皆様、こんにちは!クラブツーリズムの海外担当です。『花咲くワールド』というテーマで、海外のその月に見頃を迎えるお花や、開催される花フェスティバルなどをご紹介する「花カレンダー2021」をお届けいたします。
「花カレンダー2021」をご覧いただき、「旬」に囲まれる和やかな1年をお過ごしいただければ幸いでございます。どうぞ、お楽しみください。

**更新情報(2021.8.27記)**

**西オーストラリアのワイルドフラワーシーズンである9~10月に、当記事にもご協力いただきました花スペシャリストの今日子さんに教えていただく「ワイルドフラワーオンラインツアー(講座)」の販売を開始し、催行決定いたしました!
「基本編(9/18(土)14:00~)」「より詳しく編(10/2(土)14:00~)」の全2回のシリーズです。詳細はこちらをご覧ください!下の記事もぜひお読みいただき、皆様のお申込みお待ちしております☆**

今回の舞台はオーストラリア… これ花なの??

「花カレンダー2021」1月の2回目は、「ユニークなフォルムがなんとも気になる!オーストラリアの花バンクシア」をお届けします。自然豊かなオーストラリアの中でも、左側の西オーストラリアには、珍しい花が多種咲き乱れる『ワイルドフラワーの宝庫』と言われています。

画像: クラブツーリズムHPより

クラブツーリズムHPより

ワイルドフラワー観光の玄関口「パース」ってどんなところ?

画像: キングスパークから望むパースの街並み(イメージ)

キングスパークから望むパースの街並み(イメージ)

オーストラリア第4の都市で、西オーストラリア州の州都晴天率が高く、治安が良くて清潔で空気もきれい。夏はカラリと爽やか。青い空・緑の公園が広がる美しい街で、豊かな自然が人々を和ませます。また、周辺の豊かな大自然がもたらす美味しい食事にワインも楽しめる素敵な町です。

ワイルドフラワーって?

画像: ワイルドフラワー(イメージ)©オーストラリア政府観光局

ワイルドフラワー(イメージ)©オーストラリア政府観光局

「ワイルドフラワー」とは『自生する野生の花々』の総称です。可憐な花を咲かせるもの、趣あふれるユニークな形をしたもの、群生してフラワーカーペットのように一面を染め上げるもの等、西オーストラリアでは12,000種ものワイルドフラワーが確認され、西オーストラリア州南西部の80%の植物は、現地でしか見ることができない固有種です。場所や時期、その年の降水量や天候状況により大きく影響されることから、今年は見られても次はいつ見られるか分からない希少な花も存在し、いつ訪れても新しい発見があるのもとても魅力です。特に多くの花が咲き誇る春になると、大地を彩る華やかなワイルドフラワーを観賞しようと世界中から多くの観光客が訪れます。

ワイルドフラワーを観に行くツアーも!

弊社では、特に花好きのお客様に、例年8〜9月頃「パースへワイルドフラワーを観に行くツアー」が大変人気です。特に2019年にANAが成田⇄パース線の直行便の就航を始めてからは更に気軽に行けるようになり注目度もとても高くなっておりました。(それまではシドニー等で乗り継いで行かなければならず乗り継ぎ時間を含めると20時間ほどかかっておりました。(シドニーからパースの国内線はなんと5時間、広い国ですね)直行便ですとたったの10時間で楽々と行けるようになり、私たちもとても嬉しかったのですが…)その直後のコロナ禍で、弊社のオーストラリアツアーは昨年の3月半ば以降中止に、そして現在ANA便も運休中…。

画像1: ~更新情報有~ 花カレンダー2021<1月2回目>
『ユニークなフォルムが気になる多彩なバンクシア/オーストラリア』
【好奇心で旅する海外】<花咲くワールド>

オーストラリアのワイルドフラワーずっと観に行きたくて、せっかくANAの直行便も飛ぶようになったし、去年の9月にツアーを申し込んでたのにコロナで中止になってしまって本当に残念だったわ。落ち着いたら、次こそ絶対に行きたい!

