登山者の憧れの山ともなっている、日本百名山について解説します。
全国各エリアの人気の山もご紹介!山選びの参考にしてみてください。

日本百名山とは?

日本百名山とは、日本の小説家であり登山家でもある深田久弥(1903-1971年)氏の山岳随筆、「日本百名山」(1964年初版)に載っている100座の山のことを指します。

深田氏は50年近い登山歴の経験から、多くの山を比較検討したうえで、日本百名山を定めました。その際に下記の3つの基準で選定をいたしました。

日本百名山の選定基準

①山の品格:誰が見ても立派な山だと感嘆する
②山の歴史:昔から人間と深い関わりを持つ
③個性のある山:形体、現象、伝統など、その山独自のものがある

また、付加的条件としては、深田氏が登ったことがあり、おおよそ標高1500m以上のもの(筑波山、開聞岳を除く)があります。

深田氏も著書の中で、あくまでも主観的な選定であり異論もあるであろう、と述べられております。しかし出版されてから何十年も経つ今でも、日本百名山は日本を代表する山々の象徴となっています。

百名山は他にも「花の百名山」や「新日本百名山」、「北海道百名山」など各地域のものなど、様々なものがあります。しかし一般的に百名山といえば、深田氏が選定したこの「日本百名山」を指すことが多いです。

日本百名山は多くの登山者の目的に

画像: 日本百名山地図の暖簾

日本百名山地図の暖簾

日本百名山は出版されて以来、多くの登山者の憧れの山となりました。
日本百名山制覇を登山人生の目的の一つにされている方も多くいらっしゃいます。

また、グッズとして日本百名山の地図が書かれた暖簾やポスター等が販売されています。各山のピンバッジが売られている山も多く、私の友人は暖簾に登頂した山のピンバッジをつけて、次はどの山に登ろうか考えています。

画像: 各山のピンバッジ

各山のピンバッジ

各エリアの山一覧と代表的な山のご紹介

具体的に日本全国の各エリアの山の一覧と、エリアを代表する名峰をご紹介いたします。なお、山の名前を押すと、各山の詳細ページにいきますので、気になる山があればクリックしてみてくださいね。

目次

北海道エリア(9座)

山一覧

・利尻山(りしりざん) 1,721m 北海道
・羅臼岳(らうすだけ) 1,661m 北海道
・斜里岳(しゃりだけ) 1,545m 北海道
・阿寒岳(あかんだけ) 1,499m 北海道
・大雪山(だいせつざん) 2,291m 北海道
・トムラウシ山(とむらうしやま) 2,141m 北海道
・十勝岳(とかちだけ) 2,077m 北海道
・幌尻岳(ぽろしりだけ) 2,052m 北海道
・後方羊蹄山(しりべしやま) 1,898m 北海道

北海道エリアで人気の山

・利尻山(りしりざん)1,721m 北海道

画像: 利尻山

利尻山

利尻山は鋭い岩がそそり立つ山で、海上に浮かぶ夕陽の中の利尻島を「日本百名山」の著者は賛美する。北海道本島サロベツ原野から見る、朝日に輝く利尻山も美しい。利尻昆布やウニが島の名産で、季節になると長い昆布が浜干しにされる。そんな0mの浜から1,721mの頂上まで約8時間、著者は沓形から登り鴛泊に下りている。高山植物の宝庫ともいわれる山で、9合目上部には高山植物が咲き乱れる花畑もある。

・大雪山(だいせつざん)2,291m 北海道

画像: 大雪山

大雪山

北海道中央部にそびえる旭岳(2,291m)を主峰とし、北鎮岳、白雲岳、比布岳、愛別岳、北海岳などの2,000m級の火山群を大雪山または大雪山系と呼ぶ。100年ほど前まで大雪という名はなく、5万分の1の地図には「ヌタクカムウシュペ」とあり、アイヌの地だった。登山口は旭岳ロープウェイのある勇駒別、それに層雲峡などで温泉地として名高い。層雲峡から、5合目に「大雪山黒岳資料館」のある黒岳に登るルートが人気だ。

東北エリア(15座)

