいるロバニエミ 最新状況(10月最終週撮影)

続いてラップランドから、現地状況です。今年はオーロラがよく出現しているとの報告も!シンボルのろうそく橋も変わらない佇まいです。

ロバニエミのシンボル ろうそく橋

©TUMLARE

ローディースクエア

© TUMLARE

観光客で賑わうメインストリートも現在はこんなに静かです。
写真からも分かるように雪はまだ降っていません。時刻は14:30、間も無くラップランドは日が暮れてきます。クリスマス装飾はロバニエミもこれからですね!

ショッピングセンターレボントゥリ内 Lapponia Experience

© TUMLARE

フィンランドではマスク着用勧告が出ており、ショッピングセンター内でもしている方がほとんどです。

ショッピングセンターレボントゥリ内

© TUMLARE

各店舗のレジ前や通路の随所に、消毒液が設置されています。

ショッピングセンターレボントゥリ内

©TUMLARE

また、足元には「ソーシャルディスタンスを心がけてください」というシールなども貼ってあります。右のお店は日本人のお客様も良く行くお寿司ビュッフェのお店ですね。

例年より人は少ないですが、感染対策をしっかりと行いながら、フィンランドは日常を取り戻している様子が分かります。

動画で北欧の雰囲気を楽しむ♪

創業48年の北欧手配のエキスパート、ツムラーレコーポレーションさんのチャンネルです。
現地情報だけでなく、プロだからこそ知っている北欧の魅力的な観光地・習慣なども知れる、見ているだけでワクワクする動画がたくさん!

画像: 【北欧】フィンランド / ベリーピッキング www.youtube.com

【北欧】フィンランド / ベリーピッキング

www.youtube.com

クラブツーリズムのお客様専用ページを開設!お家時間を楽しむ北欧雑貨のお買い物♪

ギフトショップ「Nordis(ノルディス)」は、 ヘルシンキ中心部、オリジナル・ソコス・プレジデンティホテル1階に位置する30年以上の歴史ある、大人気のお土産物屋さんです。日本人オーナー氏家(うじいえ)さん厳選の商品ラインナップは、どれも欲しくなるものばかり!

クラブツーリズムのお客様の嗜好に合わせ、専用のショッピングサイトをご用意いただきました。現在、フィンランドヘ旅することは出来ませんが、心癒され、元気になれる北欧雑貨のお買い物で、少しでも旅気分を味わってみませんか?

まとめ

以上、ここまでフィンランドの最新情報をお知らせしました。

・他のヨーロッパ諸国と比較すると、感染者数の爆発は抑えられているものの、感染者は増加傾向にある。

・観光地、街中の店舗、ホテル、ショッピングセンター等は感染対策がしっかりされている。また、クリスマスマーケットで有名なドイツでは地域により開催中止が決まっているが、フィンランドは首都ヘルシンキで実施される予定。

・11月6日現在、日本からフィンランドの渡航は可能だが、現実的な旅行再開まではまだ時間がかかる。

クラブツーリズムで行く北欧ツアー

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.