画像: ワイルドフラワーフェスティバル(弊社スタッフ撮影)

ワイルドフラワーフェスティバル(弊社スタッフ撮影)

画像: ワイルドフラワーフェスティバル(イメージ)©オーストラリア政府観光局

ワイルドフラワーフェスティバル(イメージ)©オーストラリア政府観光局

ちなみに、例年9月の1ヶ月間は、パース市内の大きな公園「キングスパーク」では、「ワイルドフラワーフェスティバル」が開催され、自生する花から植樹された花まで、ユニークなワイルドフラワーが集結する華やかな花の祭典があります。

花スペシャリストのオークリー今日子さん

当記事では、西オーストラリア在住の「花のスペシャリスト!オークリー今日子さん」に全面的にご協力いただき、沢山種類があるバンクシアの中から厳選したバンクシア のご紹介をしたいと思います。今日子さんは、オーストラリアで人気の植物約300種を、5年以上かけてこだわり抜いてまとめた花図鑑ガイドブック「ワイルドフラワー 西オーストラリア」を出版されていらっしゃり、その中から抜粋しご紹介させていただきます。

画像: ガイドブックの著者 オークリー今日子さん

ガイドブックの著者 オークリー今日子さん

[プロフィール]日本の短期大学で教鞭を取った後、非営利団体にて教育事業に携わる。その後渡豪し、パースの旅行会社に勤務。ワイルドフラワーに特に興味を持ち、ガイドとして20年以上案内するかたわら、植物の知識を深めワイルドフラワーの研究を続けている。

ワイルドフラワーとの出会いはまるで宝探しをしているようで、いつ行ってもワクワクします!未だに出会えていない憧れの花も。西オーストラリアの美しい花たちを、多くの日本の方たちに正確な情報でお伝えしたく、本書を作り上げました!ぜひいつか、見に来てください。」(今日子さん)

【御礼】
今日子さんには、当記事の画像・情報を提供いただきました!ありがとうございます♡

画像2: ~更新情報有~ 花カレンダー2021<1月2回目>
『ユニークなフォルムが気になる多彩なバンクシア/オーストラリア』
【好奇心で旅する海外】<花咲くワールド>
画像: 「ワイルドフラワー」 著者オークリー今日子さん ガイドブック内(イメージ) ※全93ページオールカラーで写真はどれも美しく、解説もとてもわかりやすいです

「ワイルドフラワー」 著者オークリー今日子さん
ガイドブック内(イメージ)

※全93ページオールカラーで写真はどれも美しく、解説もとてもわかりやすいです

フォルムがユニークで気になる花「バンクシア」

オーストラリアを代表する植物のひとつ約200種あり、そのほとんどがオーストラリアに分布し、多くが西オーストラリア南西部に偏在しています。
●バンクシア属・ヤマモガシ科
●低木から30mの高さになる高木まで様々
バンクシアは、南アフリカ原産のプロテアの仲間です。これは、かつてアフリカ大陸とオーストラリア大陸が陸続きであった証拠で、その後、オーストラリア大陸は分離し、植生が独自の進化を遂げたのです。

ユニークな筒状の花は、なんとも個性的な表情を持ちフラワースパイク(花穂)と呼ばれます。小さな沢山の花で花序をつくり、全体の形は球形や円錐、円筒状となリます。蕾ができてから開花するまでに数カ月かかるので、その過程が楽しみな花です。花後はフラワースパイク(花穂)に果実ができますが、果実は非常に硬く、多くの種は山火事に遭って果実がはじけ種子が飛び発芽します。

画像3: ~更新情報有~ 花カレンダー2021<1月2回目>
『ユニークなフォルムが気になる多彩なバンクシア/オーストラリア』
【好奇心で旅する海外】<花咲くワールド>

昨年、長く続き多くの野生動物の命が犠牲となったオーストラリア東部の山火事は、日本でも報道されましたが、このように植物によっては「山火事により発芽する」ものも多く、「山火事の後に誕生する新たな植生は動物にとって貴重な食物供給源」でもあり、山火事が重要な役割を果たし、それがあってこそ自然界がうまく循環しているとも言えるのです。でもやっぱり、動物たちのことを想うと、いたたまれないですね…

何千もの花をつけて大きな円筒状のバンクシアは大量に蜜を生産するので、蜜を食料とする鳥類や昆虫類等の重要な食料となっています。西オーストラリア州南西部の先住民は花を水に浸してその甘い汁を吸ったりしていたそうです。

画像: スレンダー・バンクシア /手前:花が咲き虫が蜜を吸っている様子 奥:花が咲く前の様子(弊社スタッフ撮影)

スレンダー・バンクシア /手前:花が咲き虫が蜜を吸っている様子 奥:花が咲く前の様子(弊社スタッフ撮影)