山一覧

・岩木山(いわきさん) 1,625m 青森
・八甲田山(はっこうださん) 1,584m 青森
・八幡平(はちまんたい) 1,613m 岩手・秋田
・岩手山(いわてさん) 2,038m 岩手
・早池峰山(はやちねさん) 1,917m 岩手
・鳥海山(ちょうかいさん) 2,236m 山形
・月山(がっさん) 1,984m 山形
・朝日岳(あさひだけ) 1,870m 山形
・蔵王山(ざおうさん)1,841m 山形・宮城
・飯豊山(いいでさん) 2,128m 福島
・吾妻山(あづまやま) 2,035m 山形・福島
・安達太良山(あだたらやま)1,709m 福島
・磐梯山(ばんだいさん)1,819m 福島
・会津駒ヶ岳(あいづこまがたけ) 2,133m 福島
・燧ヶ岳(ひうちがたけ) 2,356m 福島

東北エリアで人気の山

・八幡平(はちまんたい)1,613m 岩手・秋田

画像: 八幡平

八幡平

「日本百名山」で、著者は八幡平のことを「平坦な原ではなく緩い傾斜を持った高低のある高原」だという。中心にあるのは原生林に囲まれた八幡沼で、沼を見下ろすように低い頂上と展望台がある。まさに逍遥がおすすめの高原で時間を忘れる。八幡沼から黒谷地湿原まで、4つのトレッキングコースがあり、それぞれに豊かな八幡平の自然を楽しめる。周囲には、藤七温泉、後生掛温泉、蒸し湯など、良質な温泉が多い。

・八甲田山(はっこうださん)1,584m 青森

画像: 八甲田山

八甲田山

青函フェリーで函館に向う時、振り返ると、青森の町の先に丸い高い山がいくつも連なって見える。それが八甲田山だ。八甲田雪中行軍遭難事件で広く知られたが、現在は、ブナの芽吹く頃、ブナの紅葉する頃、そして見事な樹氷とスキーシーズンに、人気の高い自然観光地になっている。登山道沿いにミズバショウ、ガンコウランが咲く夏もいい。「日本百名山」の著者は酸ヶ湯温泉から大岳に登り、その光景の雄大さと美しさを褒めている。

北関東・尾瀬・日光エリア(8座)

山一覧

・那須岳(なすだけ) 1,917m 福島・栃木
・至仏山(しぶつさん) 2,228m 群馬
・武尊山(ほたかやま) 2,158m 群馬
・男体山(なんたいさん) 2,484m 栃木
・日光白根山(にっこうしらねさん) 2,578m 栃木・群馬
・皇海山(すかいさん) 2,144m 栃木・群馬
・赤城山(あかぎさん)1,828m 群馬
・筑波山(つくばさん)877m 茨城

北関東・尾瀬・日光エリアで人気の山

・至仏山(しぶつさん)2,228m 群馬

画像: 至仏山

至仏山

燧ヶ岳が尾瀬沼を際立たせているように、尾瀬ヶ原は至仏山が引き立てていると「日本百名山」の著者。尾瀬ヶ原の西にあり、山頂からは会津駒ヶ岳、谷川連峰、日光連山などを見渡す。山ノ鼻から至仏山山頂へのルートは上り専用となっており、春先は、植物への影響を配慮して登山禁止期間が設けられている。鳩待峠から至仏山山頂を目指すコースは、高山植物の花畑が見どころだ。

・男体山(なんたいさん)2,484m 栃木

画像: 男体山

男体山

中禅寺湖畔にすっくと立つ男体山は、女峰山、太郎山などともに古くからの信仰の山で、山頂に「日光二荒山神社」の奥宮がある。中禅寺湖畔にある中宮祠が登山口で、登る道はひたすら急峻で砂礫の道だという。頂上北側に爆裂火口があり、この山が火山だったことがわかる。実際に7000年前の噴火で湯川を堰き止め、戦場ヶ原、中禅寺湖ができたのだという。そこから落ちる滝が竜頭ノ滝、華厳ノ滝で、日光の名所になっている。

秩父・多摩・南関東エリア(9座)

