クロアチア担当の池田です。
今年、クロアチアのプリトヴィツェ国立公園にクラブツーリズムのお客様と一緒に添乗して参りましたので、皆さまにプリトヴィツェ国立公園の魅力をたっぷりお伝えしたいと思います。

プリトヴィツェ国立公園とは?

プリトヴィツェ国立公園は、クロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナとの国境近く、クロアチアの首都ザグレブから南に位置する国立公園でございます。総面積は、192km²もある広大な森でございまして、湖が大小16個あり、階段状になって点在しており、それらを92の美しい滝が結んでいます。
その景色は圧巻です。

プリトヴィツェ国立公園は、石灰質堆積物の働きで川に天然のダムが造られたことで生またと言われています。

クロアチア国内の紛争により一時、危機遺産に登録されたのですが、地雷除去を政府が主体となり進めたことで1997年に危機遺産リストから除外され、現在では多くの人々がプリトヴィツェ国立公園の絶景を目的に訪れています。

添乗員がお勧めするベストシーズン

プリトヴィツェ国立公園では、一年中素晴らしい絶景をご覧頂くことができます。
春は雄大な新緑や綺麗で豊富な花々、夏はまぶしい太陽の下に輝く水面と深い緑の木々が揺れ、秋は色鮮やかに染まる黄葉で、冬は雪と氷が公園を彩り、そのどれもが芸術作品のような美しい絶景となって皆さまを迎えてくれます。
一般的に、ベストシーズンは春~秋とされ観光客も多く訪れますが、冬のシーズンでもまた違った絶景を見ることが出来ます。

要するに、皆さまがプリトヴィツェ国立公園に求めるものによってベストシーズンは異なります。

水量の多い滝が見たい方⇒春がお勧めです。
春には、冬の間に積もった雪が解け、滝の水量が増えます。そのため、迫力のプリトヴィツェ国立公園が御覧頂けます。

深い緑色をした木々が揺れるプリトヴィツェ国立公園とキラキラ輝くアドリア海とドブロヴニクもベストシーズンの時期に行きたい方⇒夏がお勧めです。

木々が秋色に鮮やかに染まる黄葉のプリトヴィツェ国立公園を見たい方⇒秋がお勧めです。

行くなら比較的空いてる時期に行きたい、雪景色のプリトヴィツェ国立公園を見たい方⇒冬がお勧めです。

プリトヴィツェ国立公園の観光の流れ

プリトヴィツェ国立公園に着いたら、現地ガイドとともに観光がスタートします。
湖沿いを歩き、観光となります。
歩行時間は約2~3時間です。コースによっては6時間滞在するものや終日観光するコースもございます。
若干のアップダウンはありますが、ほとんどが整備された道になりますので、階段や遊歩道を歩いての観光となります。

歩きながら様々な美しい景色をご覧いただけます。

私は6月に行ったのは春の新緑の時期でした。雪が解け、湖の水量も多く、圧巻のプリトヴィツェ国立公園でした。
なんと、私が行った日はほとんど風が吹いてなく、『逆さプリトヴィツェ国立公園』のような写真が取れました。どっちが空か水面かがわからないほどきれいでした。一眼レフではなく、スマートフォンでこの景色なのですから、ぜひとも生で御覧頂きたいです。
また、92個ある滝はどれも素晴らしいです。私は、美しい滝が生み出した鮮やかな虹も見ることが出来ました!!

皆様も、一生に一度クロアチアの絶景 プリトヴィツェ国立公園に足をお運びください。

画像1: 歩きながら様々な美しい景色をご覧いただけます。
画像2: 歩きながら様々な美しい景色をご覧いただけます。
画像3: 歩きながら様々な美しい景色をご覧いただけます。

プリトヴィツェ国立公園を最も長く観光できるコースはこちら↓

https://tour.club-t.com/tour/detail?p_course_no=1250084&p_course_no2=16575&p_date=&p_from=880000&p_baitai=900&p_baitai_web=A000&p_hatsu=001&ToCd=TL

クロアチア担当お勧めのコースはこちら↓

https://tour.club-t.com/tour/detail?p_from=880000&p_company_cd=1002000&p_course_no2=16544&p_baitai_web=A000&p_baitai=990&ToCd=TD

ワンランク上のプレミアムステージのクロアチアツアー↓

https://tour.club-t.com/tour/detail?p_from=880000&p_company_cd=1002000&p_course_no2=16531&p_baitai_web=L2491&p_baitai=990&ToCd=TD

ゆったり旅のクロアチアツアー↓

https://tour.club-t.com/tour/detail?p_from=880000&p_company_cd=1002000&p_course_no2=16578&p_baitai_web=CTOP&p_baitai=990&ToCd=TD

This article is a sponsored article by
''.