絶景大陸と呼ばれるほど自然があふれている国、オーストラリア。
皆様訪れたことはございますでしょうか?
今回ご紹介させていただきますのは、日本列島がすっぽり入る、グレートバリアリーフの
ほぼ中央、「ハートリーフ」や「ホワイトヘブンビーチ」の玄関口となる『ハミルトン島』です。
日本ではハネムーナーが訪れる場所というイメージがあるかも知れませんが、実は現地では
定年退職されたご夫婦や、家族連れがよく訪れるリゾートアイランドなのです!
今回はそんな魅力溢れるハミルトン島について、ご紹介させていただきます。

ハミルトン島はどこにあるの?

そもそもハミルトン島がどこにあるかと言いますと、オーストラリアのクイーンズランド沿岸から
近く、グレート・バリアの中心に位置します。74のウィットサンデー諸島のうち、ハミルトン島は
南北に4.5km、東西に3kmに広がる、人が居住する島としては最大であり、
ブリスベンの北約887km、ケアンズの南約512kmに位置しています。

画像: ハミルトン島はどこにあるの?

ハミルトン島はアクティビティの宝庫

ハミルトン島には60種以上にもわたるバラエティ豊かなアクティビティがございます。
中でも弊社でツアーに組み込んでおります、オススメのアクティビティをご紹介いたします!

①ホワイトヘブンビーチ半日クルーズ

画像: ①ホワイトヘブンビーチ半日クルーズ

見てください!こちらの写真は数々の世界ランキングでおなじみの『ホワイトヘブンビーチ』です。
その最も美しい部分、ヒルインレットを満喫できる半日クルーズです。
ぜひ、裸足でこの純白のシリカ砂の踏み心地を体感してみてください!
小さな砂たちが喜んでいるようにキュキュっと鳴く音が聞こえます。

②ハートリーフ&ホワイトヘブンビーチ遊覧飛行

画像: ②ハートリーフ&ホワイトヘブンビーチ遊覧飛行

こちらはハートリーフと、ホワイトヘブンビーチを遊覧するアクティビティです。
さきほどのホワイトヘブンビーチや、あの有名なハート形をした「ハートリーフ」を
上空から眺めたりと、空で過ごすひと時をお楽しみいただけます。
ハートリーフは2人で見ると「愛が深まる」と言う伝説もございます♪

画像: 上空から眺めるハートリーフ

上空から眺めるハートリーフ

他にもオススメの過ごし方がたくさんございます

島内は交通事情により無料シャトルバスか、バギーしか走行することができません。
日本語の免許をお持ちであれば、簡単にバギーも利用いただけますので、バギーでの島内観光も
大変オススメです。

画像: 他にもオススメの過ごし方がたくさんございます

食事も旅行中の楽しみのひとつ♪

ハミルトン島には、テイクアウトからお洒落な高級レストランまでございますので、食に飽きることはございません。グレートバリアリーフの新鮮なシーフードや、オージービーフなど、豊かな食材をユニークな料理方法で特色のあるレストランが提供しています。
ぜひ、ハミルトン島の洗練されたシェフが作る料理を、現地で堪能してみてはいかがでしょうか?

画像: 現地でも人気の「ZENディナー」(イメージ)

現地でも人気の「ZENディナー」(イメージ)

以上、ハミルトン島の魅力を少しは感じていただくことができましたでしょうか?
上質な癒しと贅沢な時間を過ごせる島であること、間違いなしです!
クラブツーリズムのツアーでは添乗員同行で安心の旅をお届けしております。
ぜひ、この機会にハミルトン島を訪れてみてはいかがでしょうか。

ハミルトン島を含むオーストラリアツアー

①【プレミアムステージ】ハミルトン島に2連泊!エアーズロックにもご案内します

②ハミルトン島でゆったり3連泊♪

その他、オススメツアーもございます

アメリカ・オセアニア旅行センター
【TEL】03-5323-6850
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜・祝日:9:15~13:00
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 (休業日:日曜・祝日)

クラブツーリズムより最新情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

This article is a sponsored article by
''.