日本の最北の離島、利尻島・礼文島は花の浮島であり、海産物の宝庫の島です。
花好きの方、自然大好きな方、ただたださいはてが好きな方!
利尻島・礼文島は、訪れる季節によって見られる植物も、景色も異なってきます。

クラブツーリズムでは、年間を通してそれぞれの時期にあった様々なツアーをご用意しております。今回は1年を通して異なる景色をご案内させていただきますので、どの時期に行こうか、そんな参考にしていただければと思います。

利尻島・礼文島とは?

利尻島は、日本百名山にも選ばれた利尻山をようする北海の狐島。
京都の会席料理に好んで使用されている「利尻昆布」が有名です。

礼文島は、別名「花の浮島」と呼ばれます。日本で一番北の島という立地から、海抜0メートルから高山植物が咲くという、礼文島独特の植生が見られ、花好きなお客様が多く参加されます。

4~5月 観光シーズン開始!冠雪の利尻富士が美しい!

シーズン始まりで、まだあまり混雑することなく観光いただけます。
また冠雪の利尻富士をご覧いただけます。

画像: 利尻島・姫沼から見た冠雪の利尻富士

利尻島・姫沼から見た冠雪の利尻富士

5月下旬~6月中旬 時季限定の「レブンアツモリソウ」を見たい方にオススメ!

礼文島ではラン科の女王とも讃えられる礼文固有種である「レブンアツモリソウ」が見られ、
この時期はアツモリソウを目的に参加されるお客様が多くいらっしゃいます。

北海道や本州に分布するアツモリソウは通常、あずき色や赤紫色など濃い色の花を咲かせますが、淡いクリームまたは白色の花であるのがレブンアツモリソウの特長です。

「レブンアツモリソウ」は絶滅が危ぶまれ、特定国内希少野生動植物種にも指定されています。

年に1度のシーズンをお見逃しなく!

画像: 開花時にはレブンアツモリソウ群生地へご案内♪(見頃:5月下旬~6月中旬)

開花時にはレブンアツモリソウ群生地へご案内♪(見頃:5月下旬~6月中旬)

6~7月 花が最も見頃を迎えるシーズン

花が最も見頃なシーズンでクラブツーリズムではハイキングのツアーも多くある時期になります。
高山植物を観察しながら礼文島を代表する花名所、桃岩展望台のハイキングなどご用意をしております。

画像: 礼文島・桃岩展望台から見える利尻富士

礼文島・桃岩展望台から見える利尻富士

画像: 天気が良ければ青い海を実感できるスポット、礼文島・澄海岬(すかいみさき)

天気が良ければ青い海を実感できるスポット、礼文島・澄海岬(すかいみさき)

9~10月 紅葉シーズン 黄金色に染まる美しい光景 

秋色に染まる利尻島・礼文島にご案内♪
百名山の利尻山も天気が良い日には綺麗に見ることができます!

画像: 北海道銘菓「白い恋人」パッケージの地、利尻島・オタトマリ湖

北海道銘菓「白い恋人」パッケージの地、利尻島・オタトマリ湖

画像: 黄金色に染まる利尻島

黄金色に染まる利尻島

画像: 海抜0mから標高1,721mの利尻山山頂まで望むことができる、利尻島・仙法志岬公園

海抜0mから標高1,721mの利尻山山頂まで望むことができる、利尻島・仙法志岬公園

利尻島・礼文島は海産物が豊富!

また、日本一のウニの産地利尻礼文。これ以上ない新鮮なウニが味わえます。

礼文島で採れるウニは、北からのリマン海流と南からの対馬暖流がぶつかる栄養豊富な海で、最高の利尻昆布を餌に、養分をたっぷり蓄えた磯の味の王様です。

礼文島では、4月~9月に獲れるキタムラサキウニ、6月~8月に獲れるエゾバフンウニの2種類のウニが獲れます。
ウニが食わず嫌いだったスタッフも礼文のウニを食べたら変わったことも!笑 
他にも海産物が豊富で、利尻島・礼文島に行ったらしばらくは魚はいいや・・・となるほどたくさん食べることができます。

画像: 本場で食べる絶品ウニ!

本場で食べる絶品ウニ!

画像: 礼文島・漁協直営店で舟盛御膳の昼食(イメージ)

礼文島・漁協直営店で舟盛御膳の昼食(イメージ)

画像: 礼文島観光地売店には珍しいトド肉の串焼きが販売している時も・・・!

礼文島観光地売店には珍しいトド肉の串焼きが販売している時も・・・!

クラブツーリズムでは多彩なツアーをご用意!

数えきれないほどの可憐な高山植物の花が咲きはじめる利尻・礼文へ出かけてみませんか?

クラブツーリズムでは、すでに4~9月のツアーの募集開始しております。
観光、ハイキング、両島に宿泊、飛行機は利尻便を利用・・・など多彩なツアーをご用意しています。

首都圏出発の利尻島・礼文島へのツアーはクラブツーリズムが送客実績NO.1!(※2017年4月1日~10月31日ハートランドフェリー社調べ)
きっとご希望のツアーが見つかります!ツアー詳細は下記特集ページからご覧ください☆

お問合せ先
クラブツーリズム株式会社 
第1国内旅行センター
TEL:03-4335-6212(月〜土 9:15~17:30、日祝休み)
FAX:03-5323-8053

This article is a sponsored article by
''.