みなさん、こんにちは!「登山・ハイキングの旅」担当スタッフの佐藤です。
冬も登山やハイキングを楽しみたいけれど、雪山登山はハードルが高そう…という方も、気軽に楽しめるのがスノーシューなどを使って白銀の世界を楽しむハイキング。
多くのツアーが用具のレンタル付きなので、どなたでもご参加いただけます。^^
冬しか歩けない雪の森や白銀の絶景を楽しみに出かけませんか?
画像: 登山・ハイキングの旅担当スタッフ佐藤が スノーハイキングの魅力をお伝えします!

登山・ハイキングの旅担当スタッフ佐藤が
スノーハイキングの魅力をお伝えします!

そもそも、スノーハイキングって?

ふかふかの雪が積もった地面を歩こうとすると、脚が雪の中に潜ってしまって、なかなか前に進めないですよね?
そんな雪面を、様々なアイテムを使用して歩くのがスノーハイキングです。

雪山登山とは異なり、比較的平坦な場所を歩くので、滑落などの危険も少なく、技術的・体力的にも特別なトレーニングをせずに気軽にチャレンジできる冬のアクティビティです。

最近は、無雪期に登山をしない方やインバウンドのお客様でも、スノーハイキングを楽しむ方が増えています。

画像: スノーハイキングの様子(イメージ)

スノーハイキングの様子(イメージ)

どんなアイテム・装備が必要?

スノーハイキングで使用する主な装備のうち、雪の中に潜らないように足に装着するアイテムは、大きく分けて以下の3種類です。
いずれも、靴底だけで歩くよりも接地面積を増やして体重を分散させ、雪の中に潜らない役割を果たしています。

❄️⛄スノーシュー⛄❄️
スノーハイキングでは、もっともメジャーなアイテムです。
プラスチックなど軽量な素材で出来ているので、ふかふかの雪の上でも快適に歩けます。

画像: スノーシュー(イメージ)

スノーシュー(イメージ)

❄️⛄かんじき(ワカン)⛄❄️

スノーシューとほぼ機能は同じですが、マタギなども利用していた日本古来のアイテムです。
写真はアルミ製ですが、昔ながらの竹製もあります。

画像: かんじき(イメージ)

かんじき(イメージ)

❄️⛄クロスカントリースキー⛄❄️

冬季オリンピックの競技などでも有名です。
通常のスキーと違い、固定されているのは爪先だけで踵が動かせます。

画像: クロスカントリースキー(イメージ)

クロスカントリースキー(イメージ)

これらのアイテムに、ストック(ダブル)を持って雪の上を歩きます。
「そんなアイテムは持っていない!」…もちろん、そうですよね。
ご安心ください!
クラブツーリズムでは、ほぼ全てのツアーにこれらのアイテムはレンタル付です。
(※一部ツアーを除きます。ツアーの行程内をご確認下さい)

☆★服装★☆

あとは服装ですよね。
下記写真のように…

・耳まで覆えるニット帽
・手袋
・スパッツ(靴に雪が入らないようにする)
・水のしみない靴
・登山をする方は上下セパレートタイプの雨具

があれば十分です。
極端な言い方をすれば、スキーウェアでもOKです!

画像: スノーハイキングの一般的な服装(イメージ)

スノーハイキングの一般的な服装(イメージ)

スノーハイキングの魅力

スノーハイキングの魅力は、何と言っても澄みきった空気の中で雪景色を楽しみながら、時には冬しか歩けない場所もハイキングできる事です!

スノーハイキングで楽しめる絶景を、写真でご紹介します♪

画像: ■樹氷原(写真は西吾妻山・天元台) スノーシューを使って、樹氷の間近まで歩けます

■樹氷原(写真は西吾妻山・天元台)
スノーシューを使って、樹氷の間近まで歩けます

画像: ■凍った湖沼(写真は知床五湖) 凍った水面の上に積もった雪の上を歩くことができるのは、もちろん冬だけ!

■凍った湖沼(写真は知床五湖)
凍った水面の上に積もった雪の上を歩くことができるのは、もちろん冬だけ!

画像: ■湿原(写真は尾瀬ヶ原) 夏は木道の上しか歩けない湿原も、積もった雪の上だからこそ自由に歩けます。

■湿原(写真は尾瀬ヶ原)
夏は木道の上しか歩けない湿原も、積もった雪の上だからこそ自由に歩けます。

画像: ■巨木(写真は鍋倉高原) 夏は深いヤブに覆われて近づく事のできない巨木にも、間近で触れる事ができます。

■巨木(写真は鍋倉高原)
夏は深いヤブに覆われて近づく事のできない巨木にも、間近で触れる事ができます。

このような雄大な風景の他にも、動物や人間の顔に似たかわいらしい冬芽や動物の足跡など、小さな発見も見逃せません!

画像: かわいらしい冬芽 羊の顔のように見えませんか?

かわいらしい冬芽 羊の顔のように見えませんか?

さあ、スノーハイキングに出かけよう!

みなさん、イメージは膨らみましたか?
歩いた人しか出会えない雪の絶景を求めて、スノーハイキングに出かけましょう⛄❄️

こちらもおすすめ!冬山の魅力をご紹介

---------------------------------------------------------
クラブツーリズム株式会社
スポーツ旅行センター
〒160-8308 東京都新宿区西新宿6-3-1
      新宿アイランドウイング
TEL:03-5323-5566
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
      日曜・祝日 お休みとなります
---------------------------------------------------------

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。

1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから

◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから

※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!

インスタグラム

facebook

youtube

LINE

This article is a sponsored article by
''.