世界遺産カナディアンロッキーのおすすめ観光地を厳選してご紹介します。ぜひ、来年以降のご旅行プラン・ツアー選びの参考にしていただければ幸いです。カナディアンロッキーに行ったら欠かせない観光スポットに迫ります!
画像1: 弊社スタッフ

弊社スタッフ

大自然の宝庫・カナディアンロッキーに行ったら必ず行きたい観光地を厳選してご紹介します!

(注)COVID-19感染症拡大の影響で、カナダへの渡航に影響が出ています。最新情報はこちらからご確認ください。

詳細はこちらをクリック

圧巻の氷河・コロンビア大氷原雪上車観光

カナディアンロッキー観光のハイライトともいえるのが、コロンビア大氷原での雪上車観光です。

コロンビア大氷原は、その表現の面積が約325㎢、氷の厚さは最も厚いところで約350mあるといわれております。

画像2: 弊社スタッフ

弊社スタッフ

鳥取県の大きさが約350㎢なので、ほぼ同じ大きさの氷河が広がっていると言えます。それでも、カナダの氷原の中では小さい方なんですよ!

画像: コロンビア大氷原アサバスカ氷河/©Steve_Dutcheshen

コロンビア大氷原アサバスカ氷河/©Steve_Dutcheshen

氷河観光は、大きな雪上車に乗ることから始まります。タイヤの直径が約1.5mもあるとても大きな雪上車です。

画像: 雪上車©Brewster

雪上車©Brewster

この雪上車は最大56名乗車でき、急な傾斜でも走行が可能です。車内では、アイス・エクスプローラー(=雪上車)の開発・特徴や、コロンビア大氷原の成り立ちについての案内もあります。

雪上車の乗車時間は5~10分程度。途中急な傾斜をエンジンブレーキを駆使して下り、いよいよ氷河の上に降り立ちます。日本ではまず経験できないですね。

画像: 氷河に降り立つ観光客/©Travel Alberta

氷河に降り立つ観光客/©Travel Alberta

実際に氷河の上にいられる時間は15~20分程度。

たったそれだけ?と思われるかもしれませんが、夏でも天候によっては体感温度がマイナスになることもある氷河の上では、そのくらいの時間があれば十分観光を楽しむことができます。

観光可能な氷河エリアはカラーコーンで囲まれており、その中であれば自由に散策することが可能です。

画像3: 弊社スタッフ

弊社スタッフ

空のペットボトルを持参して、氷河の溶け水を飲んでいるお客様もいます。ただし、冷たいですしご旅行中なので飲みすぎには注意してくださいね。

雪上車観光のシーズンは?

氷河観光は、冬には催行することができません。

そのため、毎年雪上車の運行期間は4月下旬~10月中旬までとなります。(天候状況により多少前後する場合があります)

雪上車に乗りたい方は、運行期間に注意してツアーを選ぶようにしましょう。

絵葉書のような写真の取れるモレーン湖

次にご紹介するのは、モレーン湖です。

画像: モレーン湖©Travel Canada

モレーン湖©Travel Canada

テンピークス(=10の頂)と呼ばれる山々に囲まれた、非常に美しい湖です。

旧カナダ10ドル札の絵柄としても使われていました。カナダのパンフレットの表紙にもよく写真が使われています。

画像4: 弊社スタッフ

弊社スタッフ

天気がよければ、どなたが撮影してもこのように美しいお写真を撮ることができますよ!

モレーン湖の観光シーズンは?

モレーン湖は、カナディアンロッキーの中でも少々標高が高い地点にあります(2000m弱程度)。

そのため、積雪がある場合、モレーン湖まで行く道路が封鎖となってしまうので、観光することができません。

モレーン湖の観光は、例年6月上旬~10月上旬頃までとなりますので、ご注意ください。

湖畔散策が楽しめるボウ湖

次にご紹介するのは、ボウ湖です。

画像: ボウ湖/弊社スタッフ撮影

ボウ湖/弊社スタッフ撮影

こちらのボウ湖は、湖畔の散策道が整備されているので、湖を間近にみながらのんびり散策を楽しむことができます。

実際に、湖の水にも触ることができます。

画像5: 弊社スタッフ

弊社スタッフ

カナディアンロッキーのきれいな湖は、ほとんどが氷河の溶け水でできている「氷河湖」なので、夏でも水温が低く冷たいです。

6~8月にかけては、散策道の周辺にかわいらしい高山植物も咲いて、より一層にぎやかになります。

ボウ湖の観光シーズンは?

