漢詩と言えば、皆様は何を思い浮かべますでしょうか。「春眠暁(あかつき)を覚えず」? それとも「国破れて山河在り」? ちなみに、「国破れて山河在り」の舞台は今の西安(都の長安)だということはご存知でしょうか。
「漢詩で旅する中国」のシリーズでは、漢詩を堅苦しく学ぶのではなく、イラストや写真を使い、日本語の書き下しも合わせて気軽に漢詩に触れ、その後、漢詩の舞台やゆかりの場所の旅を、担当者の王がご案内します。いわば、漢詩という切り口から、オンライン上の中国旅行を楽しんでいただきます。
なお、このシリーズはYouTubeで動画を配信しております。当ブログの最後にそのURLも貼り付けておりますので、紹介した漢詩の舞台からの「最新の映像」と一緒にぜひご視聴いただければと思います。
画像: 世界遺産・峨眉山(がびさん 中国・四川省) (孔勝撮影 イメージ)

世界遺産・峨眉山(がびさん 中国・四川省)
(孔勝撮影 イメージ)

こんにちは、クラブツーリズム中国五千年俱楽部を担当しております王と申します。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
新しくスタート『漢詩で旅する中国』のこのシリーズは、まず日本でも知名度の高い、唐の時代の詩人・李白が書いた数首の漢詩とその舞台をご紹介いたします。
『詩仙・李白の旅路』の第一回目はこちらの漢詩と旅先をご案内します。

漢詩
『峨眉山月の歌」(がびさんげつのうた) 李白

画像: (イメージ)

(イメージ)

画像: 左:中国語の原文 右:日本語の書き下し

左:中国語の原文 右:日本語の書き下し

詩の意味  峨眉山に片割れ月のかかる秋の夜、月影は平羌江(へいきょうこう)の水に映って流れる。夜中、清渓(せいけい)を旅立って三峡へと向かったが、月よ、あなたを見ることもできぬままに、渝州(ゆしゅう)まで下ってしまった。【松枝茂夫訳】
この漢詩の魅力やその他詳細については最後のYouTube動画をご覧くださいませ

漢詩の舞台を旅しよう

李白が書いた『峨眉山月の歌』のこの漢詩は、全28文字中になんと地名だけでも12文字があります!漢詩のタイトルにもなった峨眉山、二句目に出た平羌江(へいきょうこう)(今の楽山)、そして李白の今回の旅の目的地である渝州(ゆしゅう)(今の重慶)を、前編と後編二回に分けてご案内いたします。

世界遺産・峨眉山

画像: 峨眉山の雲海(イメージ)

峨眉山の雲海(イメージ)

峨眉山は、普賢菩薩と聖地で仏教の四大名山の一つ。「雲海」・「日の出」・「仏光」・「聖光」は峨眉山の四大絶景として有名。また、麓から山頂までの標高差が2500mもあり、亜熱帯植物から高山植物まで、3000種類を超える植物、2300種以上の動物が生息しているため、峨眉山は「動植物の王国」とも呼ばれており、世界文化と自然、両方の世界遺産として登録されています。

世界遺産・楽山大仏

画像: 世界遺産・楽山大仏(イメージ)

世界遺産・楽山大仏(イメージ)

漢詩二句目に出た平きょう江の今の名前は青衣江(せいいこう)、この大仏像あたりで岷江と合流しています。
90年間かけて完成したこの大仏は、楽山大仏と呼ばれ、世界遺産にも登録されました。18階建てのビルに相当する高さもあり、世界最大の摩崖大仏像となっています。ちなみに李白が旅をした時、大仏はまだ工事中でした。楽山大仏を見るなら、遊覧船はイチオシです。

画像2: 漢詩で旅する中国
「詩仙・李白の旅路」<第一回・前編>
【中国五千年倶楽部】<温故知新>

ブログでは紹介しきれない詩人李白のことや、世界遺産の峨眉山、楽山大仏の魅力を、現地からの最新映像を混じりながらご案内いたします。楽山大仏は遊覧船からの映像もあります。ぜひ下記YouTube動画をご視聴ください。
※視聴後、チャンネル登録すれば、最新の情報いち早くお届けできます!

「詩仙・李白の旅路」第一回目・前編 YouTube動画はこちら

画像: 漢詩で旅する中国~李白の旅路 第一回目<前編> www.youtube.com

漢詩で旅する中国~李白の旅路 第一回目<前編>

www.youtube.com

中国五千年倶楽部専用
Twitter、YouTubeも始めました

下記それぞれの写真画面をクリックし、チャンネル登録とフォローをお願い申し上げます

お問い合わせやご感想などは、下記メールにてお願い申し上げます
china5000.club@club-t.com

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
ツアーなどの情報をご希望の方はメルマガ会員登録をお願い致します。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.