あおもり市民ねぶた実行委員会 『入雲龍 公孫勝』 作:北村 麻子

画像: 【速報】おめでとうございます!2018年市長賞・優秀制作者賞受賞『入雲龍 公孫勝』 クラブツーリズム協賛「あおもり市民ねぶた号」(北村麻子作)

北村麻子さんの作品が、2018年市長賞・優秀制作者賞を受賞されました。
作品名『入雲龍 公孫勝』 クラブツーリズム協賛「あおもり市民ねぶた号」

作品内容:青森ねぶた祭実行委員会ホームページより抜粋

ある者はいわれのない罪つみで辺境へんきょうに流され、またある者は理不尽りふじんな権力にさからい、追われる身となった。高い志こころざしをもちながら、社会からはみだし、梁山泊りょうざんぱくに集つどった豪傑ごうけつたち。その数、百八人。民をしいたげる悪徳官僚たちに、敢然かんぜんと反旗はんきを翻し活躍した豪傑の中に水滸伝百八星の中の天間星の生まれ変わりであり、序列は梁山泊第四位の好漢「公孫勝」がいた。
 公孫勝は龍を召喚しょうかんすることもできたので、あだ名は入雲龍と呼ばれ、梁山泊では副軍師を務めていた。公孫勝は世の中を正すため梁山泊に集まり戦いを繰り広げ、たびたび梁山泊軍の危機を救ったという。公孫勝は奇術を学んだ豪傑であり、場面は「風よ吹け!嵐よ怒いかれ!龍よ出いでよ!」と公孫勝が剣を抜いて呪文を唱え「応おう龍りゅう」を呼び出し、自在に操る場面である。
 応龍は、濃緑で金の鱗の翼をもち蝙蝠こうもりの翼のようにひろげ宙を舞い、巻き起こす風によって大波を起こし窮地を救った。

画像: 北村麻子さんの作品が、2018年市長賞・優秀制作者賞を受賞されました。 作品名『入雲龍 公孫勝』 クラブツーリズム協賛「あおもり市民ねぶた号」

4年連続受賞の偉業を達成された北村麻子さんを、クラブツーリズムはこれからも応援いたします。

青森ねぶた祭 明日以降のスケジュール

8月7日
13:00~15:00
  大型ねぶたの運行(約20台運行予定)
19:15~21:00頃 (会場:青森港)
  第64回青森花火大会・ねぶた海上運行

昨年のねぶた祭りの様子

クラブツーリズムでは様々な祭りや花火のツアーをご案内
地域の方と創るオリジナルイベントもご案内しています

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから

◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

This article is a sponsored article by
''.