いざ、登山・ハイキングを始めようと思っても、どのように始めれば良いか分からない。そんな初心者の方は登山ツアーを利用してみてはいかがですか? この記事を読むと登山ツアーが初心者にピッタリな理由と、初心者向けのツアーの選び方が分かります。

目次

1. 登山ツアーが初心者にぴったりな理由

いきなり登山を始めようと思っても最初はハードルが高いですよね。周りに教えてくれる友人がいればよいですが、そういう人が見つからなかったり、いても予定が合わなかったり、もどかしい思いをされている方も多いのではないでしょうか。

そんな時は登山ツアーがオススメです! ツアーをうまく利用して、登山を新たな趣味にしてみませんか? まずは、登山ツアーが初心者にオススメな理由をご説明いたします。

理由① 登山ガイドが同行する

登山ガイドからのレクチャーの様子

登山ツアーは原則登山ガイドが同行し、ルート選びから、難所のサポート、悪天候時の状況判断など、安全管理を行います。

山の中で突然の大雨に打たれてしまった場合、進むべきか引き返すべきか、自信を持って判断できますか? ガイドは長年の登山経験と、専門知識が必要な登山ガイド資格を有していますので、様々な可能性を考えた上で、最善の判断をしツアーを引率します。

特に山の初心者にとって危険を予測することは難しく、ガイドの力は大きな安心感になることでしょう。

理由② 集合場所に行くだけで参加できる

集合場所からはバスや電車でらくらく移動♪

個人で登山に行く場合、やることは多岐にわたります。ぱっと思いつくだけでも下記のようなことは全て自分でやらなければなりません。

・どの登山ルートが安全で歩きやすいのかを下調べをする
・登山口までのアクセスを調べ、場合によっては交通機関等を手配する
・登山時には地図を基に、今どこを歩いているのかを常に把握する
・宿泊が必要な山の場合、ホテルや山小屋等の手配

登山ツアーに参加いただければ、これらの手間は旅行会社にお任せでOK! 集合場所に来てくださるだけで、あとは同行する添乗員・登山ガイドが皆様を山頂へとご案内いたします。

理由③ 一人でも参加しやすい

一人で参加しても寂しくありません!

山に行こうと思っても、なかなか友達と予定が合わなかったり、行きたい山のレベルが合わなかったりしたことはありませんか?

ツアーは一人参加の方がとても多く、ツアーによっては半分以上がお一人参加ということも決して珍しくありません。

気の合う方がいればお話しされるも良いですし、団体行動しながらも一人で自然に浸るというのも良いですし、それぞれの過ごし方で一人参加を楽しんでみてくださいね♪

2. 初心者の登山ツアーの選び方

それでは実際にどのようにツアーを選べばよいか、初心者の方にツアー選びで気をつけていただきたいポイントをまとめてみました。

登山レベルからツアーを選ぶ

クラブツーリズムでは、標高差、歩行時間によって、レベルの低い順に<ハイキング>、<登山>と2つの分類に分け、さらに「ハイキング初級」「登山初級A」などのように細かくレベル分けをしています。

ハイキング レベル一覧

レベル歩行時間特徴
ミニハイキング2時間以内標高差100m未満、歩行距離5km以内の
舗装されていない道歩き。
ハイキング入門3時間以内初めて「野山」を歩く方向き。
標高差100m未満のほぼ平坦な道歩き。
ハイキング初級2~5時間程度本格ハイクへのステップアップに!
標高差100m以上のややアップダウンのある道歩き。
ハイキング中級5時間以上軽い登山も含む本格的なハイキング。
標高差100m以上、300m未満のアップダウンのある道歩き。

登山レベル一覧

レベル歩行時間標高差特徴
登山入門4時間以内500m未満登山は初めてという方、
しばらく登山をお休みしていた方に最適のコースです。
登山初級A4時間以上500m以上登山入門より歩行時間や標高差が増えます。
体力維持や中級へのステップアップにも最適です。
登山初級B5時間以上500m以上
登山中級A6時間以上700m以上本格的な登山コースです。
登山入門・初級コースを経験してからのご参加をお願いします。
登山中級B7時間以上700m以上
登山上級5時間以上500m以上危険箇所や沢などの悪路、
自炊・無人小屋利用の長期縦走などがある熟達者向けコースです。

