「4月下旬にオーロラ !?」と思われるかもしれません。
「オーロラ=真冬の寒い時期に見られる現象」と言うイメージをお持ちの方も多いと思いますが、4月のイエローナイフは晴天率が高くなる為、オーロラ観賞をするにはもってこいの季節!
普段カナダの企画担当をしている私伊藤が、2019年4月25日より『イエローナイフのオーロラと桜咲くバンクーバー7日間』の添乗に行かせていただき、「4月はオーロラ観測に最も適したシーズンかもしれない。オーロラを見るなら4月が狙い目だ!」という事を身を持って体感してきましたので、そのときの様子を写真を交えながら皆様にご紹介させていただきます。写真がうまくないのも、リアルなレポートとしてお楽しみ頂ければ幸いです。
結論から申し上げますと…3日3晩高いレベルのオーロラが見られました!!

1日目:4月25日 いざカナダへ!

成田空港より、バンクーバー経由でイエローナイフへ。夕方の到着。飛行機を降りると気温は2度。日本から着てきたダウンジャケットで充分な気温!

画像: イエローナイフ空港

イエローナイフ空港

イエローナイフの空港からホテルまでは車で10分程。この片道だけで街の全貌を把握できるくらいコンパクトなつくりも、この街の魅力です。ホテルから徒歩2~3分のところには大型スーパーがあり、皆様夕食や滞在中の軽食をお買い求めいただいていました。

画像: スーパー内

スーパー内

夜23時。いよいよオーロラ鑑賞へ!ツアーで無料貸出の「防寒具」を身に纏い出発です。
オーロラ観測専用の施設では暖かい部屋で暖をとりながらオーロラを待つのもよし、外に出て満天の星を眺めながら待つのもよし(4月だと防寒具を着ていれば外も苦ではありませんよ!)、思い思いのオーロラ待ち時間を過ごすことができます。温かいスープや伝統的なパン「バノック」の振る舞いもオーロラツアーの愉しみ。
1時頃。観測施設の真上にオーロラが出始めました!初日からオーロラ!ツアー参加の皆様から歓声があがります!この日はレベル3。肉眼でもしっかり確認できるオーロラが観測できました!美しい!
オーロラのレベルについて少し触れさせていただきます。オーロラには5段階のレベルがあります。
(オーロラレベル)
レベル1・・・オーロラが観測できない
レベル2・・・オーロラが停滞していて、鮮明ではないが確認できる
レベル3・・・オーロラが誰にでも見れて、多少の動きも確認できる
レベル4・・・明るく鮮明なオーロラが見え、動きのあるオーロラが観測できる
レベル5・・・オーロラ爆発観測日
この日見れたのは、真ん中のレベル3。

画像: 1日目:4月25日 いざカナダへ!

3時30分頃ホテル到着。
長い1日をオーロラとの出会いで締め、翌日お昼までゆっくり就寝です。

2日目:4月26日 イエローナイフ滞在

ゆっくり起床。12時にブランチを済ませ、午後はイエローナイフ市内観光へ。

画像: イエローナイフ市内

イエローナイフ市内

州議事堂内部には北国らしい敷物が…。

画像: 州議事堂

州議事堂

夕食後、2度目のオーロラ観賞は昨日とは違う観測地へ。観賞施設内部はこんな感じでした。

画像: オーロラ観賞施設内

オーロラ観賞施設内

着くとすでにうっすらとオーロラがかかっていて期待大!!この日も1時頃にオーロラが動きはじめ、皆様がキャビンから出てくると頭上をオーロラのカーテンが揺れ動きだしました!
「オーロラ爆発!」あまりのオーロラの動きにカメラを置き、ただただ自身の目でご覧になる方がほとんど。頑張って撮影したのがこちら。このピンボケは私の腕の問題もありますが、それ以上にオーロラが激しく動いてる何よりの証拠!爆発すればするほど、このような写真になってしまうのです!オーロラの躍動がおわかり頂けますでしょうか。このような場合は目に焼き付けるのが1番ですね!

画像: 2日目:4月26日 イエローナイフ滞在

2日目はレベル5。爆発し躍動するオーロラに大興奮の1日でした。

3日目:4月27日 犬ぞり体験!