大きくて見栄えのするバンクシアはオーストラリアで人気の庭木です。それほど高木にならず蜜が多い為に鳥などの動物を引きつけるからです。

ちなみに、バンクシアという名前は、1770年に海洋探検家ジェームズ・クックの最初の航海中に、この植物を採集したイギリスの植物学者ジョゼフ・バンクス卿にちなんで付けられました。

いち早く咲き始める「エイコーン・バンクシア」

「オーストラリアのワイルドフラワーは8〜9月!(現地の春)」が一般的ではありますが、実は早くも咲き始めるワイルドフラワーもあるんです。その中のひとつがバンクシア
ちょうどまもなく… 1月下旬〜2月に入る辺り、他に比べていち早く咲き始める「エイコーン・バンクシア 」からご紹介します。

画像1: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

パース近郊の人気観光地ピナクルズ周辺に咲く花で、満開になるのは2〜3月です。
その頃になると、パースの街中でもよく見かけます。配色もとてもきれいです✨

その他にも多数あります、ほんの一部をご紹介!

画像2: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

フッカーズ・バンクシア

上の「エイコーン・バンクシア 」に似ているが、比べると花全体がふっくらしていて葉は細い。

画像3: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

スカーレット・バンクシア

西オーストラリアの南部で見られる花です。
この紅白の配色が人気で、切り花でよく販売されています。
キングスパークでも咲かせているので、遠方に出かけなくても見ることができます。

画像4: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

テニスボール・バンクシア

テニスボールにそっくりでユニークな花。
パースより東方に咲く花ですが、こちらもキングスパークで咲かせています。

画像5: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

画像6: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

ファイヤーウッド・バンクシア

左画像が花、咲き始めは赤でやがて金色に変わります。右画像は果実が付いている様子(白っぽく見えるのが果実、その中に種子が入っている)。果実は人間は食せません。なんともユニークです。

画像7: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

プロストレイト・バンクシア

プロストレイトは、匍匐(ほふく)の意味。茎が伸びて地面をはう。
西オーストラリアの南部で見られます。

画像8: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

パロット・ブッシュ

パロット(インコ)が蜜や種子を好んで食べる、パース近郊の観光地ピナクルズ周辺でよく見られる植物。
画像左側は開花した様子、右側は開花前の様子。
よく「ヒイラギの葉に似てる」と言われます。

画像9: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

画像10: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

バンクシアとミツスイ

バンクシアは蜜を多くもち、ミツスイと呼ばれる鳥などをひきつけます。 これら媒体がとまってくれると、受粉され果実ができます。 鳥を媒体とする受粉は北半球では珍しく、それに適した形の動植物が南半球に多く存在します。

バンクシア が、観光客に人気の OOO に?

バンクシアの木材は、乾燥のときにひどく変形するのであまり使われる事はありませんが、 松ぼっくりのような果実の集合体は、「輪切りにしてコースターとして」「キャンドルホルダーやアロマポットとして」海外からの観光客に人気のお土産物になっています。ひとつひとつ色形が異なる天然ものなので、お気に入りを探すのも楽しい!インテリアにも素敵ですね。

画像11: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

画像12: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

画像13: ©️Oakley Kyoko

©️Oakley Kyoko

※このような工芸品の他、「松ぼっくりのような形の花」と、バンクシア はドライフラワー好きな方にもとても人気があります!

画像4: ~更新情報有~ 花カレンダー2021<1月2回目>
『ユニークなフォルムが気になる多彩なバンクシア/オーストラリア』
【好奇心で旅する海外】<花咲くワールド>

「これこれ!この「アロマポット」お土産でもらったことある。それで「これは何?」と聞いたのが、オーストラリアのワイルドフラワーに興味を持ったきっかけ。上の小さなキャップを外しそこにアロマオイルを垂らすと、穴から香りが優しく広がる優れものなのよ♡」

 

前線が南下してゆくワイルドフラワー街道

日本とは季節が逆になるオーストラリアでは、春の訪れは早いところで7月頃です。西オーストラリア州北部では7月上旬から花々が咲き乱れるシーズンに突入し、花の種類にもよりますが、ワイルドフラワー前線は12月中旬にかけて徐々に南下していいます。(まるで「北上して行く日本の桜前線」のよう。)観光で訪れる国立公園や移動途中の道端等、様々な場所で長期間にわたって、可憐で野性味あふれる花々の共演が楽しめます。

画像: クラブツーリズムHPより ※見頃は花の種類にもより異なります

クラブツーリズムHPより ※見頃は花の種類にもより異なります

【おまけ】春に見られる、特に人気のある花も一部ご紹介!

