旅先での楽しみのひとつがホテル滞在ですね。素敵なホテルに泊まりたいけど、どこを選んだらいいのか迷ってしまう方に必見!「世界のホテルセレクション」と題しまして、旅行会社スタッフがオススメする一度は泊まってもらいたい世界の面白いホテルをご紹介していきます。
第6回目は、シンガポールのランドマークとなっている「マリーナ・ベイ・エリアの見どころとマリーナ・ベイ・サンズ・ホテル」についてご紹介いたします。

マリーナ・ベイ・エリアとは?

マリーナ・ベイ・エリアは、マリーナ湾を中心に【ホテル】【ショッピングモール】【観光地】などが集まる複合施設で、シンガポールを代表する人気のスポットが集中していることから、シンガポール観光には欠かせないエリアです。

画像: マリーナ・ベイ・エリア(イメージ)

マリーナ・ベイ・エリア(イメージ)

特にマリーナ・ベイ・サンズ・ホテルは、解散してしまった某アイドルグループが携帯会社のCMを撮影したホテル、見た目は子供、頭脳は大人な名探偵が活躍する某アニメ映画の舞台になったホテルと言われればご存知の方も多いのではないでしょうか?

今回は、このマリーナ・ベイ・エリア内の【マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル(マップの茶色部分)】【ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(マップの水色部分)】【マリーナ・ベイ・エリア周辺観光地】について紹介していきます。

画像: マリーナ・ベイ・サンズのアクセスマップ(イメージ)

マリーナ・ベイ・サンズのアクセスマップ(イメージ)

一度は泊まりたい!マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル

シンガポールのランドマークとなっている「マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル」。ホテルタワー3棟と船型の屋上「サンズ・スカイパーク」から成る特徴的な建築物で、マリーナ・ベイ・エリアでの存在感は抜群!5つ星のデラックスホテルとして数々の著名人も宿泊する人気の高いホテルです。

画像1: 世界の面白いホテルをのぞき見!<第6回>『シンガポール注目のスポット!マリーナ・ベイ・エリアとマリーナ・ベイ・サンズ』【好奇心で旅する海外】

【えっ?それ本当なの?小話】

特徴的な形のマリーナ・ベイ・サンズ・ホテル。よく見ると“傾いてる”??

実は…設計の段階から風水を取り入れており、横から見ると漢字の「入」に見えるように建てられているそうです。もちろんホテル内部は傾きを感じることなく快適にお過ごしいただけますので、是非ご自身の目で確かめに行ってみましょう!

おすすめの部屋タイプと眺望は?

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルは総客室数が2,500室を超える大型ホテルです。部屋タイプも約13タイプもあり、眺望も【シティービュー】【ガーデンビュー】【ハーバービュー】など様々な眺望の部屋があり、どこがおすすめなのかわからない!という方も多くいらっしゃいます。今回はクラブツーリズムおすすめの【デラックスルーム】【プレミアルーム】をご紹介いたします。

★スタンダードなデラックスルーム★

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルの客室の中で一番スタンダードなのがデラックスルーム。眺望によってシティービュー、ガーデンビュー、ハーバービューの3種に分けられます。お部屋の広さは約30㎡で2名でお過ごしいただくには十分な広さで快適にお過ごしいただけます。

基本的な設備も充実!ガラス張りのシャワースペースを備えた広々としたバスルームには、シャンプー・リンスなどのバスアメニティやドライヤー完備(バスタブは無し)。無料Wi-Fiやコーヒー紅茶などのミニバー(一部有料あり)のサービスも嬉しいポイント。また、宿泊者限定特典として55階の最新設備のジム「バンヤンツリー・フィットネスクラブ」も無料でご利用いただけます♪

画像: デラックスルーム(ガーデンビューツイン/イメージ) © Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2022. All rights reserved. Information is subject to change.”

デラックスルーム(ガーデンビューツイン/イメージ)

© Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2022. All rights reserved. Information is subject to change.”

★ちょっと贅沢にプレミアルーム★

もう少しゆとりのある部屋にしようかな?という方におすすめは「プレミアルーム」。
基本の設備・特典はデラックスルームと一緒ですが、眺望は低層階、ガーデンビュー、シティビューの3タイプとなり、約42㎡のゆとりのあるお部屋に浴槽が付いたバスルームが特徴です。

画像: プレミアルーム(ガーデンビューツイン/イメージ) © Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2022. All rights reserved. Information is subject to change.”

