入門から上級までレベル、目的に応じてクラス分けされた多彩な登山ツアーをご案内しているクラブツーリズムの「山旅会」 。中でも、ゆっくりペース(一般のコースタイムの1.3~1.5倍の時間)が基本のとくべつ入門・入門クラス・初級クラスを担当する岡田健ガイドや添乗員より、最新の登山記録をお届けします!

来年春の企画素材をさがして九州の韓国岳に行ってきました!

こんにちは、山旅会インストラクターの岡田健です。

宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の最高峰・日本100名山です!

※写真は3月11日のものです。

今回はえびの高原のエコミュージアムセンターからスタート!

画像1: 来年春の企画素材をさがして九州の 韓国岳 に行ってきました!

↑硫黄山周辺の立ち入りが規制されてそこを大きく迂回するように登山道がつけられています。
途中で通常のコースに合流します!

画像2: 来年春の企画素材をさがして九州の 韓国岳 に行ってきました!

↑山頂までザレ・小石が多いコースですが、特に危険なところはなく歩きやすい道です。

画像3: 来年春の企画素材をさがして九州の 韓国岳 に行ってきました!

↑この日は霧氷が見られました。上のほうは風がよく当たります!

画像4: 来年春の企画素材をさがして九州の 韓国岳 に行ってきました!

↑傾斜が急に見えますが、実際はそれほどでもありません。

画像5: 来年春の企画素材をさがして九州の 韓国岳 に行ってきました!

↑山頂到着!標高は1700mと覚えやすいです!

画像6: 来年春の企画素材をさがして九州の 韓国岳 に行ってきました!

↑360度の展望が広がります!正面奥の尖った山は高千穂峰。
手前のフツフツと噴気が出ているのが新燃岳です!

画像7: 来年春の企画素材をさがして九州の 韓国岳 に行ってきました!

↑今回、下山は往路を戻りました。右下の白っぽい山が硫黄山。
その奥に白鳥山やいくつかの池が見えます!石車に注意しつつ下山です!

画像8: 来年春の企画素材をさがして九州の 韓国岳 に行ってきました!

↑下山口付近から振り返って仰ぎ見た韓国岳です。
2つの山があるようにみえますが、1つの山の火口壁が大きく崩れているので2つに見えます。

以上です。

-------------------------------------------------------------------------------------------
クラブツーリズム株式会社
首都圏テーマ旅行センター
〒160-8303 東京都新宿区西新宿6-3-1 新宿アイランドウイング
TEL:03-5323-5566
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
      日曜・祝日 お休みとなります
-------------------------------------------------------------------------------------------

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.