画像: リースレシュノールティア (通称リースフラワー) ©️Oakley Kyoko 一部の限られた地域でしか見られず、出会えたらラッキー!「幻の花」とも言われている。リースの形を自然につくるかわいらしい花。

リースレシュノールティア(通称リースフラワー) ©️Oakley Kyoko

一部の限られた地域でしか見られず、出会えたらラッキー!「幻の花」とも言われている。リースの形を自然につくるかわいらしい花。
画像: サザンクロス ©️Oakley Kyoko サザンクロスとは南十字星(南十字座)のこと。本種は南部で見られるサザンクロスですが、キングスパークでも咲かせています。

サザンクロス ©️Oakley Kyoko

サザンクロスとは南十字星(南十字座)のこと。本種は南部で見られるサザンクロスですが、キングスパークでも咲かせています。
画像: スターツ・デザート・ピー ©️Oakley Kyoko 日本の旅行者が行く範囲内ではなかなか野生では見ることができないのですが、キングスパークでも咲かせています。 とてもユニークな形をしているので、人目を引きます。

スターツ・デザート・ピー ©️Oakley Kyoko

日本の旅行者が行く範囲内ではなかなか野生では見ることができないのですが、キングスパークでも咲かせています。
とてもユニークな形をしているので、人目を引きます。

ボアブ(通称バオバブ) ©️Oakley Kyoko

まるで絵本の世界!西オーストラリア北部に自生しており幹に多くの水を蓄え乾季には葉を落とし休眠します。
画像: 【おまけ】ゴールデン・ワトル ©️Oakley Kyoko 西オーストラリアのワイルドフラワー(在来種)ではありませんが、オーストラリアの国花です。

【おまけ】ゴールデン・ワトル ©️Oakley Kyoko

西オーストラリアのワイルドフラワー(在来種)ではありませんが、オーストラリアの国花です。
画像: マングレス・カンガルーポー ©️Oakley Kyoko カンガルーの前足に似ていることから、名付けられました。別名レッドアンドグリーン・カンガルーポー。西オーストラリア州の州花。

マングレス・カンガルーポー ©️Oakley Kyoko

カンガルーの前足に似ていることから、名付けられました。別名レッドアンドグリーン・カンガルーポー。西オーストラリア州の州花。

おわりに

「花カレンダー2021」の2回目のブログとして、オーストラリアの「バンクシア」をご紹介いたしました。お花が大好きな皆様に、ユニークな固有の花々が見られる西オーストラリアへのツアーに、ご案内できる日が早く来ますように…。
8〜9月頃見頃を迎える沢山のワイルドフラワーは、またその頃ご紹介したいと思っております! それでは、次回の「旬のお花」もお楽しみください♪

【オーストラリア】おすすめ観光地・『ワイルドフラワー特集』もご覧ください

【好奇心で旅する海外】 テーマシリーズ公開中!

<花カレンダー2021> はじめから読みたい方はコチラ ↓

<芸術百華>
『イタリア芸術』
<歴史の時間>
『え~?これも三国志?!』
『謎多きエジプト大解剖!』
<世界遺産浪漫> 
『世界遺産〇〇5選』
<船旅チャンネル> 
『欧羅巴リバークルーズ』
<癒しの空間> 
『世界の風呂でととのう』

クラブツーリズムから旅に関する最新情報をお届け

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーから厳選した、人気ツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員登録をお願い致します。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

ーTwitter始めました!海外旅行の最新情報を配信します♪

この度、海外旅行の最新情報を配信するクラブツーリズムの公式Twitterアカウントを始めました!
コロナ禍の海外現地情報や海外旅行の最新情報、観光地情報に加え、海外ツアー販売開始の際にはいち早くツアー発表をTwitterで配信していく予定です!
ぜひフォローをお願いします。
最新!海外旅行情報お届け飛行機byクラブツーリズム 

フォローはこちらから → https://twitter.com/ct_kaigai

クラブツーリズム海外(オーストラリア担当)お問い合わせ先

当記事のご感想をお寄せいただける方は…
【メール】america.yoyaku@club-tourism.co.jp
【TEL】03-5323-6855
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜祝日:休業
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:30~17:00 日曜祝日:休業
※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細はこちらよりご確認ください。

This article is a sponsored article by
''.