このブログでは南アフリカのおすすめ観光地についてお届けします!!
今後の旅行先を選ぶ際に参考にして頂ければ幸いです。
今回は南アフリカ・ジンバブエ・ザンビア・ボツワナの4ヵ国にフォーカスを当て、スタッフが添乗中に撮影した写真と一緒にご紹介します!

①ビクトリアフォールズ(ビクトリアの滝)

世界三大瀑布の1つビクトリアフォールズ
ザンビア側・ジンバブエ側の両側から観光することに加えて、ヘリコプターで上空から大迫力の滝を見ることが出来ます。
1月~8月あたりが最も水量の多い時期となり、全身がびしょ濡れになるほどの激しさです!
足元は踵が固定できるようなビーチサンダル・防水のカッパや登山用のマウンテンパーカーがおすすめです。
カメラをお持ちの方はタオルで巻いたりビニールを被せたりして防水対策をしっかり行いましょう。

画像: 落差108mでユネスコの世界遺産にも登録されています!(弊社スタッフ撮影)

落差108mでユネスコの世界遺産にも登録されています!(弊社スタッフ撮影)

ヘリコプターで上空から滝をぐるっと遊覧できます(弊社スタッフ撮影※天候によりご案内できない場合があります)

②チョべ国立公園

ボツワナで二番目に広いチョベ国立公園
ここではボートサファリとドライブサファリの2種類が楽しめます。他では味わうことができないサファリ体験を一生忘れることはないでしょう!
お目当ての動物に出会えるかどうかは運次第♪
窓がない車での移動ですので、日差し対策に帽子やサングラス、よりサファリを楽しむために双眼鏡やカメラなどがおすすめです。
途中休憩もあり、飲み物を飲むこともできます。

画像: 4輪駆動の専用車で午前中はドライブサファリ (弊社スタッフ撮影)

4輪駆動の専用車で午前中はドライブサファリ (弊社スタッフ撮影)

画像: 午後は大人気のボートサファリ (弊社スタッフ撮影※諸条件によりご覧いただけない場合があります)

午後は大人気のボートサファリ (弊社スタッフ撮影※諸条件によりご覧いただけない場合があります)

画像: 野生の象をこの距離で見ることができます!(弊社スタッフ撮影※諸条件によりご覧いただけない場合があります)

野生の象をこの距離で見ることができます!(弊社スタッフ撮影※諸条件によりご覧いただけない場合があります)

画像: 日本ではあまり馴染みのないバッファローも!(弊社スタッフ撮影※諸条件によりご覧いただけない場合があります)

日本ではあまり馴染みのないバッファローも!(弊社スタッフ撮影※諸条件によりご覧いただけない場合があります)

③ケープタウン

ケープタウンは南アフリカの「母なる町」として知られていて、喜望峰テーブルマウンテンなどの観光地が目白押し!
テーブルマウンテン頂上へ向かう際、360度見渡すことのできる回転式の大きなケーブルカーに乗って標高1,080mまで上昇します。
風が強いのでウインドブレーカーの着用がおすすめです!

画像: テーブルマウンテンからの景色 (弊社スタッフ撮影)

テーブルマウンテンからの景色 (弊社スタッフ撮影)

画像: ケープペンギンの営巣地 ボルダーズビーチ 可愛らしいペンギンに癒されます (弊社スタッフ撮影※諸条件によりご覧いただけない場合があります)

ケープペンギンの営巣地 ボルダーズビーチ 可愛らしいペンギンに癒されます (弊社スタッフ撮影※諸条件によりご覧いただけない場合があります)

画像: ケープポイントより喜望峰を見下ろします(弊社スタッフ撮影)

ケープポイントより喜望峰を見下ろします(弊社スタッフ撮影)

④喜望峰

アフリカ=喜望峰を想像する方も多いのではないでしょうか。
神様が塗り絵をしたかのような綺麗なターコイズが大西洋一面に広がっています。今から約500年前、ポルトガルの国王や冒険家にとってまさに希望の岬となったこの場所で、歴史あるロマンと爽快な潮風を感じませんか?

画像: 喜望峰では写真ストップで記念撮影を! (弊社スタッフ撮影)

喜望峰では写真ストップで記念撮影を! (弊社スタッフ撮影)

画像: 階段を上がった先には各国の方面を示す立札があります(弊社スタッフ撮影)

階段を上がった先には各国の方面を示す立札があります(弊社スタッフ撮影)

⑤ウォーターフロント

アフリカの中でも治安が良いウォーターフロントは、日本のみなとみらいや神戸のような港街のようなところです。
自由時間を使ってショッピングができる他に、クルーズ用の港や、地元の合唱サークルが演奏をしていることも!
お土産屋さん以外にも生活用品も売っているので、現地の人の過ごし方を感じましょう!

画像: 観覧車もあってテーマパークのような雰囲気もありますね!(弊社スタッフ撮影)

観覧車もあってテーマパークのような雰囲気もありますね!(弊社スタッフ撮影)

終わりに

いかがでしたでしょうか?
動物や自然が豊かな生命の神秘溢れる街。一方で生活しやすい気候なので米国やヨーロッパ方面からの観光客が多い豊かな街こそがケープタウンの魅力です。
1日でも早く観光できる日が戻ってきて、また旅行ができるようになるといいですね!

クラブツーリズムの「絶景・秘境の旅」ブランド「Grande(グランデ)」
中南米・アフリカ・東南アジア・中近東など幅広くご案内しています!

Twitter にて最新の情報を随時更新しています!お気軽にフォローください♪
特集ページ [Grande(グランデ)]
Twitter [Grande(グランデ)]

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。
◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。
SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.