台湾最高峰・玉山頂上(3,952m)の絶景はこれだ!

海外ハイキング・登山ブランド「世界をあるく」で人気の海外登山ツアーの1つ、
富士山の標高を越える「台湾最高峰・玉山登山」の登頂ツアー。

今回は、2017年10月に出発したツアーから届いた絶景の写真とともに、
標高3,952mの玉山登山の全貌をご紹介します!

画像: 台湾最高峰・玉山頂上(3,952m)の絶景はこれだ!

[登山1日目] 登山スタート!(タタカ鞍部2,610m~排雲山荘3,402m)
 歩行:約11km、約5時間 標高差:約800mの登り

【0日目】
玉山登山の拠点となるのは、世界三大登山鉄道の1つでも知られる「阿里山」
登山前日は、登山者の多くが集うこの町に宿泊します。

【登山1日目】
バスで約30分の登山サービスセンター(上東埔)に向けて出発。
サービスセンターで入山手続きをした後、シャトルバスで登山口まで約15分。
登山口のタタカ鞍部へ到着です。

<9:00>
いよいよ登山のスタートです!

 ~1日目の山行~
  9:00 タタカ鞍部
  10:00 モンロー亭(WCあり)
  10:50 前峰登山口
  12:00 白木林休憩所(WCあり)(昼食休憩)
  14:00 大峭壁
  15:00 排雲山荘

画像: タタカ鞍部の登山口(2,610m)。ここから登山のスタートです。

タタカ鞍部の登山口(2,610m)。ここから登山のスタートです。

この日の目的地、排雲山荘までは全体的に緩やかな登り道。
しっかりと整備された、歩きやすい土道が続きます。
左側に尾根を見ながら、右側は遠くまで山並みが広がる、気持ちのよい登山道です。

画像: 登山口からしばらく、右手にずっと山並みの景色が広がります。

登山口からしばらく、右手にずっと山並みの景色が広がります。

玉山は、実は登山制限がある山。
1日約90名だけが入山を許されるため、登山中も混雑はなく、
静かな山行ができるのも魅力のひとつです。

画像: 晴天の下の山行!夏山の装いで、日焼け対策もしっかりと。

晴天の下の山行!夏山の装いで、日焼け対策もしっかりと。

難所箇所も、木道や階段でキレイに整備されています。
登山道には、休憩のできるあずまやとバイオトイレがそれぞれ2箇所ずつあります。

画像: 木道が整備され歩きやすい。ときどき右側がガレているので注意しながら進みます。

木道が整備され歩きやすい。ときどき右側がガレているので注意しながら進みます。

この日のがんばりどころは、排雲山荘直前の約30分。
最後の急登を越えれば、この日の宿です

画像: 登山中の休憩。みなさんまだまだ元気です!

登山中の休憩。みなさんまだまだ元気です!

<15:00>排雲山荘に到着!
2013年にリニューアルされた山荘で、入山制限もされているので、
日本に比べると比較的快適に過ごせます。

画像: [登山1日目] 登山スタート!(タタカ鞍部2,610m~排雲山荘3,402m) 歩行:約11km、約5時間 標高差:約800mの登り

入口で登山靴を脱ぎ、小屋備え付けのスリッパに履き替えます。
1階は共同スペース。お手洗い、洗面、食堂があります。
2階が寝室スペース。複数の個室にわかれていて、2段ベッドタイプです。
・売店なし
・お湯提供あり
・寝袋、マットあり(枕なし)
・ヘッドランプ必要
・シャワーなし

