YAMA LIFE CAMPUSとは?

YAMA LIFE CAMPUS は、皆様に今よりもっと自由に、山を愉しんでいただきたいとの想いから、登山アプリ「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップとクラブツーリズムがコラボレーションして生まれた、登山ステップアップスクールです。

いわゆるコロナ禍という状況ではありますが、山に行けることの喜びや充実感を最大化させるために、実地講習の前後でオンライン講座を行いながら、講師や仲間と共に考え、共に学ぶ 3 ヶ月間のプログラムとなっています。

登山スキルや安全知識を身につけることで、諦めていた憧れの山を目指せるようになる。
新しい視点を学ぶことで、ピークハントだけではない山の魅力に気づけるようになる。
山好きの仲間ができることで、一緒に山での時間を過ごし目標や思い出を共有できるようになる。

YAMA LIFE CAMPUSを卒業した先に、みなさんの充実した山ライフが広がっていくことを願っています。

画像: YAMA LIFE CAMPUSとは?

YAMA LIFE CAMPUSの特徴

画像: YAMA LIFE CAMPUSの特徴
  • 講師は山のエキスパート

各分野の専門家が講師を務めます。最終目標の登山テーマから逆算したカリキュラムを受けていくことで、着実にステップアップしながら目標を目指すことが可能です。

  • 3ヶ月間のオンライン×フィールド講座

プログラムは、オンライン講座6回(月2回)、フィールド講座3回(月1回)で構成されています。3ヶ月間で一通りのカリキュラムを学ぶことができます。

  • コミュニティでのサポート体制

Facebookグループで講師や他の参加者に質問・相談ができます。コミュニティで助け合えるので、挫折せず続けていくことが可能です。

こんな方におすすめです

  • 山のエキスパートから登山の技術や山を愉しむ視点を学びたい方
  • 登りたい山があるが経験が浅く自信がない
  • ピークハント以外の山の愉しみ方を見つけたい方
  • 道具の知識を身につけ自分に合ったものを選べるようになりたい方
  • 一緒に山での時間を過ごし、思い出を共有できる登山仲間が欲しい方
  • 普段の登山に退屈しており、新しい目標を見つけたい方

あなたにあったテーマを

画像: あなたにあったテーマを

山登りの楽しさは、高い山の頂に立つことだけではない、と私たちは考えています。
低山ハイキングで地域の歴史や文化を学んだり、登山道整備を通して山の環境問題を考えてみたり、楽しさのベースとなる登山スキルを学んだり。
あなたにあったテーマで、山を楽しんで楽しんでみませんか?

現在ご案内しているテーマは3つ。各テーマの詳細はYAMAP内の特設ページをご覧ください。なお、今後ウルトラライトや山岳信仰など様々なテーマを展開していく予定です。

登山基礎編(東京校・名古屋校・大阪校・九州校)

山の第一線で活躍する日本山岳ガイド協会認定山岳ガイドの佐藤優さん、山本道夫さんが講師を務め、登山装備の揃え方から疲れにくい歩き方、岩場の歩き方など、安全に山登りを楽しむための登山スキルを学びます。

低山ハイク編(主なフィールド:関東近郊)

低山トラベラー・山旅文筆家として活躍する大内征さんが、魅力あふれる低山ワールドに誘います。低山ならではの魅力に触れて、山歩きの素地と旅心を養い、自分にあった山の楽しみ方を身に着ける登山プログラムです。

登山道整備編(主なフィールド:北海道・大雪山系)

登山道整備のプロフェッショナルで、大雪山・山守隊の代表を務める岡崎哲三さんを講師に招き、登山道のあり方や整備を考え、実践することを目的とした登山プログラムです。

ご参加までの流れ

Step1. 参加ご希望の方は、各テーマの特設ページ内にあるエントリーページよりご登録ください。
Step2. クラブツーリズムよりカリキュラムの詳細をメールでお送りします。
Step3. 5月17日(月)以降、クラブツーリズムより正式申し込みのご案内をメールでお送りします。応募者多数の場合、抽選を行い、結果をメールでお知らせします。
Step4. プログラムへのご参加方法は、入学後にご招待するFacebookグループでご案内します。

※受講期間中のご連絡はFacebookグループ内で行いますので、受講される方はFacebookのご登録およびグループへのご参加が必須となります。あらかじめご了承ください。

当プログラムに関するお問い合わせ

クラブツーリズム株式会社
テーマ旅行センター
〒160-8303 東京都新宿区西新宿6-3-1
新宿アイランドウイング
TEL:03-5323-5566
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
      日曜・祝日 お休み

This article is a sponsored article by
''.