山一覧

・両神山(りょうかみさん) 1,723m 埼玉
・雲取山(くもとりやま) 2,017m 東京・埼玉
・甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)2,475m 埼玉・山梨・長野
・金峰山(きんぷさん) 2,599m 山梨・長野
・瑞牆山(みずがきやま) 2,230m 山梨
・大菩薩嶺(だいぼさつれい)2,057m 山梨
・丹沢山(たんざわさん) 1,567m 神奈川
・富士山(ふじさん) 3,776m 静岡・山梨
・天城山(あまぎさん) 1,406m 静岡

秩父・多摩・南関東エリアで人気の山

・雲取山(くもとりやま)2,017m 東京・埼玉

画像: 雲取山

雲取山

2,599mの金峰山と2,475mの甲武信ヶ岳を主峰とする大山脈の東端にある雲取山は、東京都の最高峰(2,017m)であり、都民の水源である多摩川の最初の一滴が流れ出す山だ。奥多摩湖(小河内ダム)の奥、鴨沢バス停から七ツ石山へ登り縦走するルートと、奥秩父三峰神社から白岩山を経由して登るのが一般的なルートになっている。「日本百名山」の著者は、南西の谷にある「三条の湯」で1泊して登頂したという。

・富士山(ふじさん)3,776m 静岡・山梨

画像: 富士山

富士山

「日本百名山」の著者は、東西南北どこから見ても「その美しい整った形は偉大な通俗」であり、「小細工を弄しない大きな単純」だと富士山を賞賛する。松尾芭蕉は「雲霧のしばし百景をつくしけり」と詠み、葛飾北斎は「凱風快晴(通称赤富士)」など「富嶽三十六景」を描き上げた。日本のシンボルともいえる富士山だが、フジアザミ、フジハタザオなど、火山荒原に生育する植物が見られるのも特徴のひとつ。

上信越エリア(12座)

山一覧

・谷川岳(たにがわだけ) 1,977m 群馬・新潟
・草津白根山(くさつしらねさん) 2,171m 群馬
・四阿山(あずまやさん) 2,354m 群馬・長野
・浅間山(あさまやま) 2,568m 群馬・長野
・越後駒ヶ岳(えちごこまがたけ) 2,003m 新潟
・平ヶ岳(ひらがたけ) 2,141m 新潟・群馬
・巻機山(まきはたやま) 1,967m 新潟・群馬
・雨飾山(あまかざりやま) 1,963m 新潟・長野
・苗場山(なえばさん) 2,145m 新潟・長野
・妙高山(みょうこうさん) 2,454m 新潟
・火打山(ひうちやま) 2,462m 新潟
・高妻山(たかつまやま) 2,353m 新潟・長野

上信越エリアで人気の山

・谷川岳(たにがわだけ)1,977m 群馬・新潟

画像: 谷川岳

谷川岳

谷川岳は古来「耳二つ」と呼ばれた山で、山頂部にトマノ耳(1,963m)とオキノ耳(1,977m)が猫の耳のように尖っている。急峻な岩壁と天候が急激に変化することで遭難者が多く、「魔の山」と呼ばれたりもする。しかし、マチガ沢や一ノ倉沢、幽ノ沢など谷川岳の岩壁は、剱岳や穂高岳の岩場とともにロッククライマーたちが一度は登ってみたい壁となっている。山裾にある土合駅前が登山口になっている。

・浅間山(あさまやま)2,568m 群馬・長野

画像: 浅間山

浅間山

浅間山は本火口の上、横、斜め下に噴火口ができ重なっている、世界で最も勇猛で活発な火山のひとつ。「日本百名山」の筆者は、小諸から登り、火口壁で噴煙に襲われたという。独立峰のため、山頂からの眺望は素晴らしく、白根山や妙義山、八ヶ岳に日本アルプス、遠くは富士山までの望むことができる。登山コースは「黒斑コース」と「火山館コース」とがあり、警戒レベルに応じて、登山可能な範囲が決められている。

北アルプスエリア(15座)