初心者は標高差600m以内に抑えよう

初心者の無理のないペースで、1時間で登り下りできる標高差は下記が目安と言われています。

・登り=標高差300m前後
・下り=標高差400m前後

このペースで600mの標高差を登って下ると、休憩なしでも3時間半くらいの時間がかかります。初心者のうちは、1日の歩行時間は長くても4時間以内に留めたいところですので、標高差が600mくらいまでのコースを選ぶのが良いでしょう。

すなわち、クラブツーリズムのレベルで表すと、<登山入門>または<登山初級>のレベルのツアーが、登山初心者にオススメの登山レベルとなります。

初心者におススメのレベル別ツアー一覧はこちら

※ツアー一覧をクリック後、青色の「条件を変更する」ボタンから出発地域が選択できます

こちらの記事もご覧ください

日数からツアーを選ぶ

ツアーは日帰りからホテル宿泊するコース、山小屋に宿泊するコース等様々なツアーがございます。

初心者の方には、気軽にご参加いただきやすい日帰りのツアーをオススメいたします! 理由は日帰りであれば荷物は最小限で済み、負担も少なく登山を楽しめるためです。

宿泊するコースの中でも、特に山小屋に宿泊するコースは2日分以上の荷物を全て持った状態で歩かなければいけませんので、登山ツアーに慣れてきたらチャレンジしてみてください。

人気の山からツアーを選ぶ

日本には様々な山がありますが、人気のある山・エリアというのは複数存在しております。

そこで、多くの登山者が登っている人気のエリアをご紹介いたします。初心者の方には難しい上級者向けの山もありますが、初心者の方が挑戦しやすい山もたくさんありますよ。登山レベルに注意して、気になる山を探してみてください!

◆日本百名山

画像: あまり歩かずに登頂できる八幡平

あまり歩かずに登頂できる八幡平

日本百名山とは日本の小説家であり登山家でもある深田久弥(1903-1971年)氏の山岳随筆、「日本百名山」(1964年初版)に載っている100座の山のことを指し、北は北海道、南は九州まで日本全国の名峰が紹介されています。

今では多くの登山者が日本百名山を完歩することを目標にされるなど、憧れの山の象徴的な存在にもなっています。日本百名山の解説記事はこちら

一見すると、日本百名山は初心者には難しい山に思われるかもしれませんが、初心者の方でも挑戦していただける、登山レベルの低い山も複数存在しています。

クラブツーリズムの特集ページでは山選びの参考の一つとして、各山の標高と参考レベルを併記しております。登山入門や登山初級レベルの山からツアーを探してみてはいかがでしょうか。

◆日本アルプス周辺

日本アルプスの山々

日本の中部地方にある、北アルプス(飛騨山脈)、中央アルプス(木曽山脈)、南アルプス(赤石山脈)、この3つの山脈の総称が日本アルプスです。別名、「日本の屋根」とも呼ばれ、多くの山々が集まる、日本有数の山岳地帯です。

険しい岩峰、美しい稜線、可憐な高山植物、輝く雪渓、神秘的な池塘など、他では見ることのできない風景が盛りだくさん! 夏のハイシーズンになると日本中の多くの登山者が集まり、賑わいを見せます。

標高は2,000~3,000mと比較的高いため、上級者向けの山々と思われがちですが、登る山とルートを選べば初心者の方でも挑戦できる山も多いです。

下記に、比較的初心者でも挑戦しやすい、人気の山をご紹介いたします。

▽乗鞍岳

標高2,702mの畳平まで、バスで乗鞍スカイラインを通りアクセス可能で、そこから3,026mの乗鞍岳山頂まで片道約1時間30分、標高差約300mの登山で登頂ができます。

