毎年スキーリゾートや避暑地として国内外を問わず多くの観光客が訪れる北海道倶知安町(くっちゃんちょう)。今回は、ニセコという地名でも広く知られ、大自然の育む水と山に囲まれたこの地に昨冬オープンし、国内最上級旅行・ロイヤル・グランステージ四季の華の担当スタッフがおすすめしたい「ニセコ樺山の里 楽 水山」をご紹介いたします。

わずか18室の離れ客室が創り出す閑静な空間

楽 水山には、全てで18室の平屋建ての客室があり、その一つ一つが独立した離れ客室となっています。
また、客室のタイプにはリビングルームとツインベッドルームを備えた「山の間」と、畳の間と洋室を備えた「水の間」の2タイプがありますが、その中でも今回は、「山の間」のお部屋をご紹介したいと思います。

「山の間」のお部屋は、羊蹄山を一望できる広いリビングルームとツインベッドルームを設えており、まるで暮らしているかのように、落ち着いた趣があります。また、北海道産の木材を基調とした和の空間が特徴的で、どことなく木の香りや温もりを感じられます。
ロッキングチェアに揺られながら雄大な羊蹄山の景色を独り占めするのも良し。ソファにもたれてリラックスするのも良し。日常の喧騒から離れたゆったり流れる時間の中で、誰にも邪魔されない寛ぎの時間をお過ごしいただけます。

画像: 広々とした「山の間」の客室(イメージ)

広々とした「山の間」の客室(イメージ)

画像1: 北海道・ニセコ樺山温泉「ニセコ樺山の里 楽 水山」のご紹介|国内最上級旅行・担当スタッフがおすすめしたい厳選宿<ロイヤル・グランステージ>
画像: 和の雰囲気が漂う畳の間と洋室を設えた和洋室タイプの「水の間」(イメージ)

和の雰囲気が漂う畳の間と洋室を設えた和洋室タイプの「水の間」(イメージ)

宿自慢の温泉露天風呂付き客室を楽しむ至福のひととき

楽 水山に滞在する中でお楽しみいただきたい大きな魅力のひとつが、すべての客室に完備された温泉露天風呂です。また、その温泉は加水・加温・循環ろ過なしの源泉かけ流しとなります。

宿の敷地から湧き上がる自家源泉の「樺山温泉 アンヌプリの湯」は、中性泉の源泉で、お肌が敏感な方でも安心してご入浴いただけます。また、鉄分豊富な淡い茶褐色の湯の花は美肌効能もあり、湯上がりはお肌がすべすべに仕上がります。

お好きなタイミングで心ゆくまで入浴を楽しめるのも客室露天風呂の醍醐味のひとつです。
夕方のお食事前は一日の旅の疲れを流し、就寝前にはリラックスして眠る準備を整えます。そして、早朝、羊蹄山越しに日の出を見ながら爽快な朝を迎えるというように、その時々の場面に合わせて入浴をお楽しみいただくことができます。

湯船に浸かりながら、眼前に広がる壮麗な羊蹄山をはじめとする自然の景色を眺め、澄み渡ったニセコの空気に触れることでしか得られない解放感は、何ものにも代えがたい格別なひとときとなること
でしょう。

画像: 源泉かけ流しの客室露天風呂(イメージ)

源泉かけ流しの客室露天風呂(イメージ)

北海道と季節を味わう美食の数々

楽 水山では、北海道・後志(しりべし)地域を中心に生産者から直に仕入れた厳選された食材を使い、料理人が枠にとらわれない独創的な発想で、一皿に仕上げます。

画像2: 北海道・ニセコ樺山温泉「ニセコ樺山の里 楽 水山」のご紹介|国内最上級旅行・担当スタッフがおすすめしたい厳選宿<ロイヤル・グランステージ>
画像: 厳選した食材で創る逸品(イメージ)

厳選した食材で創る逸品(イメージ)

食は旅を彩る大切なひとときです。季節の変わり目を意識したお食事処「ゆきあい亭」で、生産者の想いも紡いだ料理人が腕によりをかけて振る舞う、素材の魅力と滋味に富んだ珠玉の料理をご堪能ください。

画像: お食事処「ゆきあい亭」(イメージ)

お食事処「ゆきあい亭」(イメージ)

滞在を彩る館内施設の一部をご紹介

◆ラウンジ

天井が高く、木の梁と、開放感のあるラウンジでは、ドリンクを片手に談笑したり、ソファにもたれて読書したりと思い思いにお過ごしいただけます。開放感のある広い窓から眺める羊蹄山の景色も素敵です。

画像: ラウンジ(イメージ)

ラウンジ(イメージ)

◆Salon de 楽(らく)

“Salon de 楽”は、趣味の集いや団らんなど、様々なシチュエーションでご利用いただけるお寛ぎの交流スペースです。
大きなテーブル、椅子やプロジェクターがあるほか、木製オセロやけん玉で遊んでお過ごしいただくこともできます。

画像: Salon de 楽(イメージ)

Salon de 楽(イメージ)