山一覧

・白馬岳(しろうまだけ) 2,932m 長野・富山
・五竜岳(ごりゅうだけ) 2,814m 富山
・鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ) 2,889m 長野・富山
・剱岳(つるぎだけ) 2,998m 富山
・立山(たてやま) 3,015m 富山
・薬師岳(やくしだけ) 2,926m 富山
・黒部五郎岳(くろべごろうだけ) 2,840m 富山・岐阜
・水晶岳(すいしょうだけ) 2,986m 富山
・鷲羽岳(わしばだけ) 2,924m 長野・富山
・槍ヶ岳(やりがたけ) 3,180m 長野
・奥穂高岳(おくほたかだけ) 3,190m 長野・岐阜
・常念岳(じょうねんだけ) 2,857m 長野
・笠ヶ岳(かさがたけ) 2,898m 岐阜
・焼岳(やけだけ) 2,455m 長野・岐阜
・乗鞍岳(のりくらだけ) 3,026m 長野・岐阜

北アルプスエリアで人気の山

・槍ヶ岳(やりがたけ)3,180m 長野

画像: 槍ヶ岳

槍ヶ岳

「それは悲しいまでにひとり天をさしている」と「日本百名山」の著者は書いた。槍ヶ岳は尖鋭な鉾であり、マッターホルンであるといい、登山を始めた者は誰でもが槍ヶ岳の頂上に立ちたいと願うと言い切る。春は山スキー、夏は高山植物、秋は紅葉と季節ごとの楽しみが満載の山で、中房温泉方面から登る表銀座ルートと大町方面から入る裏銀座ルートの縦走路のほか、新穂高温泉や上高地からのルートもある。

・奥穂高岳(おくほたかだけ)3,190m 長野・岐阜

画像: 穂高岳

穂高岳

奥と北、前、西の穂高岳に涸沢岳、明神岳などの峰々を加えた穂高連峰の総称を穂高岳という。主峰は3,190mの奥穂高岳。北は槍ヶ岳に続く峻険なキレットで、南は西穂高岳。前穂高岳の南斜面に巨大なカールが開けているが、それは上高地河童橋から見上げる風景だ。穂高岳に登るには梓川を遡り、涸沢に入る道が安全だが、1970年に奥飛騨から上る新穂高ロープウェイが開業し、その山頂駅から穂高岳を眺望できるようになった。

・立山(たてやま)3,015m 富山

画像: 立山

立山

富山湾・雨晴海岸から中天に浮く立山連峰の画像を見た人は多いだろう。雪を残す立山とチューリップがよく似合い美しい。立山は元々山岳信仰の山で、日本三霊山のひとつ。しかし、登山の途中に4段に落ちる称名滝が見え、花咲く弥陀ヶ原、焦熱の地獄谷、紺碧のみくりが池などが次々に展開する立山の姿が知られると多くの観光客を集め、今では近代的な観光地になっている。

・白馬岳(しろうまだけ)2,932m 長野・富山

画像: 白馬岳

白馬岳

標高2,932mの白馬岳。東面が大崩落しており、そのことで大雪渓ができ、花畑を作っている。『花の百名山』の著者田中澄江は、イワイチョウ、シロウマアサツキ、コマクサ、リンネソウ、シロウマリンドウなどが美しいという。この山は南北から登るのは比較的簡単で、山頂からの展望が素晴らしい。標高2,100mあたりの鑓温泉、1,500mあたりの蓮華温泉も白馬登山を人気の高い登山にしている。

美ヶ原・八ヶ岳・中央アルプスエリア(8座)

山一覧

・御嶽山(おんたけさん) 3,067m 長野・岐阜
・美ヶ原(うつくしがはら) 2,034m 長野
・霧ヶ峰(きりがみね) 1,925m 長野
・蓼科山(たてしなやま) 2,530m 長野
・赤岳(あかだけ) 2,899m 長野・山梨
・木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ) 2,956m 長野
・空木岳(うつぎだけ) 2,864m 長野
・恵那山(えなさん)2,191m 長野・岐阜

