北海道では例年1月中旬から3月中旬には冬の風物詩「流氷」がロシアからやってきます。
唯一北海道でしか見ることができない、「流氷」の楽しみ方をご紹介します♪

世界的にも貴重な動物!
オジロワシ・オオワシを流氷船に乗りながら羅臼へ見に行こう!

こんにちは!北海道担当の遠藤です!
私もプライベートで昨年、知床方面に流氷を見に行ってきました♪
知床・羅臼にはたくさんの動物が生息していますが、冬はなんといってもオジロワシやオオワシが多く見られます。
なんと遭遇率は99%!(※2017年知床ネイチャークルーズ調べ)

天気の良い日は羅臼岳も一緒に最高のロケーションです。

画像1: 世界的にも貴重な動物! オジロワシ・オオワシを流氷船に乗りながら羅臼へ見に行こう!

羅臼の港付近でも漁船に積んである魚を狙ってカモメと一緒にオジロワシがきました♪

画像2: 世界的にも貴重な動物! オジロワシ・オオワシを流氷船に乗りながら羅臼へ見に行こう!

流氷観光は船だけじゃない!!
知床ウトロ地区での流氷ウォーク!

地元でも毎年多くのお客様にご好評いただいている「流氷ウォーク」です。
流氷が溜まる知床半島の地形だからこそできるアクティビティー。
ドライスーツを着て流氷の上を歩いたり、海に入ったり、クリオネを見たり、、、

画像: 流氷ウォーク@ゴジラ岩観光

流氷ウォーク@ゴジラ岩観光

寒さをご心配される方もいらっしゃる方思いますがご安心ください!
私も海に入りましたが、まったく寒くありませんでした!写真のとおり笑顔で入れます!
国内では北海道しかできない体験はとても良い思い出になりました。

画像: 流氷の割れ目にある海に入ってもドライスーツで寒くない不思議な体験♪

流氷の割れ目にある海に入ってもドライスーツで寒くない不思議な体験♪

画像: 誰も触れていない流氷に積もった雪の上にもゴロり

誰も触れていない流氷に積もった雪の上にもゴロり

絶景に関する本でも多く紹介されました!
幻想的なウトロの夕陽と流氷のコラボ

ウトロ温泉の各ホテルから10分、車を走らせると知床八景「プユニ岬」があります。
夕陽の時間帯を狙って多くの写真家や観光客の方がカメラを構えておりました。
段々流氷に沈んでいく太陽はとても幻想的で心に残る瞬間でした。
沈む一瞬を狙ってパシャリ。

今話題なフォトジェニックな写真を撮りたい!といった方にもとてもオススメです。
撮ってきた写真を是非友達に自慢しましょう!

画像: 知床八景「プユニ岬」

知床八景「プユニ岬」

知床の方面をざっとご紹介しましたが、地球温暖化が進み、いつ見られなくなるかもしれない北海道の流氷は皆様に一度は見ていただきたい絶景です。

他にも、流氷砕氷船は紋別のガリンコ号や網走のおーろらなど
ここではご紹介しきれない魅力がたくさんあります♪
他にも見てみたい!という方は是非クラブツーリズム流氷特集ページをご覧ください!

是非この一瞬をお見逃し無く、ご検討、お申し込みお待ちしております。

お問合せ先
クラブツーリズム株式会社 
第1国内旅行センター
TEL:03-4335-6212(月〜土 9:15~17:30、日祝休み)
FAX:03-5323-8053

This article is a sponsored article by
''.