画像: 2階の部屋の様子。2段ベッドになっています。

2階の部屋の様子。2段ベッドになっています。

<17:00>夕食。
夕食は食券制。
給食形式でスタッフが皿に盛ってくれます。

画像: この日はメインのお肉とおかずが4種類ほど。ご飯とスープがつきます。

この日はメインのお肉とおかずが4種類ほど。ご飯とスープがつきます。

天候に恵まれたこの日は、小屋の前から美しい夕日も見られました。
翌日の御来光への期待が膨らみます。

画像: サンセットの後は、美しい星空が広がりました。

サンセットの後は、美しい星空が広がりました。

<20:00>消灯
明日の登頂に備えます。

[2日目] いざ、登頂めざして出発!(排雲山荘3,402m~玉山頂上3,952m)
 歩行:約2km、約3時間 標高差:約550mの登り

<2:00>起床
小屋で軽食(おかゆ)をおなかに入れて、御来光と登頂に向けて準備を進めます。

 ~2日目の山行~
  2:50 排雲山荘出発
  5:10 玉山頂上
  5:50 (御来光)
  6:10 下山開始
  7:30 排雲山荘(朝食)
  8:30 排雲山荘発
  9:10 大峭壁
  10:00 白木林休憩所(WCあり)
  11:20 前峰登山口
  11:50 モンロー亭(WCあり)
  12:45 タタカ鞍部登山口

<2:50>出発
登頂後はまた小屋に戻ってくるので、必要最低限の防寒着や行動食などだけを持って出発します。
まだ真っ暗なので、ヘッドランプも必須!
頂上までの道も、前半は1日目と同じような道が続きます。
後半は、だんだんと森林限界が近づき、ハイマツ中心の植生に変わります。
踏ん張りどころは頂上直前の30分。岩がちの道に鎖場が複数個所出てきます。

画像: この日は風もなく、暖かかったため、フリースや薄めのダウンで十分でした。

この日は風もなく、暖かかったため、フリースや薄めのダウンで十分でした。

そして急登を越えて、朝焼けの始まる頃合に、玉山頂上3,952m登頂!!
御来光を待ちます。普段は0℃近くまで冷え込む頂上付近ですが、
今回は天候に恵まれ、待っている間もフリースやダウン、手袋などで待てるほどでした。

画像: 御来光待ち。防寒対策もしっかりと用意が必要です。

御来光待ち。防寒対策もしっかりと用意が必要です。

そして御来光のとき。
天候もばっちり!
美しい朝日を頂上から拝みました。

画像: 御来光!

御来光!

この日は運よく、影富士山ならぬ、「影玉山」の姿も見ることができました!

画像: 日の出の反対側で見られる現象、影玉山。幻想的な風景です。

日の出の反対側で見られる現象、影玉山。幻想的な風景です。

登頂記念の集合写真!
みなさま、3,952m登頂おめでとうございます!

画像: 玉山登頂おめでとうございました!

玉山登頂おめでとうございました!

[2日目] 下山開始(玉山頂上3,952m~排雲山荘3,402m~タタカ鞍部2,610m)
 歩行:約13km、約5時間 標高差:約1,350mの下り

<6:10>下山開始
元来た道を、排雲山荘まで戻ります。

<7:30>排雲山荘到着
朝食をとり、パッキングをして出発準備。
おなかを満たして、下山開始です。

<8:30>排雲山荘出発
1日目に通ってきた道を下ります。
この日も最後まで雨具いらずで山行を終えられました。

<12:45>タタカ鞍部登山口に下山
みなさまお疲れ様でした!

玉山登頂、おめでとうございました!

今回は晴れ男・晴れ女8名様にご参加いただき、
好天のなか、みなさまチームワークよく無事登頂することができました!
本当におめでとうございました!
この後みなさんには、玉山登頂証明書をお渡しいたしました。

次はキナバル山?キリマンジャロ?
またみなさんで世界の山の頂上をめざしましょう!

=========================
お問合せ・パンフレットのご請求は下記にて承ります!
  クラブツーリズム株式会社
  世界をあるく
  電話 03-5323-6865
  メール sekai-aruku@club-tourism.co.jp
  営業時間 月~土 9:15~17:30 
       日祝日 9:15~13:00
=========================

This article is a sponsored article by
''.