美ヶ原・八ヶ岳・中央アルプスエリアで人気の山

・赤岳(あかだけ)2,899m 長野・山梨

画像: 赤岳

赤岳

編笠山から横岳、硫黄岳へと続く南八ヶ岳の主峰。北八ヶ岳とは夏沢峠で分かれているが、普通、八ヶ岳に登るというと赤岳をいう場合が多い。山頂からは、遠く浅間山や富士山まで望む大パノラマが展開する。2,500mを超える峰々がギザギザ状に続くことで八ヶ岳と呼ぶが、小諸あたりから見ても、小淵沢あたりから見ても連峰は美しい。赤岳鉱泉に浸かり、登頂する愛好家が多い。

・御嶽山(おんたけさん)3,067m 長野・岐阜

画像: 御嶽山

御嶽山

御嶽山は、役小角が開山し、信濃の国司が山頂剣ヶ峰に御嶽神社奥社を構えたという、702年以来の信仰の山。18世紀に覚明行者が黒沢口を開いてから一般に開放されたが、現代でも濃厚に信仰登山の戒律を持っている。また、御嶽山は1979年10月28日に突如噴火した噴火警戒レベル1の活火山で、主峰剣ヶ峰と外輪山が列をなして堂々たる山頂を形成している。黒沢口と王滝口からの登山ルートが一般的だ。

南アルプスエリア(10座)

山一覧

・甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ) 2,967m 山梨・長野
・仙丈ヶ岳(せんじょうがたけ) 3,033m 長野・山梨
・鳳凰山(ほうおうざん) 2,841m 山梨
・北岳(きただけ) 3,192m 山梨
・間ノ岳(あいのだけ) 3,190m 静岡・山梨
・塩見岳(しおみだけ) 3,052m 静岡・長野
・悪沢岳(わるさわだけ) 3,141m 静岡
・赤石岳(あかいしだけ) 3,121m 静岡・長野
・聖岳(ひじりだけ) 3,013m 静岡・長野
・光岳(てかりだけ) 3,067m 長野・岐阜

南アルプスエリアで人気の山一覧

・甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)2,967m 山梨・長野

画像: 甲斐駒ヶ岳

甲斐駒ヶ岳

函館大沼湖畔に屹立する蝦夷駒ヶ岳、乳頭温泉そばの秋田駒ヶ岳など、駒ヶ岳は日本に多い。「日本百名山」にも4つ入っているが、最も存在感があり、見る者を圧倒するのは甲斐駒ヶ岳だと著者は言う。諏訪から列車が下り始めると正面に黒々と隆起した甲斐駒ヶ岳が見える。山麓からの登山は1日では無理で、南アルプス市から伊那高遠に抜ける南アルプス林道で北沢峠まで行き、そこからいくつもの山を越えて行くのが一般的だという。

・北岳(きただけ)3,192m 山梨

画像: 北岳

北岳

南アルプスの中ほどに位置し、南の間ノ岳、農鳥岳と合わせ「白峰三山」と呼ばれる北岳は、3,192mと富士山の次に高い。背は高いが、南アルプス林道ができてからは多くの登山者で賑っている。そのため、山梨県が近くの鞍部に北岳山荘を建て、安全を期しているという。夏になると、固有種キタダケソウが可憐な花を咲かせる。

北陸・近畿・中国・四国エリア(8座)

山一覧

・白山(はくさん) 2,702m 石川・岐阜
・荒島岳(あらしまだけ) 1,523m 福井
・伊吹山(いぶきやま) 1,377m 滋賀・岐阜
・大台ヶ原山(おおだいがはらやま) 1,695m 奈良・三重
・大峯山(おおみねさん) 1,915m 奈良
・大山(だいせん) 1,729m 鳥取
・剣山(つるぎさん) 1,955m 徳島
・石鎚山(いしづちさん) 1,982m 愛媛

北陸・近畿・中国・四国エリアで人気の山

・白山(はくさん) 2,702m 石川・岐阜 

画像: 白山

白山

北陸路が小松あたりを過ぎようとする時、白山は思わぬ高さに美しい姿を見せる。江戸時代、1659年に噴火した活火山だが、豊富な水量が命をつなぐ農業神として敬われ、717年に僧泰澄が開基してから広く信仰を集める霊山となった。加賀、越前、美濃から禅定道が引かれ、修験者たちが修行しながら登頂したという。現在は白山スーパー林道が敷かれ、高山植物とその絶景を楽しみながら、多くの人が白山山頂を目指す。

