サイクリングと言えば、
しまなみ海道サイクリング
今回はしまなみ海道サイクリングツアーについてご紹介します!
広島県・尾道から愛媛県・今治へ。瀬戸内海に浮かぶ6島を繋ぐしまなみ海道全長約75kmを自転車で走破。
風光明媚な島々の景色を眺めながら、爽やかなサイクリングを楽しみませんか?
ツアーならではの安心ポイントもございますので是非ご参加ください!

「しまなみ海道サイクリング」とは?

「しまなみ海道」は広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ自動車道です。

画像: 最後に渡る来島海峡大橋(撮影 弊社スタッフ石川)

最後に渡る来島海峡大橋(撮影 弊社スタッフ石川)

瀬戸内海に浮かぶ6つの島を大小含めて9つの橋でつなぐ歩行者・自転車用の道として、推奨ルートにブルーラインが引かれたり、距離の案内板などが整備され、現在は生活路としてだけでなく、観光地としても人気のサイクリングコースです!

画像: 絶景を眺めながら走ります(イメージ)

絶景を眺めながら走ります(イメージ)

クラブツーリズムでご案内しているツアーでは、広島県・尾道市からスタートし、愛媛県・今治市まで約75kmのコースを2日間に分けてサイクリングします。3日目はご自身が自転車で通ってきた道をバスで観光しながら尾道市まで戻ります。

ツアーならではの安心ポイント!

☆電動自転車を確約☆
電動自転車(E-BIKE)をご用意いたします。
力をあまり使わずラクラク走れます!

☆ヘルメットのレンタル付き☆
お客様ご自身でご用意する必要はございません!

☆サドルクッション無料貸出し・飲料水おひとり1本プレゼント☆
快適に楽しくツアーにご参加いただけるよう準備いたしました!

☆サポートカーが併走☆
万が一に備え、サポートカーが併走いたします。
不要な荷物を預けられるので身軽な格好でサイクリングを楽しめます!
サイクリング中に購入したお土産も預けられます!

☆3日目は島内観光にご案内☆
亀老山展望台からは自転車で走った来島海峡大橋を上から眺める事が出来ます!

大好評につき5月11日出発追加設定いたしました!

4月出発、5月出発でたくさんのご予約をいただいております。

満席のお日にちが多くなってきましたので ☆5月11日出発追加設定いたしました!☆

さらに5月11日出発は今治国際ホテルの海側のお部屋を確約!

満席となる前にご予約お待ちしております!

ツアーに同行した添乗員より

これまで数多くの添乗に同行してまいりましたが、「しまなみ海道最高でした」「素晴らしい景色に出会いました」「しまなみ海道に来てよかったです!」

こうしたお話をどのツアーよりも聞くことができた3日間だったと思います。

しまなみ海道ツアーに携わっている社員として、最高に幸せな瞬間です。橋を登り切るまでのワクワク感、絶景が並ぶ橋の上の景色!さらに橋を駆け降りるときの爽快感、全てに魅力が詰まっております。

初めてしまなみ海道をサイクリングされる方でも、思う存分楽しんでいただきたい、素敵な思い出を持ち帰っていただきたい、そんな想いで、日々より良いツアーとなるよう取り組んでおります。しまなみ海道、今治で皆様とお会いできることを、社員一同楽しみにしております!

画像: スポーツ旅行センター 是澤

スポーツ旅行センター 是澤

☆ツアーのお申込みはこちらから☆

オンライン説明会も実施中!

こちらのブログだけでは、まだまだ魅力は語り切れません。
当日何を準備すればいいの?
ツアーの詳細がもっと知りたい!という方
オンライン説明会(無料)も実施しているので是非ご参加ください!

その他、サイクリングツアー多数ございます!

しまなみ海道サイクリング以外にもサイクリングツアーを多数ご用意!
キラキラ光る緑のなか、風になる喜びを感じませんか。

お問い合わせ先

クラブツーリズム株式会社
スポーツ旅行センター
〒160-8303 東京都新宿区西新宿6-3-1
新宿アイランドウイング
TEL:03-5323-5566
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
日曜・祝日 お休みとなります

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
インスタグラム
facebook
youtube
LINE

This article is a sponsored article by
''.