今日もゆっくり起床。この日お昼に食べたのはバイソンバーガー。想像以上に美味しいです!

画像: バイソンバーガー

バイソンバーガー

そして午後からは犬ぞり訓練体験へ!バギーに乗車し、アラスカン・ハスキー達の先導で雪道を疾走します。極北地域の伝統的な文化犬ぞり。貴重な文化体験を愉しまれました。(冬季は凍った湖の上をソリを引いて走ります)今回は特別に犬舎にもお邪魔させて頂きました。

画像: 犬ぞり

犬ぞり

画像: 犬舎

犬舎

夜は3度目最後のオーロラ観測へ!なんとこの日もレベル4。強いオーロラが見られました!もうこの日は目に焼き付ける事に専念しました。
3日で3度、観測率100%!!さすがはオーロラの聖地イエローナイフ。さすがは晴天率の高い4月。平成の最後をしめくくるのに相応しいオーロラ観賞に、お客様も私も大満足の3夜でした。

4日目:4月28日 バンクーバーへ

ゆっくり起床し、エア・カナダ国内線でバンクーバーへ。バンクーバーのホテルは「GECグランビル」。ダウンタウンにありコンビニ、スーパー、レストラン街徒歩圏内のホテルなので皆様思い思いの散策を楽しまれました。

5日目:4月29日 ビクトリア観光

快晴の中、フェリーに乗船しブリティッシュコロンビア州の州都「ビクトリア」へ。

画像: ビクトリアに向かうフェリー

ビクトリアに向かうフェリー

英国調の街並みといたるところに設置されたフラワーバスケットの色彩が調和した美しい街を終日たっぷり観光しました。なかでもハイライトはブッチャートガーデン。春の陽気のなかで花々が咲き乱れ「サクラ」もまだしっかり残っていました!

画像1: ブッチャートガーデン

ブッチャートガーデン

画像2: ブッチャートガーデン

ブッチャートガーデン

画像3: ブッチャートガーデン

ブッチャートガーデン

数日前まで防寒着を身に纏いオーロラを見上げていたのに、飛行機で数時間の場所ではすっかり春。国土が大きいカナダならではの“4月の過ごし方”を実感!

6日目:4月30日 いよいよ帰国 平成最終日!

最終日のこの日はお昼過ぎの国際線のため、午前中に、市民の憩いの場『スタンレーパーク』や、マーケットや個性豊かな店が並ぶ『グランビルアイランド』といった、バンクーバーのみどころを観光してまわりました。
日本はゴールデンウィークだというのに、街中もサクラがいたるところに残っていました。
春めくバンクーバーの街に後ろ髪を引かれながら帰国の途へつきます。

7日目:5月1日 令和初日!

成田空港到着!ご参加ありがとうございました!
たくさんの思い出を胸にお気をつけてご帰宅ください。

★ご参加頂いたお客様の声★

「正直4月で3日連続オーロラが見られるとは思っていなかっただけに、感動!」 60代男性
「観光したものすべてに満足、eTAの期限までにまたカナダに行こう、そう思える旅でした」40代女性
「オーロラの色の強さ、動き方、出現している時間の長さ、ヨーロッパで見てきたオーロラをすべて上回りました」 女性

当ツアーの企画者として身に余るお言葉です。

企画者として振り返る・・・

カナダが誇る「オーロラ」「都市」「花」を快適な気候の中でめぐった1週間。
「ご参加の皆様にいい体験をしていただけた」と心から思えた1週間。
添乗員として、企画担当として、お客様の人生の素晴らしい思い出の一部になれた事をとても誇れる1週間。とても実りある時間を過ごすことができました。
4月のオーロラ、おすすめです!
この思いを形にするべく、帰国後早速、来年2020年4月の春オーロラツアーを発表致しました!
ぜひぜひ覗いてみてください。
必ずご案内しなくてはいけないことなので記載させていただきますと、「オーロラ、サクラは自然現象の為、ご覧いただけない場合もございます。予めご了承ください。」
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

カナダは魅力が盛りだくさん!初夏、紅葉、オーロラ…迷ったらカナダ特集へ

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE
アメリカ・オセアニア旅行センター
【TEL】03-5323-6850
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜・祝日:9:15~13:00
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 (休業日:日曜・祝日)

This article is a sponsored article by
''.