・伊吹山(いぶきやま)1,377m 滋賀・岐阜

画像: 伊吹山

伊吹山

関ヶ原を過ぎると新幹線の北方向に見える伊吹山。「日本百名山」の著者が「ボリュームのある山」と言うように、筋骨隆々としてごつい。織田信長が南蛮の薬草栽培を強く推進したことが受け継がれ、今も山麓では200種以上の薬草が育っているという。有名な「伊吹もぐさ」もそのひとつ。鉱石採取で削り取られ、山は元の姿を残していないが、登山者は多い。山頂の花畑は国の天然記念物に指定されており、3つの遊歩道で散策できる。

・剣山(つるぎさん)1,955m 徳島

画像: 剣山

剣山

伝説によると、平清盛の孫にあたる安徳天皇の御剣を埋めて御神体としたことから剣山という名が付いたという。標高1,955m、西日本で2番目に高い山で、古くから山岳信仰の霊峰でもあった。「日本百名山」の中でも比較的登りやすい山で、登山口の見ノ越から西島までは、登山リフトが運行している。山頂付近は、「平家の馬場」と呼ばれるミヤコザサに覆われたなだらかな平原になっており、眺望も素晴らしい。

九州エリア(6座)

山一覧

・九重山(くじゅうさん) 1,791m 大分
・祖母山(そぼさん) 1,756m 大分・宮崎
・阿蘇山(あそさん) 1,592m 熊本
・霧島山(きりしまやま) 1,574m 宮崎・鹿児島
・開聞岳(かいもんだけ) 924m 鹿児島
・宮之浦岳(みやのうらだけ) 1,936m 鹿児島

九州エリアで人気の山

・開聞岳(かいもんだけ)924m 鹿児島

画像: 開聞岳

開聞岳

1,000mにも満たない山だがほぼ完全な円錐形で、名勝長崎鼻から黒砂の渚越しに見る開聞岳は誠に美しい。その姿は「薩摩富士」と称され、南薩摩のシンボルとなっている。登山道はほとんど樹林帯になっているが、道中に咲く季節の花々が楽しめる。7合目を過ぎると、「仙人堂」と呼ばれる火口跡が現れ、そこから岩場を登り切った山頂からは、360度の大展望を満喫できる。

・宮之浦岳(みやのうらだけ)1,936m 鹿児島

画像: 宮之浦岳

宮之浦岳

宮之浦岳は世界自然遺産屋久島の最高峰で、九州以西では最も高い山。屋久島は、大隅半島の南、鉄砲伝来とロケット打ち上げで知られる種子島の南西にある孤島で、島全体が山で覆われている。「1ヶ月に35日雨が降る」といわれ、植生は盛んで亜熱帯から亜寒帯までの植物が育つ。水流と雨とで登山はきついというが、2000年を超すといわれる屋久杉と高山植物が、登山者たちを魅了する。

こちらのページもご覧ください

-------------------------------------------------------------------------------------------
クラブツーリズム株式会社
首都圏テーマ旅行センター
〒160-8303 東京都新宿区西新宿6-3-1 新宿アイランドウイング
TEL:03-5323-5566
【営業時間】月曜~土曜 9:15~17:30
      日曜・祝日 お休みとなります
-------------------------------------------------------------------------------------------

クラブツーリズムから旅に関する最新の情報をお届け!

クラブツーリズムからメールマガジンをお届けしています。
1万件以上あるツアーの中から厳選した、人気のツアーや限定ツアーの情報をご希望の方はメルマガ会員への登録をお願いします。

◎クラブツーリズムのWEB会員でない方はこちらから
◎クラブツーリズムのWEB会員だけれどもメルマガは受信していない方はこちらから
※既にインターネット会員の方も、配信設定を変更することでメールマガジンをお受け取りいただけます。ログイン後、メールマガジンの設定を変更ください。

SNSでも最新の情報をお届けしています。旅に関する最新の情報を共有しましょう!
LINE
インスタグラム
facebook
youtube

This article is a sponsored article by
''.