◆リラクゼーションルーム 空 Kū

“リラクゼーションルーム 空 Kū”では、自然から抽出されるトリートメントを使ったスパで、全身を深いリラクゼーションへ導きます。
お部屋の温泉で疲れを癒した後に、更なる癒しのひとときをお過ごしいただけます。
普段は忙しくて時間が取れないという方にこそおすすめしたい体験です。(別途料金)

画像: リラクゼーションルーム 空 Kū(イメージ)

リラクゼーションルーム 空 Kū(イメージ)

「大自然に包まれたニセコ ✖ 里山の湯宿」の魅力

◆「ニセコ」の由来について

「ニセコアン(ニセコ)」という地名は、アイヌ語からつけられたもので「切り立った崖(の下を流れる川)」を意味します。また「ヌプリ」はアイヌ語で「山」という意味があり、世界的なスキーリゾートとなっているニセコ連峰の主峰「ニセコアンヌプリ」は、アイヌ語で「切り立った崖(とその下に川)がある山」という意味になります。
ちなみに「ニセコアンヌプリ」は、一般的な表記にある「山」や「岳」は付きません。

北海道では、アイヌ語を語源とする地名が多く存在しますが、その多くは漢字で表記されています。明治以降、ニセコ町においても倭人(本州に暮らすアイヌ以外の日本人)が入植しアイヌ語の地名を文字化しましたが、当時から「ニセコ」については漢字をあてても定着せず、カタカナが定着したといわれています。

◆ニセコ観光圏とは…

画像: ニセコ観光圏(ニセコ観光圏公式サイトより) niseko-tourism-zone.com

ニセコ観光圏(ニセコ観光圏公式サイトより)

niseko-tourism-zone.com

俱知安町の含まれるニセコ観光圏(以下、ニセコ)とは、多くの場合ニセコ町・倶知安町・蘭越(らんこし)町の3つのエリアを指します。(上図)
この3つの町を合わせた面積はおよそ900km²で、大阪府の半分近い面積となり、この地の一帯には日本百名山の一つ、蝦夷富士と名高い「羊蹄山」と、「ニセコアンヌプリ」がそびえ、近くには清流日本一にも選ばれた尻別川が流れています。

画像: 羊蹄山を望む俱知安町の風景(俱知安町観光案内所公式サイトより) www.niseko.co.jp

羊蹄山を望む俱知安町の風景(俱知安町観光案内所公式サイトより)

www.niseko.co.jp

◆里山に佇む湯宿「楽 水山」

ニセコは近年、国内的なリゾート地として人気を博し、国内外からの観光客や移住者が年々増えているのだそうですが、その魅力は単なるスキーリゾート、避暑地というものだけにとどまりません。

楽 水山は、「山、川、海の自然で育まれた食をたのしみ、羊蹄山の里山で暮らすような滞在」をコンセプトに、山々を望む青海の港のように人々の想いと時と自然がゆきあう宿という意味を込めて生まれました。
楽 水山が佇む俱知安町には、パウダースノーが舞う冬、緑が潤い輝く夏など四季折々異なる表情が創り出す、どこか昔懐かしく思える里山の情景を望むことができます。
また、食の宝庫として名高いこの土地でとれた新鮮な食材を、その土地で食すという地産地消のサイクルが今でも残っています。

楽 水山では、現代に生きる私たちは触れる機会が少なくなった日本古来の里山の暮らしを、滞在を通して体験することができるのです。

画像: 里山の情景に溶け込む楽 水山の外観(イメージ)

里山の情景に溶け込む楽 水山の外観(イメージ)

終わりに

今回は、スタッフ厳選の宿として「ニセコ樺山の里 楽 水山」を紹介して参りました。

「里山で暮らすように滞在する」をコンセプトとした楽 水山で、五感で感じる非日常体験を堪能してみるのはいかがでしょうか。

「ロイヤル・グランステージ 四季の華」では、楽 水山に宿泊するツアーを、少人数限定・ゆったりとした行程・ベテラン添乗員同行の安心・安全のツアーでご案内いたします。
スタッフ一同、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

「ニセコ樺山の里 楽 水山」に宿泊するツアーは下記をクリック!!

★7~8月出発:「楽 水山」「ザ・ウィンザーホテル洞爺」宿泊ツアー★

★10月出発:<ロイヤルクルーザー碧号利用>「楽 水山」「レイクサイドヴィラ翠明閣」宿泊 紅葉ツアー★

★9~10月出発:<独楽の旅人>「楽 水山」「新日本海フェリー」宿泊★

★11月出発:<独楽の旅人>「楽 水山」「JRタワーホテル日航札幌」宿泊 ワイナリーめぐりツアー

お問い合わせはこちら

クラブツーリズム株式会社
ロイヤル・グランステージ
【TEL】03-4335-6240
【住所】〒104-0061 東京都中央区銀座2-7-17 ティファニー銀座ビル8階
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜・祝日:休業
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:15~17:30

クラブツーリズムから最新の情報をお伝えします

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから

◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
・インスタグラム
・facebook
・youtube
・LINE

(https://clublog.club-t.com/_ct/17373636?){: target="_self" }

@

This article is a sponsored article by
''.