▽立山・雄山

約2,430mの室堂まで、立山黒部アルペンルートでアクセス可能、そこから標高3,003mの立山・雄山まで片道約2時間、標高差600m弱で登頂できます。

▽木曽駒ケ岳

約2,640mの千畳敷まで、駒ケ岳ロープウェイでアクセス可能、そこから2,956mの木曽駒ケ岳山頂まで片道約2時間、標高差約300mで登頂できます。

◆八ヶ岳周辺

八ヶ岳の山々

山梨県と長野県にまたがる山々。最高峰赤岳を中心とする険しい岩峰が連なる南八ケ岳と、なだらかな山々と湖沼の美しい北八ヶ岳に分類され、北と南で全く異なる表情を見せてくれます。

珍しい動物や、植物などを見ることができる自然豊かな場所で、夏は避暑地としても人気の高い高原地帯となっています。

下記に、比較的初心者でも挑戦しやすい、人気の山をご紹介いたします。

▽霧ヶ峰

最高地点は標高1,925mの車山で、山頂までリフトで行くこともできます。初夏のニッコウキスゲをはじめとする高山植物も美しく、北アルプスなど山岳展望も素晴らしいです。

▽美ヶ原

最高地点は標高2,034mの王ヶ頭で、山頂には王ヶ頭ホテルが建っています。なだらかな草原状の山頂部からは、日本百名山のうち3分の1近くを見渡せる絶景の山岳展望を望むことができます。

3. 初心者にオススメのツアー

それでは実際にどのようなツアーがオススメなのか、具体的なツアーと特集ページをご紹介いたします。この中から登山入門、初級レベルのものを探してみてくださいね。

日帰り登山ツアー

関東から日帰りで行ける奥秩父の金峰山

まずは気軽に日帰りツアーに参加してみましょう! 日帰り登山特集は、宿泊せずに日帰りで登山を楽しむツアーだけを掲載し、おすすめツアー等をご紹介しております。

エリア別にページを用意しておりますので、お住まいのエリアから行ける日帰り登山ツアーを探してみてください。「日帰りでもバスを使えばこんなに遠くまで行けるの?」と、驚かれるツアーもたくさんありますよ。

登山教室

登山教室の様子

月に一回のペースで参加いただく、スクール型登山ツアー。登山ガイドが登山に関する知識やスキルを教えながら、継続的にステップアップを目指します。参加者は基本的に同じメンバーになりますので、山仲間づくりにもおすすめです。

初心者向け登山教室は、季節ごとに始めるプランをご用意しております。「基礎からしっかり学びたい」という方には非常に好評いただいております!

女性限定登山ツアー

女性限定登山ツアーの様子

女性の方であれば女性限定登山ツアーもオススメです。参加者、登山ガイド、添乗員までが原則女性ですので、比較的和気あいあいとした和やかな雰囲気です♪ 女性ならではの不安な点も質問・相談しやすいと好評です。

「山を始めたいけれど、男の人ばかりだと少し怖くて不安」という方は、女性のための山旅特集から、女性限定ツアーを探してみて下さい!

また、女性限定の登山教室「ステップアップガールズ」も大好評です! 女性の方で登山の基礎から学びたい方は是非ご検討ください♪

ハイキングツアーから参加してみる

標高差の少ない山道を歩くハイキングツアー

登山レベルから少しレベルを下げた、ハイキングツアーから参加いただいても良いでしょう。ハイキングツアーは登山とは違い山頂は目指さずなだらかな山道を歩きますので、安心してご参加いただけますよ♪

※ハイキングツアーはガイドが同行しない各自ハイキングとなることがあります

他にもたくさん!登山ツアー特集はこちら

こちらの記事もご覧ください

-------------------------------------------------------------------------------------------
クラブツーリズム株式会社
首都圏テーマ旅行センター
〒160-8303 東京都新宿区西新宿6-3-1 新宿アイランドウイング
TEL:03-5323-5566
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
      日曜・祝日 お休みとなります
-------------------------------------------------------------------------------------------

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.