ボウ湖は、1年中観光することが可能です。

ただし、湖が溶けていない時期に行くと、美しい湖自体を見ることはできません。

画像: 凍ったボウ湖/弊社スタッフ撮影

凍ったボウ湖/弊社スタッフ撮影

美しい湖を見るなら、やはり6月~10月くらいまでがおすすめとなります。

古城風ホテルも楽しめるルイーズ湖

次にご紹介するのは、ルイーズ湖です。

画像: ルイーズ湖/Pixabay License

ルイーズ湖/Pixabay License

ルイーズ湖の奥に見える山はビクトリア山と呼ばれ、そこにあるビクトリア氷河の溶け水でできている湖です。

画像6: 弊社スタッフ

弊社スタッフ

ビクトリア女王の娘・ルイーズ王妃の名前に由来している湖です。まるでお母さんが娘を見守っているような写真ですね。

ルイーズ湖の湖畔には、かの有名な古城風ホテル「フェアモント・シャトー・レイクルイーズ」が佇んでいます。

画像: シャトーレイクルイーズ/©Siggy Nowak

シャトーレイクルイーズ/©Siggy Nowak

ルイーズ湖の観光シーズンは?

ルイーズ湖も、1年中観光することが可能ですが、前述の湖同様、美しいエメラルドグリーンの湖を見るには、6月~10月上旬をおすすめいたします。

ただ、ルイーズ湖は冬も楽しめる「アイスマジックフェスティバル」というお祭りが凍ったルイーズ湖の湖上で毎年1月~2月に開催されますので、そこに合わせて観光するのもおすすめです。

冬は観光客が少ない分、のんびりと贅沢な時間が過ごせるかもしれません。

画像: アイスマジックフェスティバル©ArtTower

アイスマジックフェスティバル©ArtTower

バンフの街を上から楽しむバンフゴンドラ

最後にご紹介するのは、バンフゴンドラです。

画像: Banff Gondola©Travel Alberta

Banff Gondola©Travel Alberta

サルファー山のふもとから、ゴンドラに乗ってサルファー山の山頂に向かいます。

山頂からは、バンフの街やカナディアンロッキーの壮大な山々を一望することができます。まさに絶景のパノラマです。

画像: Sulphur Mountain©David Mark

Sulphur Mountain©David Mark

バンフゴンドラの観光シーズンは?

バンフゴンドラは悪天候でない限り一年中運行しています。

春夏秋冬、どの時期に訪れても、美しい絶景を見ることが可能です。

まとめ

いかがでしたか?

カナディアンロッキーを訪れた際にぜひ立ち寄っていただきたい観光スポットをご紹介しました。

画像7: 弊社スタッフ

弊社スタッフ

今はコロナウィルスの影響でツアーの催行は難しいですが、例年、クラブツーリズムのカナダツアーにはこちらでご紹介した観光地はほとんどのツアーで訪れます!

ぜひ、また海外旅行が再開した際には、クラブツーリズムのカナダツアーをご検討ください。

8月15日現在、日本国外から帰国または入国した方は、厚生労働省からの通達により、最大14日間の自主隔離を求められています。
また、外務省の定める海外安全情報の危険度は、全ての国を対象としてレベル2以上に引き上げられております。クラブツーリズムでは、同危険度がレベル1に引き下げられた国(地域)及び「渡航国における入国後の隔離」が解除された場合において、ツアーを催行いたします。

アメリカ・オセアニア旅行センター
【TEL】03-5323-6850
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6−3−1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜・祝日:9:15~13:00
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 (休業日:日曜・祝日)

※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細は下記よりご確認ください。

営業日時変更のご案内

詳細はこちらをクリック

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

This article is a sponsored article by
''.