プレミアルーム(ガーデンビューツイン/イメージ)

© Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2022. All rights reserved. Information is subject to change.”
画像: バスルーム(イメージ) © Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2022. All rights reserved. Information is subject to change.”

バスルーム(イメージ)

© Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2022. All rights reserved. Information is subject to change.”

おすすめの朝食レストランは?

ホテルタワー1の1階にある「RISE(ライズ)」は、東南アジアの多様で豊かな食文化を楽しめるブッフェスタイルのレストランです。ふわふわのパンケーキから点心、シンガポールの家庭料理など数多くのメニューが朝から楽しめます。

画像1: RISEレストラン(イメージ)

RISEレストラン(イメージ)

画像2: RISEレストラン(イメージ)

RISEレストラン(イメージ)

宿泊者限定特典!インフィニティ・プール

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルと言えばこのプール!地上57階の屋上からシンガポールの街並みを一面に見渡すことのできる全長150mのインフィニティ・プールが有名です。

画像: インフィニティ・プール(イメージ) © Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2022. All rights reserved. Information is subject to change.”

インフィニティ・プール(イメージ)

© Marina Bay Sands Pte. Ltd. 2022. All rights reserved. Information is subject to change.”

早朝から深夜までOPENしているので時間帯を変えて何度でも訪れたいスポット! 18時頃の夕暮れ~夜に変わる時は特に絶景です。プール内ではスマートフォンやデジタルカメラの使用も可能!事前にジッパー付きのビニール袋や防水カバーを準備して「映える1枚」をこのプールで撮ってみてはいかがでしょうか?

画像2: 世界の面白いホテルをのぞき見!<第6回>『シンガポール注目のスポット!マリーナ・ベイ・エリアとマリーナ・ベイ・サンズ』【好奇心で旅する海外】

有名スポットだから混み合っているんじゃないの??

画像3: 世界の面白いホテルをのぞき見!<第6回>『シンガポール注目のスポット!マリーナ・ベイ・エリアとマリーナ・ベイ・サンズ』【好奇心で旅する海外】

こちらのプールはマリーナ・ベイ・サンズ宿泊者限定のプールなので心配ご無用。ご利用は事前予約制で、1日1室あたり1時間15分の時間制限もありホテル側で人数調整を行っています。(2022年3月1日現在)

地上約200mの展望デッキと夜のスペクトラショー

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルの屋上は、全長約340mの空中庭園「サンズ・スカイパーク」となっており、地上約200mの「展望デッキ」が人気スポットです。船型になったサンズ・スカイパークの舳先部分が「展望デッキ」となっており、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイやマーライオンなどシンガポールの観光名所が見渡せる絶景スポットです。マリーナ・ベイ・サンズ宿泊者は入場無料でお楽しみいただけます!

画像: 地上約200mの展望デッキと夜のスペクトラショー
画像: 展望デッキからの景色(神奈川県在住のPN:ヨッシャ様作品/イメージ)

展望デッキからの景色(神奈川県在住のPN:ヨッシャ様作品/イメージ)

画像: サンズ・スカイパーク展望デッキ(イメージ)

サンズ・スカイパーク展望デッキ(イメージ)

画像4: 世界の面白いホテルをのぞき見!<第6回>『シンガポール注目のスポット!マリーナ・ベイ・エリアとマリーナ・ベイ・サンズ』【好奇心で旅する海外】

通常、マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル内は宿泊者しか入れませんが、このサンズ・スカイパークは宿泊者以外も有料にて入場可能!絶景展望台からの景色をどなたでもお楽しみいただけます。※現在入場制限を行っているため、事前のオンライン予約が必要です(2022年3月1日現在)

また、夜間にはホテル正面のマリーナ湾にて屋外ショー「スペクトラ - 光と水のシンフォニー」が開催されます。最新のレーザー技術に音楽と噴水を掛け合わせたストーリー仕立てのショーは必見!上映は約15分間で、宿泊者以外も無料で楽しめます。

シンガポールの光のショー(静岡県在住の加藤千明様作品/イメージ)

スペクトラショー(三重県在住のPN:masa&taka様作品/イメージ)

巨大ショッピングモール
「ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ」

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルに隣接している巨大ショッピングモール「ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ」。世界のハイブランドやシンガポールの老舗ブランドショップなど170軒以上、各国のグルメをお楽しみいただけるレストランやお洒落なカフェ、ティーサロンなども80軒以上入っているので、1日中ショッピングやお食事をお楽しみいただけるスポットです。

画像5: 世界の面白いホテルをのぞき見!<第6回>『シンガポール注目のスポット!マリーナ・ベイ・エリアとマリーナ・ベイ・サンズ』【好奇心で旅する海外】

日本では買えないものを見つけたり、シンガポール土産を探すのにピッタリかも!

「ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ」で出来る珍しい体験や、おすすめのショップをいくつかご紹介します!

まるでベニスのよう?!サンパン船

広大な敷地を移動するには船が一番?!なんと屋内には運河があり、サンパン船と言われる小さな手漕ぎの舟に乗ることができます♪気分はまるでイタリアのベニスのよう?!有料となりますが屋内で楽しめるエンターテイメントとして人気です!

画像: 運河を移動するサンパン船(イメージ)

運河を移動するサンパン船(イメージ)

シンガポールの老舗ティーサロン「TGW」

シンガポール生まれの高級ティーブランド「TWG Tea Salon」のショップが2店舗入っています。ショップではお土産として紅茶やチョコレートボンボン、マカロンなど購入することもできますし、店内サロンでは紅茶とスイーツを召し上がることもできます。

画像: TWG Tea Garden(イメージ)

TWG Tea Garden(イメージ)

スーパーマーケット「ジェイソンズ デリ」

シンガポールの代表的なスーパーマーケット「Jasons Deli」では、ばらまき用のお土産を見つけるにピッタリ!カップラーメンなどのインスタント食品やシンガポールのローカルお菓子など数多くの品がそろってます♪

画像: ジェイソンズ・デリ(イメージ)

ジェイソンズ・デリ(イメージ)

マリーナ・ベイ・エリアの観光地

マリーナ・ベイ・エリアには定番観光地から最近オープンした新しい観光地など、シンガポールを代表する名所が目白押し!

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」には、大小12の人工ツリーが立ち並ぶ「スーパーツリー・グローブ」2019年に新しく出来た「フローラルファンタジー」など見どころばかり。

近未来的な人口樹「スーパーツリー・グローブ」

「スーパーツリー・グローブ」は金属と本物の植物を組み合わせて作られたスーパーツリーが樹立している不思議な空間。

ツリーを繋ぐ高さ約22mの空中歩道「OCBCスカイウェイ」は床面が網目状になっておりスリル満点!

夜にはスーパーツリーが音楽に合わせて色を変えるライトアップショー「ガーデンズ・ラプソディ」が開催。日中とはまた違ったSFファンタジーな世界をお楽しみください♪

画像: スーパーツリー・グローブ(埼玉県在住のPN:jun235様作品/イメージ)

スーパーツリー・グローブ(埼玉県在住のPN:jun235様作品/イメージ)

画像: ガーデンズ・ラプソディ徳島県在住のPN:りさ様作品(イメージ)

ガーデンズ・ラプソディ徳島県在住のPN:りさ様作品(イメージ)

画像: OCBCスカイウェイで空中散歩をお楽しみ(弊社スタッフ撮影/イメージ)

OCBCスカイウェイで空中散歩をお楽しみ(弊社スタッフ撮影/イメージ)

【NEW】花々の世界「フローラル・ファンタジー」

画像: フローラル・ファンタジー(イメージ)

フローラル・ファンタジー(イメージ)

2019年4月にオープンした NEWスポット!
カラフルな南国の花々が作り出す夢の世界「フローラル・ファンタジー」。約150種、3,000本以上の植物が「ダンス」、「フロート」、「ワルツ」、「ドリフト」の4つのエリア毎に見せ方を変えて展示されています。

4Dシアターも見所のひとつ!専用グラスをかけ、トンボの視点でガーデンズ・バイ・ザ・ベイを冒険する新感覚エンターテイメントもお楽しみいただけます。(2022年3月現在閉鎖中)

画像6: 世界の面白いホテルをのぞき見!<第6回>『シンガポール注目のスポット!マリーナ・ベイ・エリアとマリーナ・ベイ・サンズ』【好奇心で旅する海外】

上記以外にも、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ・エリアには「クラウド・フォレスト」「フラワー・ドーム」など、まだまだ見どころ盛りだくさん。時間をかけてゆっくり滞在するのもおすすめです!

また、実は日本とのゆかりがある「シンガポール・フライヤー」やシンガポールを象徴する「マーライオン像」など、定番観光地も見逃せません!

特徴的なデザインの「シンガポール・フライヤー」

日本人建築家である故・黒川紀章氏がデザインした「シンガポール・フライヤー」。マリーナ・ベイ・エリアにある高さ165メートルの世界最大級の観覧車です。定員28名の大型ゴンドラで、1周約30分の空中遊覧をお楽しみいただけます。

ビル42階建てに相当する高さからの景色は圧巻!夜間にはライトアップされたマリーナ・ベイ・エリアをじっくりとご覧いただけます♪

画像: シンガポールフライヤー(イメージ)

シンガポールフライヤー(イメージ)

シンガポールのシンボル「マーライオン」

上半身はライオン、下半身は魚の姿をした「マーライオン」。1972年に当時の首相・リー・クアンユーの発案で作られ、マリーナ湾に面したマーライオン像はシンガポールきっての人気撮影スポット。

【えっ?それ本当なの?小話】
マーライオンは1体だけではない?!実はシンガポール政府観光局公認のマーライオンは他にも5体あり、非公式のマーライオンに至っては無数に存在しています。それだけ国民にも愛されているシンボルなんですね♪

画像: マーライオン・パークのマーライオンとマリーナ・ベイ・サンズ・ホテル(弊社スタッフ撮影/イメージ)

マーライオン・パークのマーライオンとマリーナ・ベイ・サンズ・ホテル(弊社スタッフ撮影/イメージ)

おわりに

画像: シンガポール担当スタッフ

シンガポール担当スタッフ

「マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルとマリーナ・ベイ・エリア」はいかがでしたでしょうか?シンガポールにはまだまだ多くの素敵なホテルや観光地がありますが、今回は弊社スタッフ一押しのマリーナ・ベイ・サンズ・ホテルとその周辺の観光地をご紹介いたしました。皆様の今後のシンガポール旅行の参考になれば幸いです!

2022年の海外旅行はシンガポールがおすすめ!添乗員付きのツアーを販売開始しました。
今回ご紹介したマリーナ・ベイ・サンズ・ホテルに宿泊するツアーも販売中!

2022年の海外ツアー、順次販売開始中!

シンガポールや他の国々のツアーも販売開始しております♪詳細はこちらをご確認ください!

まだまだ知りたい!シンガポール情報

【好奇心で旅する海外】他のテーマシリーズも公開中

クラブツーリズムの好奇心で旅する海外!様々なテーマ別の旅をご紹介!
世界の芸術や歴史、鉄道、グルメなど新たな旅の魅力を見つけませんか?

<芸術百華>
『イタリア芸術』
<歴史の時間>
『え~?これも三国志?!』
『謎多きエジプト大解剖!』
『楽園のハワイの横顔・歴史旅』
<世界遺産浪漫> 
『世界遺産〇〇5選』
<船旅チャンネル> 
『欧羅巴リバークルーズ』
『もっと身近にダイヤモンド・プリンセス』
<癒しの空間> 
『世界の風呂でととのう』
<海外の「味」物語>
『世界のカフェ歩き』
『世界のワインとグルメ旅』
『スタッフ厳選!世界のうまいもん』

<花咲くワールド>
『花カレンダー2021』
<夜空の物語>
『夜を美しくする〇〇シリーズ』
<来た来た!アニマル>
『キュン死注意!ふわふわモフモフ大集合』
<鉄旅チャンネル>
『世界の魅力的な鉄道』
<世界のホテルセレクション>
『世界の面白いホテルをのぞき見!』
<世界ぶらり街探訪>
『発見!知りたい世界の街散歩』

詳細はこちらをクリック

その他にも、さまざまな情報発信中!

Twitterやってます!
海外旅行の最新情報を配信中♪

海外旅行の最新情報を配信するクラブツーリズムの公式Twitter公開中!
コロナ禍の海外現地情報や海外旅行の最新情報、観光地情報に加え、海外ツアー販売開始の際にはいち早くツアー発表をTwitterで配信しています!是非フォローをお願いします。

フォローはこちらから!

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
多数あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから

※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!

LINE
インスタグラム
facebook
youtube

クラブツーリズム 海外旅行シンガポール・マレーシア方面 お問い合わせ先

【TEL】03-5323-6830
【メール】15kaigai.yoyaku@club-t.com
【住所】〒160-8308 東京都新宿区西新宿6-3-1新宿アイランドウイング
【電話営業時間】月曜~土曜9:15~17:30 日曜祝日:休業
【来店窓口営業時間】月曜~土曜9:30~17:00 日曜祝日:休業

※新型コロナウイルスの影響により一部営業時間の変更があります。詳細はこちらよりご確認ください。

This article is a sponsored article by
''.